クオリーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザ・クオリーメン
The-quarrymen-1350321055.jpg
リヴァプールでの演奏の様子(2011年)。左からコリン・ハントン、レン・ギャリー、ロッド・デイヴィス。
基本情報
別名
  • ザ・クオリー・メン
  • ザ・ブラック・ジャックス
  • ジョニー&ザ・ムーンドッグス
出身地 イングランドの旗 イングランド リヴァプール
ジャンル
活動期間
レーベル
公式サイト ザ・クオリーメン公式サイト
メンバー
旧メンバー

ザ・クオリーメン (The Quarry Men) は、1956年にジョン・レノンリヴァプールで結成した[2]イギリススキッフル / ロックンロールバンドである。ビートルズの前身バンドとして知られる。

1958年にバディ・ホリーの「ザットル・ビー・ザ・デイ」や、ポール・マッカートニージョージ・ハリスンが作曲した「イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デインジャー」のレコーディングを行なった。その後、メンバーの脱退や幾度かのバンドの変更を経て、1960年にビートルズとなった。

1997年にピート・ショットン英語版、ロッド・デイヴィス、レン・ギャリー、エリック・グリフィス英語版コリン・ハントン英語版の5人で再結成。以降、4枚のアルバムを発売している。

来歴[編集]

1957年 - 1960年 : 結成 〜 「ビートルズ」へ[編集]

1956年11月、ジョン・レノンエリック・グリフィス英語版はスキッフル・バンドを結成することを決めた[3]。初期のラインナップは、レノンとクリフィスがギター、ピート・ショットン英語版ウォッシュボード、学校の友人であるビル・スミスがティーチェスト・ベースという編成だった[4][5]。当初は「ザ・ブラック・ジャックス」というバンド名だったその後、バンド名は学校の名前からとって(クオリーは採石場の意味があり、石=ロックということから)「ザ・クオリーメン」に改名[6]。8月にコリン・ハントン、レン・ギャリーが加入し、ビル・スミスが抜ける。その後、ピート・ショットンが抜ける。

1957年7月6日、ウールトンのセントピーターズ教会の野外バザー会場で行ったコンサートで、共通の友人アイヴァン・ヴォーンの紹介によりポール・マッカートニーと出会う。ポールはその場でギターを弾きながらエディ・コクランの「トゥエンティ・フライト・ロック(Twenty Flight Rock[注釈 1])」、ジーン・ヴィンセントの「ビー・バップ・ア・ルーラ」、それにリトル・リチャードのメドレーを歌う[7]。完璧に歌詞を覚えていることに加え、ドラムスピアノなどあらゆる楽器を演奏しこなすマッカートニーの腕を見込んだレノンは、数日後にマッカートニーをクオリーメンに勧誘する。マッカートニーは翌日に承諾、10月にクオリーメンとしての初のステージを踏む[8]。レノンはリヴァプール・カレッジ・オブ・アートに入学。

1958年2月、マッカートニーの紹介でジョージ・ハリスンがクオリーメンのオーディションを受ける。完璧に曲を弾きこなしたことと、2人よりもコードを知っていたことから、レノンは即座にハリスンのメンバー入りを決める[9]。前後してエリック、レン、ロッドが脱退。3月にマッカートニーの友人だったジョン・“ダフ”・ロウが、ジェリー・リー・ルイスの「Mean Woman Blues」の出だしの難しいアルペジオ部分が弾けるということで加入。

1958年7月12日、レノン、マッカートニー、ハリスン、コリン・ハントン、ジョン・ダフ・ロウの5人のメンバーで17シリング6ペンスのお金をかき集め、リヴァプールの貸しスタジオ「フィリップス・サウンド・レコーディング・サービス」で記念すべき初レコーディングを行い、1枚の78回転レコードを自主制作した。A面に「That'll Be The Day」(オリジナルは1957年のバディ・ホリーの曲)、B面に「In Spite Of All The Danger」(マッカートニーが書いた曲)が収録された(ラベルの写真)。このレコードは長年に渡ってジョン・“ダフ”・ロウが所持していたが、1981年になってマッカートニーが買い取り現在所持している。この音源は1995年にアルバム『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』の収録曲としてリリースされ、その際「In Spite Of All The Danger」はハリスンがギターソロを弾いたことから唯一の「マッカートニー=ハリスン」作品としてオリジナルの表記通りクレジットされた。このクレジットについてマッカートニーは「当時はリードギターのパートを考えたら、クレジットしなければいけないと思っていた」と語っている。

レコーディング後すぐにロウが抜け、レノン、マッカートニー、ハリスン、ハントンの4人で活動し、1959年1月にハントンが脱退。バンド名も「クオリーメン」から「ジョニー&ザ・ムーンドッグス」と名乗るようになる。

その後レノンのアートカレッジの友人スチュアート・サトクリフが参加、バンド名が「シルヴァー・ビートルズ」になる。しかし、ドラマーがなかなか決まらず[10]、ケン・ブラウン、トミー・ムーア、ノーマン・チャップマンなどメンバーが頻繁に入れ替わった。

1960年8月、カスバ・コーヒー・クラブの経営者の息子ピート・ベストをドラマーに迎え、レノン、マッカートニー、ハリスン、スチュアート・サトクリフ、ピート・ベストの5人となり[11]、バンド名も「ザ・ビートルズ」と改名した。

1994年 - : 再結成[編集]

1970年のビートルズの解散、1980年のレノンの死去後、クオリーメンは幾度か再結成している。1994年から1995年にかけてロッド・デイヴィスとジョン・ダフ・ロウ英語版は、スタジオ・ミュージシャンと共にアルバムのレコーディングを行なった。このアルバムは、1995年にクオリーメン名義で『Open for Engagements』というタイトルで発売された[12]

レノンとマッカートニーが初めて出会った1957年のウールトンの野外バザー会場でのライブから40周年を記念して、1997年にクオリーメンの1957年のラインナップからショットン、デイヴィス、ギャリー、グリフィス、ハントンの5人で再結成ライブを行なった。ヨーロッパアメリカでツアーを行い、2003年9月にはTHE HIGH-LOWSの自主イベントに招かれ来日し、9月9日に東京・渋谷公会堂、10日に大阪フェスティバルホールで公演を行った。

2000年にピート・ショットンが引退。2005年1月にエリック・グリフィスが膵臓癌で死去。ロウが加入した。

2003年に来日し、THE HIGH-LOWSと共演した。その模様は『Puttin' on the Style』のタイトルでDVD化された[13]

2016年に、ビートルズに1960年12月の一時期、在籍していたベーシストのチャス・ニュービーが加入した。

メンバー[編集]

在籍中のメンバー[14][15]
旧メンバー[14][15]

タイムライン[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 映画『女はそれを我慢できない』の挿入歌。

出典[編集]

  1. ^ a b c Eder, Bruce. The Quarrymen | Biography & History - オールミュージック. 2021年8月13日閲覧。
  2. ^ Biographies”. Originalquarrymen.co.uk. 2021年8月13日閲覧。
  3. ^ Lewisohn 2013, p. 103.
  4. ^ Spitz 2005, p. 50.
  5. ^ Lewisohn 2013, p. 104.
  6. ^ デヴィス 1976, p. 24-25.
  7. ^ John meets Paul for the first time - History.com This Day in History - 7/6/1957”. A&E Television Networks, LLC. 2014年3月10日閲覧。
  8. ^ デヴィス 1976, p. 35-37.
  9. ^ デヴィス 1976, p. 46-47.
  10. ^ デヴィス 1976, p. 61-66.
  11. ^ デヴィス 1976, p. 71.
  12. ^ Open for Engagements - The Quarrymen | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年8月13日閲覧。
  13. ^ TOWER RECORDS ONLINE 【DVD】Puttin' on the Style
  14. ^ a b Myth 6”. Originalquarrymen.co.uk. 2017年3月24日閲覧。
  15. ^ a b Lewisohn 2013.

参考文献[編集]

  • ハンター・デイヴィス 『ザ・クオリーメン ジョン・レノンの記憶』野澤玲子(訳)、ザ・ビートルズ・クラブ(監修)、リットー・ミュージック、2002年。ISBN 4-8456-0784-0 
  • ハンター・デヴィス 小笠原豊樹/中田耕治訳 (1976年5月31日). ビートルズ (1969年). 草思社. ISBN 978-4794202888 
  • Lewisohn, Mark (2013). The Beatles: All These Years, Vol. 1: Tune In. Crown Archetype. ISBN 978-1-4000-8305-3 
  • Spitz, Bob (2005). The Beatles: The Biography. New York: Little, Brown and Company. ISBN 978-0-316-80352-6. https://archive.org/details/beatlesbiography00spit 

外部リンク[編集]