消えた恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
消えた恋
ビートルズ楽曲
収録アルバム ラバー・ソウル
リリース 1965年12月3日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1965年11月4日
ジャンル ロカビリー[1]
時間 2分48秒 (stereo version)
2分51秒 (monaural version)
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー=スターキー
プロデュース ジョージ・マーティン

ビートルズシングル盤 U.S. 年表
恋を抱きしめよう
両A面
デイ・トリッパー
(1965年)
ひとりぼっちのあいつ
b/w
消えた恋
(1966年)
ペイパーバック・ライター
b/w
レイン
(1966年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
恋を抱きしめよう
b/w
デイ・トリッパー
(1966年)
ひとりぼっちのあいつ
b/w
消えた恋
(1966年)
ペイパーバック・ライター
b/w
レイン
(1966年)
ラバー・ソウル 収録曲
A面
  1. ドライヴ・マイ・カー
  2. ノルウェーの森
  3. ユー・ウォント・シー・ミー
  4. ひとりぼっちのあいつ
  5. 嘘つき女
  6. 愛のことば
  7. ミッシェル
B面
  1. 消えた恋
  2. ガール
  3. 君はいずこへ
  4. イン・マイ・ライフ
  5. ウェイト
  6. 恋をするなら
  7. 浮気娘

消えた恋」(What Goes On)はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムラバー・ソウル』のB面1曲目に収録された。レノン=マッカートニースターキーの作。リード・ヴォーカルはリンゴ・スター。

原曲は、ジョン・レノンクオリーメン時代[2]1963年の『プリーズ・プリーズ・ミー』のセッションの時期に書いたもの[3]で、この頃にジョンとポール・マッカートニーの2人でデモ・バージョンが制作された。その後『ラバー・ソウル』のセッションの時期にポールとリンゴがミドルエイトを書き加えて完成に至った[2][注釈 1]。従って、この楽曲がリンゴのシンガーソング・ライター・デビュー作となっている。

歌詞の内容は「勝手に好きになったのに何で振ったんだ?」と元の彼女に問い詰めるというもの。ちなみに2番の"Tell me why"の後でジョンが"I already told you why"と答えているのが微かに聴こえるが、これは前年の「テル・ミー・ホワイ」に掛けている。

なおアメリカでは、1966年2月21日ひとりぼっちのあいつ」のB面カップリング曲としてシングル・リリースされているが、ビルボード誌では最高位81位だった。しかし、リチャード・スターキーの名がクレジットされた楽曲が、初めてチャート入りした作品だった。その後、アメリカ編集盤『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』に収録された。

レコーディング[編集]

この曲のデモ・バージョンは、「フロム・ミー・トゥ・ユー」「サンキュー・ガール」「ワン・アフター・909[注釈 2]にレコーディングが試みられた[3]

その後、『ラバー・ソウル』に収録するために、1965年11月4日に改めてレコーディングが行なわれた。このバージョンは1テイクで録音され、オーバーダビングが施されて完成した。なお、この日には、「12-Bar Original」も録音されたが、アルバムには収録されず、1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』に第2テイクを編集したものが収録された。

ミキシング[編集]

モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンとは異なり、エンディングのリードギターの有無の違いがある。

演奏[編集]

※出典[5]

収録盤[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ しかし、リンゴは「ただ5つのフレーズを書いただけで後は関わっていない」としている[4]
  2. ^ 後にアルバム『レット・イット・ビー』で正式なレコーディングが行なわれた1963年3月5日

出典[編集]

  1. ^ Davies, Hunter. The Beatles Lyrics. p. 128. 
  2. ^ a b Sheff, David (2000). All We Are Saying: The Last Major Interview with John Lennon and Yoko Ono. New York: St. Martin's Press. p. 178. ISBN 0-312-25464-4. 
  3. ^ a b Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 28. ISBN 0-517-57066-1. 
  4. ^ Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt & Company. ISBN 0-8050-5249-6. 
  5. ^ MacDonald, Ian (1994). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties. New York: Henry Holt and Company. p. 176. ISBN 0-8050-2780-7. 

外部リンク[編集]