バディ・ホリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バディ・ホリー
Buddy Holly
Buddy Holly cropped.JPG
バディ・ホリー(1957年)
基本情報
出生名 Charles Hardin Holley
別名 Buddy Holly
生誕 1936年9月7日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ラボック
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (1959-02-03) 1959年2月3日(満22歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アイオワ州グラント郡区
ジャンル ロックンロールロカビリー
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
ギタリスト
担当楽器 ボーカル
ギター
ピアノ
フィドル
バイオリン
活動期間 1956年 - 1959年
レーベル デッカ・レコードブランズウィック・レコードコーラル・レコード
共同作業者 ザ・クリケッツザ・ピックスリッチー・ヴァレンス
著名使用楽器
フェンダー・ストラトキャスター
エルヴィス・プレスリー

バディ・ホリー(Buddy Holly、1936年9月7日 - 1959年2月3日)は、アメリカミュージシャン。本名はチャールズ・ハーディン・ホリー(Charles Hardin Holley)。ロックンロール草創期に活躍したことで知られる。

来歴[編集]

しゃくりあげるような裏声を用いて独特のアクセントをかもすヒーカップ唱法や、現代のロックにも通じるギターサウンドや軽快なビートが特徴である。

愛用のギターフェンダー・ストラトキャスターで、アコースティックギターが全盛だった当時は新鮮であった。1960年代にデビューしたミュージシャンには、ホリーの影響でストラトキャスターを手にしたと語る者も少なくない。

ホリーのバンド、バディ・ホリー&ザ・クリケッツギター2本とベースドラムスバンドを編成し、後のバンドの基本的な形となった。当時はロックでもいわゆるビッグバンドスタイルが主流だったが、金がない彼らは、巡業では4人のバンドメンバーだけで演奏することが多く、結果的にそのスタイルが定着した。最悪、バディとドラムのジェリー・アリソンだけで回ったこともある。

ホリーが表舞台で活躍した期間は1950年代末期から死去するまでの実質2年間あまりだったが、そのわずかな期間にもザ・ビートルズザ・ローリング・ストーンズサーチャーズホリーズを始めとする60年代のロックバンドに極めて多大な影響を与え、70年代以降のミュージシャンにも影響を見出すことができる。ただし、ホリーは22歳の若さで死去したため自身がその功績を知ることはなかった。

活動後期にはヴォーカルのダブル・トラックストリングスの導入など、レコーディング・テクニックの可能性を追求し始めた。存命し続けていればさらなる音楽的発展が期待できたとも言われており、今尚その早すぎる死を惜しむ声は多い。

1986年に、ロックの殿堂入りを果たした。

ホリーズのバンド名は、ホリーにちなむ。またビートルズはクリケッツのように2つの意味を持つ昆虫を考え、「Beatles」と綴り、発音からは昆虫を、スペルからはビートを想像させる名前を考えた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第48位[1]

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第13位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第80位。

生涯[編集]

テキサス州石油酪農の街、ラボックに4人兄弟の末っ子として生まれた。愛称の由来は、母親がホリーの事を「buddy(坊や)」と呼んでいた事からと言われている。家族全員が音楽好きという環境の中で自然と音楽に親しみ、高校時代には親友のボブ・モンゴメリーとバンドを結して、当初は主にカントリーを演奏した。

1953年、ホリーとボブの2人はベーシストラリー・ウェルボーンとローカルラジオ局KDAVの30分番組を持つ様になり、その頃にはスリー・チューンズとよばれたカントリーバンドとしてクラブなどで演奏していた。

1955年エルヴィス・プレスリーとの出会いがあり、その影響でホリーはロックンロールに傾倒、自分のバンドにドラマージェリー・アリソンを加える。 ホリーのみに対してデッカ・レコードが契約を申し入れるが、ホリーはそれに対し不快感を示す。結局親友ボブの説得により、デッカ・レコードと契約。この際、自身の姓を「Holley」ではなく「Holly」と間違えて署名してしまったことからそのまま定着したといわれる。

1956年ナッシュヴィルのスタジオでプロデュースをオーウェン・ブラッドリー、ギターをソニー・カーティス、ベースをドン・ゲスという構成で1月に4曲のレコーディングをし4月にファーストシングルをリリース。更に7月に3曲、11月に1曲、レコーディングを行い、ホリーは出来の良さを確信し11月分を12月にリリースするが、全く反響がなく終わる。事実上デッカ・レコードとは契約放棄という形となった。

1957年、ホリーの理解者であり有能な音楽プロデューサーノーマン・ペティのコネクションによりデッカ・レコードの子会社であるコーラル・レコードと契約。その才能を開花させるが、出版に当たりデッカ録音分の版権の問題があった為、新たなバンド名でクリケッツを結成し、クリケッツはブランズウィック・レコードと契約するという形をとる。当初は、バディ・ホリー名義はコーラル、クリケッツ名義はブランズウィックという形をとっていたが、後半は「バディ・ホリー&ザ・クリケッツ」として公式に認められる。

バディ・ホリーの墓
事故現場に作られたファンによるモニュメント

デビュー曲の「ザットル・ビー・ザ・デイ」をはじめ、「イッツ・ソー・イージー」「ペギー・スー」などを大ヒットさせた。

1958年8月15日プエルトリコ出身の女性マリア・エレナ・サンティアゴと結婚する。同年、ホリーはソロとしてクリケッツと別々に活動する事になっていく。自ずと契約はコーラルのみになりニューヨークでのレコーディングが多くなる事から住所を同地へ移した。音楽性に関してはポップスの傾向が強くなる。

眼鏡スーツという出で立ちは、一般の大人しい若者を中心に受け入れられたが、1959年2月3日未明、アイオワ州クリアレイクでのツアー後搭乗したメイソンシティ空港ミネソタ州ムーアヘッド行きのチャーター機(ビーチクラフト ボナンザ35機体記号N3794N)が、吹雪のために方向を失ってアイオワ州セロ・ゴード郡グラント郡区トウモロコシ畑に墜落し、パイロットとホリー、同乗していたリッチー・ヴァレンスザ・ビッグ・ボッパーの4人全員が死亡した。ホリーは22歳、ヴァレンスは17歳、ビッグ・ボッパーは28歳で没した。このツアーの終了後、クリケッツと活動を再開する予定となっていたが、果たされなかった。3人のロックンローラーが一度に死に、ファンに衝撃を与えたこの日は、後に「音楽が死んだ日」と呼ばれるようになった。妻のマリアは当時ホリーの子供を妊娠していたが、程なくして流産した。ポール・アンカが書き贈った「イット・ダズント・マター・エニモア」が事実上の遺作となった。

墓石には、愛用したストラトキャスターの形が刻まれている。

ホリーは死の直前に6曲のデモテイクを録音しており、死後にクリケッツによってオーバーダビングが行われた「クライング、ウェイティング、ホーピング/ペギー・スーの結婚」がリリースされている。

エピソード[編集]

  • クリケッツの音楽を聴いたプロモーターが黒人と間違えて、当時、黒人エンターティナーの殿堂ともいえるアポロ・シアターへの出演を依頼した。ホールに着いた彼らを見て、プロモーターは慌てたが、すでにどうすることも出来ず、仕方が無く、そのままステージに立った。観客は彼らを見て戸惑ったが、演奏が始まると、彼らを受け入れ、好評の内にステージは終了し、結果として彼らは、アポロ・シアターに出演した最初の白人ミュージシャンとなった。
  • ドン・マクリーンは、ホリーとヴァレンス、ビッグ・ボッパーが死亡した飛行機事故を題材に8分30秒の大作『アメリカン・パイ』を作った(後に、マドンナがカバー)。この曲内で繰り返される「音楽が死んだ日」というフレーズが、後に、そのままこの飛行機事故を指す語となっている。
  • ジョージ・ルーカス監督の映画『アメリカン・グラフィティ』の中に、「バディ・ホリーが死んでロックンロールは終わった」というセリフがある。
  • ミック・ジャガーは、「レコードジャケットの写真を見るまでバディ・ホリーは黒人だと思っていた」「バディほど独創的な人はいない。ロックンロールの真の天才」と語っている。
  • キース・リチャーズは、「バディは何でも自分でやってしまうし、バンドとしても凄かった。そんな事ができたのはバディが最初だよ。本当の天才だ」と語っている。
  • ポール・マッカートニーは、「3コード、バンド、立って楽器を弾くスタイル、ビートルズはクリケッツの真似から始まった」と語っている。また、ポールはホリーの版権を所有している。
  • ビートルズの前身バンド、クオリーメン結成後初めてのレコーディング(1957年)で前述の「ザットル・ビー・ザ・デイ」を採り上げるなど、アマチュア時代には、ホリーの楽曲を多くレパートリーにしていたのに、公式にカバーしたのが1曲のみ(「ワーズ・オブ・ラヴ」)というのは、「ホリーの曲は特別好きなものだから、彼に敬意を表するためにあえてカヴァーしないようにする」という取り決めがあったから、という説がある。プレスリーの楽曲も、同様の理由で公式カバーされていないのだと思われる。なお、両者ともBBCラジオ番組では度々カヴァーしており、『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』で聴くことができる。
  • ジョン・レノンは青年時代、眼鏡をかけることに強い抵抗感を持っていたが、ホリーが「眼鏡をかけたロックンローラー」として堂々と振舞っていたのを見て、人前で眼鏡をかける事を恥と思わなくなったという。
  • 1989年からロンドンでバディ物語のミュージカル『Buddy -The BUDDY HOLLY Story-』が長期公開され、劇場を変え、休憩期間を挟みながら、現在も公演されている。ロンドン以外にアメリカとドイツ、スウェーデン、オーストラリア、メキシコ、南アフリカ、カナダでも公演され、1997年には陣内孝則が主演で日本でも公演された。
  • ホリーの大ファンの一人であったロリー・ギャラガーは、ホリーが使っていたという理由でストラトキャスターを購入し、以後生涯そのギターを使い続けた。
  • ウィーザーのボーカルであるリヴァース・クオモは、ホリーのファンで、「バディ・ホリー」というタイトルの曲まで作っている。この曲は全米で大ヒットし、2010年の「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」において499位にランクインした。

独特の歌唱法[編集]

ホリーの独特な歌唱法、バディ節は、その後日本において坂本九によって受け継がれたという(奇しくも坂本もホリー同様、飛行機事故で命を落とすことになった)。坂本の代表曲で世界的大ヒット曲「上を向いて歩こう」の「ウォウウォオウ」というフレーズを導入したのは坂本本人であると、『ビートルズの謎』(光栄カルト倶楽部刊)に記されている。

モチーフ&パロディ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Buddy Holly”. 2013年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]