アンド・アイ・ラヴ・ハー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンド・アイ・ラヴ・ハー
ビートルズ楽曲
収録アルバム ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
リリース 1964年7月10日
録音 1964年2月25日-2月27日
ジャンル ロック
時間 2分33秒 (monaural version)
2分29秒 (stereo version)
2分37秒 (west German "Something New" version)
1分51秒 ("The Beatles Anthology 1" version)
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート順位

  • 10位(日本、ミュージック・マンスリー洋楽チャート、1964年当時[1]

ビートルズシングル盤 U.S. 年表
ぼくが泣く
b/w
すてきなダンス
(1964年)
アンド・アイ・ラヴ・ハー
b/w
恋におちたら
(1964年)
スロウ・ダウン
両A面
マッチ・ボックス
(1964年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
恋する二人
b/w
ぼくが泣く
(1964年)
アンド・アイ・ラヴ・ハー
b/w
恋におちたら
(1964年)
マッチ・ボックス
b/w
スロウ・ダウン
(1964年)
ハード・デイズ・ナイト 収録曲
A面
  1. ハード・デイズ・ナイト
  2. 恋する二人
  3. 恋におちたら
  4. すてきなダンス
  5. アンド・アイ・ラヴ・ハー
  6. テル・ミー・ホワイ
  7. キャント・バイ・ミー・ラヴ
B面
  1. エニイ・タイム・アット・オール
  2. ぼくが泣く
  3. 今日の誓い
  4. 家に帰れば
  5. ユー・キャント・ドゥ・ザット
  6. アイル・ビー・バック

アンド・アイ・ラヴ・ハー」("And I Love Her") はイギリスロックバンドビートルズの楽曲。

解説[編集]

「アンド・アイ・ラヴ・ハー」は実質的にポール・マッカートニーが作った作品。楽曲は途中で半音上げて転調し曲調に変化を付けている。

ジョンはギブソン・J-160Eをアンプを通さず、ジョージはホセ・ラミレスのガット・ギターを使用しているので、ポールのベース以外はアンプを通していない。リンゴボンゴクラベスを担当している。

1964年発売のアルバム『ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』に収録されている。アメリカではシングルカットされ、ビルボード誌最高第12位となったが、同誌の1964年年間トップ100にはランクインしなかった。また、キャッシュボックス誌では最高第14位を記録している。アメリカでは50万枚以上の販売を記録している。尚、翌年の1965年、R&Bシンガーのエスター・フィリップスが、「アンド・アイ・ラヴ・ヒム」とタイトルを変え、シングル発売しているが、ビルボード誌最高第46位を記録している。

アルバムと同名の映画では何故かアルバム収録版よりも半音低いバージョンが使用されている。

ミキシング[編集]

収録盤[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日経BPムック 大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ 世界制覇50年』日経BP社、2015年、97頁。ISBN 978-4-8222-7834-2

関連項目[編集]