ツイスト・アンド・シャウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイズレー・ブラザーズ > ツイスト・アンド・シャウト
ビートルズ > 作品リスト > ツイスト・アンド・シャウト
ビートルズ > 曲名リスト > ツイスト・アンド・シャウト
ツイスト・アンド・シャウト
トップ・ノーツ英語版楽曲
英語名Twist and Shout
リリース1961年2月23日
規格7インチシングル
A面オールウェイズ・レイト
録音
ジャンルロックンロール
時間2分5秒
レーベルアトランティック・レコード
作詞者
作曲者
  • フィル・メドレー
  • バート・バーンズ
プロデュースフィル・スペクター
トップ・ノーツ英語版 シングル 年表
  • ハーツ・オブ・ストーン
  • (1961年)
  • オールウェイズ・レイト b/w ツイスト・アンド・シャウト
  • (1961年)
  • ウェイト・フォー・ミー・ベイビー
  • (1962年)

ツイスト・アンド・シャウト」(Twist and Shout)は、フィル・メドレー英語版バート・ラッセル英語版によって書かれた楽曲。1961年にトップ・ノーツ英語版によってレコーディングされ、シングル盤として発売されたが、1962年にアイズレー・ブラザーズによってカバーされるまで、本作がチャートインすることはなかった。アイズレー・ブラザーズによるカバー・バージョンは、全英シングルチャートで最高位42位、Billboard Hot 100で最高位17位を記録した。アイズレー・ブラザーズの他にも、ビートルズをはじめとした多数のアーティストによってカバーされている。

トップ・ノーツによる演奏[編集]

アメリカのR&Bボーカル・グループであるトップ・ノーツ英語版は、1961年2月23日にアトランティック・スタジオで「ツイスト・アンド・シャウト」のレコーディングを行なった。編曲はテディ・ランダッツォ英語版、プロデュースはフィル・スペクターが手がけた。リード・ボーカルはハワード・ゲイトンで[1]、伴奏はサクソフォーン奏者のキング・カーティス、ギタリストのバッキー・ピザレリ英語版、ドラマーのパナマ・フランシス英語版によるもので、バッキング・ボーカルクッキーズが参加している[2]

オールミュージック』のリッチー・アンターバーガー英語版は、トップ・ノーツによる演奏について「単調でありふれたR&Bのメロディを持ったラテン系のレイブ」と評している[3]。作曲者の1人であるバート・バーンズは、本作のレコーディングとスペクターによるプロデュースに対して不満を持っていた[4]

アイズレー・ブラザーズによるカバー[編集]

ツイスト・アンド・シャウト
アイズレー・ブラザーズシングル
B面 スパニッシュ・ツイスト
リリース
規格 7インチシングル
録音
  • 1962年
  • ニューヨーク
ジャンル
時間
レーベル ワンド・レコード英語版
作詞・作曲
  • フィル・メドレー
  • バート・ラッセル
プロデュース バート・ラッセル
チャート最高順位
後述を参照
アイズレー・ブラザーズ シングル 年表
  • シャウト
  • (1962年)
  • ツイスト・アンド・シャウト
  • (1962年)
  • ツイスティン・ウィズ・リンダ
  • (1962年)
テンプレートを表示

アイズレー・ブラザーズによるカバー・バージョンは、1962年5月にシングル盤として発売され、B面には「スパニッシュ・ツイスト」が収録された。プロデュースは、作曲者であるバーンズ(名義はバート・ラッセル)が手がけた。アイズレー・ブラザーズによるカバー・バージョンは、オリジナルよりもテンポを大幅に遅くしていて、3つの上昇するコードでチャチャを思わせるリズムを刻んでいる。また、ボーカル・パートは大幅に作り変えられ、リード・ボーカルの呼びかけに対して、ハーモニー・ボーカルで応えるというコールアンドレスポンスの形式が採られた[3]

アイズレー・ブラザーズによるカバー・バージョンは、アメリカのBillboard Hot 100で最高位17位を記録し[5]、バンドで初めて上位20位以内にチャートインしたシングルとなった。また、オリジナルも含めて本作が初めてチャートインした例ともなっている。

クレジット(アイズレー・ブラザーズ版)[編集]

チャート成績(アイズレー・ブラザーズ版)[編集]

週間チャート
チャート (1962年 - 1963年) 最高位
UK Singles (Official Charts Company)[6] 42
US Billboard Hot 100[5] 17
US Hot Rhythm & Blues Singles (Billboard)[7] 17
US Cash Box Top 100[8] 7
US Cash Box Rhythm & Blues Singles[9] 3

ビートルズによるカバー[編集]

ツイスト・アンド・シャウト
ビートルズシングル
初出アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー
A面 イギリスの旗 バック・イン・ザ・U.S.S.R.
B面
リリース
録音
ジャンル ロックンロール
時間
レーベル
作詞・作曲
  • フィル・メドレー
  • バート・ラッセル
プロデュース ジョージ・マーティン
ゴールドディスク
後述を参照
チャート最高順位
後述を参照
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
  • ツイスト・アンド・シャウト
  • (1964年)
ビートルズ シングル U.K. 年表
プリーズ・プリーズ・ミー 収録曲
ゼアズ・ア・プレイス
(B-6)
ツイスト・アンド・シャウト
(B-7)
パフォーマンス映像
「Twist & Shout (Performed Live On The Ed Sullivan Show 2/23/64)」 - YouTube
テンプレートを表示

ビートルズによるカバー・バージョンは、アイズレー・ブラザーズによるカバー・バージョンをベースにしていて[10]、リード・ボーカルはジョン・レノンが務めた。1963年に発売した1作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』に収録された。

「ツイスト・アンド・シャウト」のカバー・バージョンのレコーディングは、1963年2月11日にEMIスタジオで行われ、レコーディング・エンジニアはノーマン・スミスが担当した。アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』のレコーディングは、同日午前10時にスタジオに入り、約3時間のセッションを3回繰り返し、10時間弱でシングルで既に発表されていた4曲を除く10曲をレコーディングするというスケジュールで行われた[11]。レコーディング当時、レノンは風邪をひいていたことから、牛乳を飲み、咳止めドロップを服用してレコーディングに臨んだ[12]。2テイク録音されたうちのテイク1が採用されており、テイク2ではレノンの声が出なくなっていた[13]

1976年にレノンは、本作のレコーディングについて「死にそうだった。ずっと歌いっぱなしで、もういつもの声じゃなかった。紙やすりのようにザラザラで、情けない気分になった…。だってもっと上手に歌えたんだから。でも今は平気。この曲を聴くと僕が全力を尽くしていたのがわかると思う」と語っている[14]

リリース[編集]

ビートルズによるカバー・バージョンは、アメリカで1964年3月2日にトリー・レコード英語版よりB面に「ゼアズ・ア・プレイス」を収録したシングル盤として発売され、1964年4月4日付のBillboard Hot 100より4週連続で第2位を記録した[15]。アメリカで唯一ミリオンセラーとなったビートルズのカバー曲で、全国レコードチャートで唯一トップ10入りしたビートルズのカバー曲となっている。その後、ヴィージェイ・レコードから発売された『Introducing ... The Beatles』やキャピトル・レコードから発売された『ジ・アーリー・ビートルズ』に収録された。なお、日本でも1964年4月25日臨発としてシングル盤が発売されたが、B面には「ロール・オーバー・ベートーヴェン」が収録された。

イギリスでは『プリーズ・プリーズ・ミー』に収録された後、4曲入りのEP[注釈 1]としてリカットされた。このEPは全英シングルチャートで第1位を獲得した。ビートルズ解散後の1976年6月25日に発売されたシングル盤『バック・イン・ザ・U.S.S.R.』のB面にも収録された[16]。カナダでは1964年2月3日に発売された同国での2作目のオリジナル・アルバムの表題曲として収録された。

2007年に全英シングルチャートのルールが改訂され、ダウンロード販売された楽曲もチャートインするようになった。2010年にiTunes Storeにおいてビートルズの全楽曲がダウンロードできるようになり、本作を含めたビートルズの数曲がチャートインを果たし、本作は最高位48位を記録した[17]

本作はビートルズの解散後に発売された『ロックン・ロール・ミュージック』、『リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス』などのコンピレーション・アルバムや『イマジン (オリジナル・サウンドトラック)』に収録された。

ライブでの演奏[編集]

本作は、1963年10月にロンドン・パレイディアム劇場英語版で開催された『Sunday Night』や1963年11月4日に行なわれた王室主催の音楽演奏会『ロイヤル・バラエティー・パフォーマンス英語版[18]で演奏され、1964年2月に『エド・サリヴァン・ショー』に出演した際にも演奏されたほか、1964年夏の全米ツアーから1965年の全米ツアーまで、オープニング・ナンバーとして本作の短縮バージョンが演奏された。

1977年に発売された『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』には1965年8月30日のハリウッド・ボウル公演でのライブ音源[19]、1995年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』には『ロイヤル・バラエティー・パフォーマンス』でのライブ音源が収録された。

クレジット(ビートルズ版)[編集]

※出典[20]

チャート成績(ビートルズ版)[編集]

週間チャート
チャート (1963年 - 1964年) 最高位
オーストラリア (Kent Music Report)[21] 5
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[22] 38
オランダ (Single Top 100)[23] 9
ニュージーランド (Lever Hit Parade)[24] 1
ノルウェー (VG-lista)[25] 7
スウェーデン (Kvällstoppen Chart)[26] 2
US Billboard Hot 100[15] 2
US Cash Box Top 100[27] 1
西ドイツ (Media Control Singles Chart)[28] 10
チャート (1986年) 最高位
Canada Top Singles (RPM)[29] 16
US Billboard Hot 100[30] 23
チャート (2010年) 最高位
UK Singles (Official Charts Company)[17] 48
月間チャート
チャート (1964年) 最高位
日本 (ミュージック・マンスリー洋楽チャート)[31] 8

認定(ビートルズ版)[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
イタリア (FIMI)[32] Gold 25,000double-dagger
イギリス (BPI)[33] Gold 400,000double-dagger
アメリカ合衆国 (RIAA)[34] Platinum 1,000,000^

^認定のみに基づく出荷枚数
double-dagger認定のみに基づく売上枚数と再生回数

ソルト・ン・ペパによるカバー[編集]

ソルト・ン・ペパ英語版は、1988年に発売したアルバム『A Salt with a Deadly Pepa』で「ツイスト・アンド・シャウト」をカバーした。[35]。後にシングル・カットされ、全英シングルチャートで最高位4位を記録し[36]、オランダのシングル・トップ100では最高位5位を記録した[37]

チャート成績(ソルト・ン・ペパ版)[編集]

週間チャート
チャート (1988年 - 1989年) 最高位
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[38] 11
ドイツ (Official German Charts)[39] 37
アイルランド (IRMA)[40]
18
オランダ (Dutch Top 40)[41] 5
オランダ (Single Top 100)[37] 5
スペイン (AFYVE)[42] 5
UK Singles (Official Charts Company)[36] 4
US Hot R&B/Hip-Hop Songs (Billboard)[43] 45
US Hot Rap Songs (Billboard)[44] 18
年間チャート
チャート (1988年 - 1989年) 順位
オランダ (Single Top 100)[45] 91

チャカ・デマス&プライヤーズによるカバー[編集]

ツイスト&シャウト
チャカ・デマス&プライヤーズ英語版 featuring ジャック・ラディックス & タクシー・ギャングシングル
初出アルバム『ティーズ・ミー英語版
リリース
ジャンル レゲエ・フュージョン英語版
時間
レーベル マンゴ / アイランド
作詞・作曲
  • フィル・メドレー
  • バート・ラッセル
プロデュース
  • ロイド・ウィリス
  • スライ&ロビー
チャカ・デマス&プライヤーズ英語版 シングル 年表
  • ツイスト&シャウト
  • (1993年)
ティーズ・ミー英語版 収録曲
アイ・ワナ・ビー・ユア・マン
(12)
ツイスト&シャウト
(13)
ガル・ワイン
(14)
テンプレートを表示

チャカ・デマス&プライヤーズ英語版は、ゲスト・ミュージシャンとしてジャック・ラディックスとタクシー・ギャングを迎えて「ツイスト・アンド・シャウト」のカバー・バージョンを録音した。このカバー・バージョンは、1993年に発売されたチャカ・デマス&プライヤーズのアルバム『ティーズ・ミー英語版』に収録された[47]。1993年12月6日にシングル・カットされ、全英シングルチャートで第1位を獲得した[48]

評価(チャカ・デマス&プライヤーズ版)[編集]

オールミュージック』のリック・アンダーソンは、チャカ・デマス&プライヤーズによるカバー・バージョンについて「楽しいノベルティ」と評している[49]

ビルボード』誌に寄稿したラリー・フリック英語版は、「誰がこのビートルズのエバーグリーンを、レゲエの復興のための素材になると考えただろうか?その素質はあり、リスナーが想像するよりもはるかにうまく機能している」とし、「ジャック・ラディックスとタクシー・ギャングの力を借りて、チャカ・デマス&プライヤーズは、おなじみの歌詞をしゃべったり、乾杯したりしながら、速くて陽気なアイランド・グルーヴをふざけた調子で跳ね回っている。先見の明のあるプログラマーは、これでフレッシュで涼しいそよ風のようにプレイリスト上を流れることに気づくだろう」評している[50]

チャート成績(チャカ・デマス&プライヤーズ版)[編集]

週間チャート
チャート (1993年 - 1994年) 最高位
オーストラリア (ARIA)[51] 13
オーストリア (Ö3 Austria Top 40)[52] 12
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[53] 7
Canada Top Singles (RPM)[54] 37
Canada Dance/Urban (RPM)[55] 4
デンマーク (IFPI)[56] 4
ヨーロッパ (Eurochart Hot 100)[57] 7
フランス (SNEP)[58] 23
ドイツ (Official German Charts)[59] 32
アイスランド (Íslenski Listinn Topp 40)[60] 12
アイルランド (IRMA)[40]
3
オランダ (Single Top 100)[61] 8
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[62] 91
スイス (Schweizer Hitparade)[63] 17
UK Singles (Official Charts Company)[48] 1
年間チャート
チャート (1993年) 順位
UK Singles (Official Charts Company)[64] 31
チャート (1994年) 順位
オーストラリア (ARIA)[65] 76
ベルギー (Ultratop)[66] 81
Canada Dance/Urban (RPM)[67] 43
ヨーロッパ (Eurochart Hot 100)[68] 48
オランダ (Single Top 100)[69] 94
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[70] 26

認定(チャカ・デマス&プライヤーズ版)[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
オーストラリア (ARIA)[65] Gold 35,000^
ニュージーランド (RMNZ)[71] Gold 5,000*
イギリス (BPI)[72] Gold 400,000^

*認定のみに基づく売上枚数
^認定のみに基づく出荷枚数

その他のアーティストによるカバー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Leszczak, Bob (2013). Who Did It First?: Great Rhythm and Blues Cover Songs and Their Original Artists. p. 228. ISBN 978-0810888678 
  2. ^ Selvin, Joel (2014). Here Comes the Night: The Dark Soul of Bert Berns and the Dirty Business of Rhythm and Blues. p. 369. ISBN 978-1619023789 
  3. ^ a b Unterberger, Richie. “Twist and Shout - The Isley Brothers | Song Info”. 2020年12月5日閲覧。
  4. ^ The Atlantic Records Story”. Bsnpubs.com. 2020年12月5日閲覧。
  5. ^ a b The Hot 100 Chart”. Billboard (1962年8月11日). 2020年12月5日閲覧。
  6. ^ "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2020年12月6日閲覧。
  7. ^ Whitburn, Joel (2004). Top R&B/Hip-Hop Singles: 1942-2004. Record Research. p. 277 
  8. ^ Hoffmann, Frank W.; Hoffmann, Lee Ann (1983) (英語). The Cash Box Singles Charts, 1950-1981. Scarecrow Press. p. 291. ISBN 978-0-8108-1595-7. https://books.google.com/books?id=djbaAAAAMAAJ&q=%22twist+ 
  9. ^ Cash Box R&B Singles 8/11/62”. cashboxmagazine.com. 2020年12月6日閲覧。
  10. ^ Halpin, Brooke (2017). Experiencing the Beatles: A Listener's Companion. Rowman & Littlefield Publishers. p. 6. ASIN B0743X593F 
  11. ^ Lewisohn 1988, p. 24.
  12. ^ Gulia 2008, p. 195.
  13. ^ Blaney 2005, p. 250.
  14. ^ Margotin 2013, pp. 69–70.
  15. ^ a b
  16. ^ The Beatles - Back In The U.S.S.R. / Twist And Shout - Parlophone - UK - R 6016”. 45cat. 2020年12月5日閲覧。
  17. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2020年12月6日閲覧。
  18. ^ Reed, Ryan (2015年11月4日). “Revisiting the Beatles' 'Rattle Your Jewelry' Concert”. Ultimate Classic Rock (Townsquare Media, Inc.). https://ultimateclassicrock.com/the-beatles-play-rattle-your-jewelry-concert/ 2021年9月11日閲覧。 
  19. ^ ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル [SHM-CD][CD] - ザ・ビートルズ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2020年12月5日閲覧。
  20. ^ Russell, Jeff P. (2006). The Beatles Complete Discography. Universe. p. 47. ISBN 0-7893-1373-1 
  21. ^ Kent, David (2005). Australian Chart Book (1940-1969). Turramurra: Australian Chart Book. ISBN 0-646-44439-5 
  22. ^ "Ultratop.be – The Beatles – Twist And Shout" (in French). Ultratop 50. 2020年12月6日閲覧。
  23. ^ "Dutchcharts.nl – The Beatles – Twist And Shout" (in Dutch). Single Top 100. 2020年12月6日閲覧。
  24. ^ Flavour of New Zealand, 23 April 1964”. Flavour of New Zealand. 2020年12月6日閲覧。
  25. ^ "Norwegiancharts.com – The Beatles – Twist And Shout". VG-lista. 2020年12月6日閲覧。
  26. ^ Swedish Charts 1962-March 1966/Kvällstoppen - Listresultaten vecka för vecka > September 1963” (スウェーデン語). hitsallertijden.nl. 2020年12月6日閲覧。
  27. ^ Hoffmann, Frank (1983). The Cash Box Singles Charts, 1950-1981. Metuchen, NJ & London: The Scarecrow Press, Inc. pp. 32-34 
  28. ^ Offizielle Deutsche Charts - The Beatles - Twist And Shout”. Offizielle Deutsche Charts. 2020年12月6日閲覧。
  29. ^ "Top RPM Singles: Issue 0740." RPM. Library and Archives Canada. 2020年12月6日閲覧。
  30. ^ The Hot 100 Chart”. Billboard (1986年9月27日). 2020年12月6日閲覧。
  31. ^ 『日経BPムック 大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ 世界制覇50年』日経BP、2015年、97頁。ISBN 978-4-8222-7834-2 
  32. ^ "Italian single certifications – The Beatles – Twist and Shout" (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2020年12月6日閲覧 Select Online in the field Sezione. Enter The Beatles in the field Filtra. Select 2019 in the field Anno. The certification will load automatically
  33. ^ "British single certifications – The Beatles – Twist and Shout". British Phonographic Industry. 2020年12月6日閲覧 Enter Twist and Shout in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Gold in the field By Award. Click Search
  34. ^ "American single certifications – The Beatles – Twist and Shout". Recording Industry Association of America. 2020年12月6日閲覧 If necessary, click Advanced, then click Format, then select Single, then click SEARCH
  35. ^ Huey, Steve. A Salt with a Deadly Pepa - Salt-N-Pepa | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年12月6日閲覧。
  36. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2020年12月6日閲覧。
  37. ^ a b "Dutchcharts.nl – Salt-N-Pepa – Twist And Shout" (in Dutch). Single Top 100. 2020年12月6日閲覧。
  38. ^ "Ultratop.be – Salt-N-Pepa – Twist And Shout" (in Dutch). Ultratop 50. 2020年12月6日閲覧。
  39. ^ "Offiziellecharts.de – Salt-N-Pepa – Twist And Shout". GfK Entertainment Charts. 2020年12月6日閲覧。
  40. ^ a b The Irish Charts - Search Results - Twist and Shout”. Irish Singles Chart. 2022年3月27日閲覧。
  41. ^ "Nederlandse Top 40 – week 52, 1988" (in Dutch). Dutch Top 40 2020年12月6日閲覧。
  42. ^ Salaverri, Fernando (September 2005). Sólo éxitos: año a año, 1959-2002 (1st ed.). Spain: Fundación Autor-SGAE. ISBN 84-8048-639-2 
  43. ^ "Salt-N-Pepa Chart History (Hot R&B/Hip-Hop Songs)". Billboard. 2020年12月6日閲覧。
  44. ^ "Salt-N-Pepa Chart History (Hot Rap Songs)". Billboard. 2020年12月6日閲覧。
  45. ^ JAAROVERZICHTEN - Single 1988”. Single Top 100. 2020年12月6日閲覧。
  46. ^ “Single Releases”. Music Week: 21. (December 4, 1993). https://worldradiohistory.com/UK/Music-Week/1993/Music-Week-1993-12-04.pdf. 
  47. ^ Greene, Jo-Ann. Twist and Shout - Chaka Demus & Pliers | Song Info - オールミュージック. 2020年12月6日閲覧。
  48. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2020年12月6日閲覧。
  49. ^ Anderson, Rick. Ultimate Collection - Chaka Demus & Pliers | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2022年1月11日閲覧。
  50. ^ Flick, Larry (May 14, 1994). “Single Reviews”. Billboard: 71. https://worldradiohistory.com/Archive-All-Music/Billboard/90s/1994/BB-1994-05-14.pdf 2021年3月18日閲覧。. 
  51. ^ "Australian-charts.com – Chaka Demus & Pliers with Jack Radics & Taxi Gang – Twist And Shout". ARIA Top 50 Singles. 2020年12月6日閲覧。
  52. ^ "Austriancharts.at – Chaka Demus & Pliers with Jack Radics & Taxi Gang – Twist And Shout" (in German). Ö3 Austria Top 40. 2020年12月6日閲覧。
  53. ^ "Ultratop.be – Chaka Demus & Pliers with Jack Radics & Taxi Gang – Twist And Shout" (in Dutch). Ultratop 50. 2020年12月6日閲覧。
  54. ^ "Top RPM Singles: Issue 2508." RPM. Library and Archives Canada. 2020年12月6日閲覧。
  55. ^ "Top RPM Dance/Urban: Issue 2552." RPM. Library and Archives Canada. 2020年12月6日閲覧。
  56. ^ Top 10 Sales in Europe”. Music & Media. p. 13 (1994年3月5日). 2020年12月6日閲覧。
  57. ^ “Eurochart Hot 100 Singles”. Music & Media 11 (4): 13. (January 22, 1994). https://www.americanradiohistory.com/UK/Music-and-Media/90s/1994/MM-1994-01-22.pdf. 
  58. ^ "Lescharts.com – Chaka Demus & Pliers with Jack Radics & Taxi Gang – Twist And Shout" (in French). Les classement single. 2020年12月6日閲覧。
  59. ^ "Offiziellecharts.de – Chaka Demus & Pliers with Jack Radics & Taxi Gang – Twist And Shout". GfK Entertainment Charts. 2020年12月6日閲覧。
  60. ^ Íslenski Listinn Topp 40 (27._02.02.'94)” (アイスランド語). Dagblaðið Vísir (1994年1月27日). 2020年12月6日閲覧。
  61. ^ "Dutchcharts.nl – Chaka Demus & Pliers with Jack Radics & Taxi Gang – Twist And Shout" (in Dutch). Single Top 100. 2020年12月6日閲覧。
  62. ^ charts.nz - Chaka Demus & Pliers with Jack Radics & Taxi Gang - Twist And Shout”. Top 40 Singles. 2020年12月6日閲覧。
  63. ^ "Swisscharts.com – Chaka Demus & Pliers with Jack Radics & Taxi Gang – Twist And Shout". Swiss Singles Chart. 2020年12月6日閲覧。
  64. ^ “Top 100 Singles 1993”. Music Week: 24. (January 15, 1994). 
  65. ^ a b The ARIA Australian Top 100 Singles 1994”. Australian Recording Industry Association. 2015年10月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年12月6日閲覧。
  66. ^ Jaaroverzichten 1994” (オランダ語). Ultratop. 2020年12月6日閲覧。
  67. ^ Top 50 Dance Tracks of 1994”. RPM. Library and Archives Canada. 2020年12月6日閲覧。
  68. ^ “1994 in Review - Sales Charts”. Music & Media 11 (52): 24. (December 24, 1994). https://www.americanradiohistory.com/UK/Music-and-Media/90s/1994/MM-1994-12-24.pdf. 
  69. ^ Jaaroverzichten - Single 1994” (オランダ語). MegaCharts. 2020年12月6日閲覧。
  70. ^ End of Year Charts 1994”. Recorded Music NZ. 2020年12月6日閲覧。
  71. ^ "New Zealand single certifications – Chaka Demus & Pliers – Twist and Shout". Recorded Music NZ. 2020年12月6日閲覧
  72. ^ "British single certifications – Chaka Demus & Pliers – Twist and Shout". British Phonographic Industry. 2020年12月6日閲覧 Enter Twist and Shout in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Gold in the field By Award. Click Search
  73. ^ Eder, Bruce. Green Onions - Booker T. & the MG's | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年12月6日閲覧。
  74. ^ Official Singles Chart Top 50”. Official Charts Company (1963年8月15日). 2020年12月5日閲覧。
  75. ^ The Shangri-Las - Give Him A Great Big Kiss / Twist And Shout - Red Bird - USA - RB 10-018”. 45cat. 2020年12月5日閲覧。
  76. ^ Erlewine, Stephen Thomas. “The Carnegie Hall Concert - Buck Owens | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月6日閲覧。
  77. ^ Greenwald, Matthew. Deliver - The Mamas & the Papas | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年12月6日閲覧。
  78. ^ RELEASE / リリース” (日本語). UP-FRONT WORKS. UP-FRONT WORKS Co.,Ltd.. 2021年12月8日閲覧。
  79. ^ Wild Heart - EP by The Vamps”. iTunes Store. Apple. 2020年12月6日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]