ザ・ファブ・フォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ファブ・フォー
The Fab Four
別名 The Ultimate Tribute
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州
ジャンル ロックンロール
ビートルズ・トリビュート
活動期間 1997年 -
レーベル Delta Ent. (Laserlight)
New World Digital
公式サイト www.thefabfour.com
メンバー アーディ・サラフ
アダム・ヘイスティングス
ギャビン・プリング
ジョセフ・ボローニャ
ギルバート・ボニーラ
ニール・カンデローラ
ダグ・クチュール
ブレンダン・ペレオ・レイザー
ルイス・レンテリア
ロビー・バーグ
旧メンバー ロン・マクニール
マイケル・アマドール
デヴィッド・ブライトン
フランク・カニーノ
エリック・フィドル
タイソン・ケリー
フランク・メンドンサ3世
ロロ・サンドオーヴァル

ザ・フォブ・フォー(The Fab Four)は、アメリカ合衆国出身のロックバンドで、ビートルズトリビュートバンド

概要[編集]

1997年アメリカ合衆国カリフォルニア州にてジョン・レノン役のロン・マクニールによって結成された。ビートルズの楽曲のみならず、各メンバーのソロ曲のカバーも披露している。なお、ビートルズのメンバー役のみならず、エド・サリヴァン役も在籍しており、ライブにて進行役を担当している。派生プロジェクトとして「Wingsband[注釈 1]」「George Harry's Son[注釈 2]」「Rutlemania[注釈 3]」がある。

2000年に放送されたテレビ映画『The Linda McCartney Story』に使用曲の演奏で参加した[5]。演奏曲は「I Want To Hold Your Hand」「Please Please Me」「Kansas City」。

2003年ハリウッド・ボウルにてビートルズが同場でライブを行なってから37周年となることを受け、記念公演を開催[6]

2008年1月29日放送のテレビドラマ『Dr.HOUSE』(フォックス放送)第80話「クリスマスの奇跡(It's a Wonderful Lie)」で、ザ・ファブ・フォーが演奏した「The Little Drummer Boy」が使用された[7]

2009年9月9日に発売された音楽ゲーム『The Beatles: Rock Band』(日本未発売)のモーションキャプチャを担当[8]

2012年1月PBSにて特別番組『The Fab Four: The Ultimate Tribute』が放送され、翌年にエミー賞を受賞した[9][10]

2013年に初来日し、3月30日舞浜アンフィシアターで開催されたビートルズのファンイベント『WANNA BE祭 -なりきりビートルズ!ヤァ!ヤァ!ヤァ!』に出演[11]

2017年5月ウェスト・ハリウッドにあるナイトクラブウィスキー・ア・ゴーゴー」にて、ビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録の全曲の演奏を行なった。この模様は、AXS TVの『The World's Greatest Tribute Bands』にて放送された[12]

キャスト[編集]

ジョン・レノン
  • アダム・ヘイスティングス(2018年 - )
  • ギルバート・ボニーラ(代役)
  • タイソン・ケリー(元メンバー)
  • フランク・カニーノ(元メンバー)
  • ロン・マクニール(1997年 - 2018年9月[13] / 創設者)
ポール・マッカートニー
  • アーディ・サラフ
  • ニール・カンデローラ(2010年 - / 代役)
  • フランク・メンドンサ3世(元メンバー)
ジョージ・ハリスン
  • ギャビン・プリング(2009年 - )
  • ロビー・バーグ(代役)
  • ダグ・クチュール(代役)
  • マイケル・アマドール(2001年 - 2009年 / 現在は音響技術者となっている。)
  • デヴィッド・ブライトン(1997年 - 2001年)
リンゴ・スター
  • ジョセフ・ボローニャ
  • ブレンダン・ペレオ・レイザー(代役)
  • ルイス・レンテリア(代役)
  • エリック・フィドル(2009年 - 2015年)
  • ロロ・サンドオーヴァル(1997年 - 2009年)
エド・サリヴァン
  • ジェフ・デハート
  • ジェリー・ホーバン(故人)
  • ジョージ・トルリンガー(元メンバー)

ディスコグラフィ[編集]

Hark![編集]

Hark! (Classic Christmas Songs Performed in a Beatles Style)』(ハーク! クラシック クリスマス ソングス パフォームド イン ア ビートルズ スタイル)は、2008年に発売されたアルバム。本作は2002年10月16日に発売された『A Fab Four Christmas』と『Have Yourself a FAB-ulous Little Christmas』に収録の全楽曲をリマスタリングし、ボーナス・トラックを2曲追加して再発売されたもの。

収録の楽曲は、いずれもクリスマスソング賛美歌をビートルズの楽曲のアレンジでカバーしたものとなっている。

収録曲
1曲目から10曲目が『A Fab Four Christmas』収録曲、11曲目から20曲目が『Have Yourself a FAB-ulous Little Christmas』収録曲、21曲目から22曲目がボーナス・トラックとなる。
#タイトル作詞作曲・編曲元ネタ時間
1.Rudolph the Red-Nosed Reindeer(Johnny Marks)  I Saw Her Standing There
2.Joy to the World(Lowell Mason)  Please Please Me
3.Feliz Navidad(José Feliciano)  And I Love Her
4.Hark! The Herald Angels Sing(Felix Mendelssohn)  Help!
5.Away in a Manger(Traditional)  You've Got To Hide Your Love Away
6.Good King Wenceslas(John Mason Neale)  Tell Me What You See
7.It Came Upon the Midnight Clear(Edmund Sears)  Baby's In Black
8.Winter Wonderland(Felix Bernard/Richard B. Smith)  Honey Don't
9.Frosty the Snowman(Walter E. Rollins/Steve Nelson)  Mr. Moonlight
10.Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!(Sammy Cahn/Jule Styne)  Eight Days A Week
11.Silent Night(Franz Xaver Gruber)  Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
12.The Christmas Song(Mel Tormé)  Here, There And Everywhere
13.God Rest Ye Merry Gentlemen(Traditional)  Within You Without You
14.Santa Claus Is Comin' to Town(J.F. Coots)  When I'm Sixty Four
15.What Child Is This?(William Chatterton Dix)  While My Guitar Gently Weeps
16.Blue Christmas(Billy Hayes)  Revolution 1
17.Dear Santa(Richard Starkey/Mark Hudson/Steve Dudas)  Oh! Darling
18.The Little Drummer Boy(Katherine Kennicott Davis)  Sun King
19.Rockin' Around the Christmas Tree(Johnny Marks)  Got To Get You Into My Life
20.Jingle Bells(James Lord Pierpont)  Tomorrow Never Knows
21.Sleigh Ride(Leroy Anderson)  Lady Madonna
22.The First Noel(Traditional)  Let It Be
合計時間:
参加メンバー

The Ultimate Beatles Tribute in Concert, Vol. 1[編集]

The Ultimate Beatles Tribute in Concert, Vol. 1』(ジ・アルティメット・ビートルズ・トリビュート・イン・コンサート・ヴォリューム・ワン)は、2002年2011年に発売されたライヴ・アルバム

本作には、2001年夏にディズニーランド内のトゥモローランド・テラスで開催されたライヴの音源が収録されている[14]

収録曲
全作詞・作曲: Lennon/McCartney(特記を除く)。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.Twist And Shout(Phil Medley, Bert Berns)Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く) 
2.「Please Please Me」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
3.All My LovingLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
4.I Want To Hold Your HandsLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
5.From Me To YouLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
6.Love Me DoLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
7.Do You Want To Know A SecretLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
8.Boys(Luther Dixon, Wes Farrell)Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
9.You Really Got A Hold On Me(Smokey Robinson)Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
10.This BoyLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
11.A Hard Day's NightLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
12.I Should Have Known BetterLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
13.If I FellLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
14.「Eight Days A Week」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
15.Can't Buy Me LoveLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
16.Act Naturally(Buck Owens)Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
17.「Help!」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
18.MichelleLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
19.I Feel FineLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
20.YesterdayLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
21.She Loves YouLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
22.Roll Over Beethoven(Chuck Berry)Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
23.「I Saw Her Standing There」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
24.「Twist And Shout」(Phil Medley, Bert Berns)Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
25.「Outro」(N/A)Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く) 

TV Special Soundtrack[編集]

TV Special Soundtrack』(ティーヴィ・スペシャル・サウンドトラック)は、2013年に発売されたライヴ・アルバム

本作には、2012年1月にペチャンガ リゾート&カジノで開催されたライヴの音源が収録されている。公式サイトで販売が行なわれている。また、ジョージ・ハリスン役のギャビン・プリングとリンゴ・スター役のエリック・フィドルが参加した初の作品となる。

収録曲
全作詞・作曲: Lennon/McCartney(特記を除く)。
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「I Want To Hold Your Hand」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
2.「All My Loving」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
3.「A Hard Day's Night」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
4.「Eight Days A Week」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
5.「Can't Buy Me Love」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
6.「Help!」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
7.「She Loves You」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
8.「I Saw Her Standing There」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
9.「Twist And Shout」(Phil Medley, Bert Berns)Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
10.「Yesterday」Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
11.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club BandLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
12.With A Little Help From My FriendsLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
13.Strawberry Fields ForeverLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
14.Yellow SubmarineLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
15.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
16.A Day In The LifeLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
17.Imagine(John Lennon)Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
18.Here Comes The Sun(George Harrison)Lennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
19.Get BackLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
20.RevolutionLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)
21.Hey JudeLennon/McCartney(特記を除く)Lennon/McCartney(特記を除く)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ポール・マッカートニー1971年に結成したバンド「ウイングス」のトリビュートバンド。ポール・マッカートニー役でアーディ・サラフ、デニー・レイン役でロン・マクニール、リンダ・マッカートニー役でシンガーソングライターのクリスティーン・ロザンダーが参加。
  2. ^ ジョージ・ハリスン役のギャビン・プリングによるプロジェクト。ビートルズ時代やソロでのジョージのヒット曲を演奏している。
  3. ^ 2007年エリック・アイドルのアプローチによりラトルズ(ビートルズのパロディ・バンド)の結成30周年を祝うショーのために結成された。ショーはロサンゼルス[1][2]ニューヨーク[3][4]で開催され、ロス・ナスティー(ニール・イネス)役をロン・マクニール、ダーク・マクィックリー(エリック・アイドル)役をアーディ・サラフ、スディング・オハラ(リッキー・ファター)役をマイケル・アマドール、バリー・ウォム(ジョン・ハルシー)役をロロ・サンドオーヴァルが担当した。

出典[編集]

  1. ^ Elise Thompson (2007年). “Rutlemania!”. www.laist.com. 2008年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月24日閲覧。
  2. ^ The Set List: Rutlemania Returns to Hollywood”. weblogs.variety.com (2008年3月7日). 2008年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月24日閲覧。
  3. ^ Jesse Jarnow (2007年). “Live: Rutlemania at the Blender Theater the Gramercy at Your Mom”. www.villagevoice.com. 2008年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月12日閲覧。
  4. ^ Jay Lustig (2007年). “Celebrating the band that celebrated the four lads from Liverpool”. www.nj.com. 2019年8月24日閲覧。
  5. ^ The Linda McCartney Story”. www.imdb.com (2000年). 2009年1月29日閲覧。
  6. ^ Michael Lisi (2003年2月12日). “Fab Four re-enacts Beatles' shows word for word”. www.dailygazette.com. http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_product=SDGB&p_theme=sdgb&p_action=search&p_maxdocs=200&p_topdoc=1&p_text_direct-0=110FA327D92ADF92&p_field_direct-0=document_id&p_perpage=10&p_sort=YMD_date:D&s_trackval=GooglePM 2019年8月24日閲覧。 
  7. ^ House M.D., It's a Wonderful Lie - Soundtracks”. www.imdb.com. 2019年9月1日閲覧。
  8. ^ The Fab Four”. www.facebook.com. 2019年8月24日閲覧。
  9. ^ Twitter, Gary Graff ggraff@digitalfirstmedia com; @GraffonMusic on. “The Fab Four at Sound Board, 3 Things To Know”. The Oakland Press. 2019年8月24日閲覧。
  10. ^ The National Academy of Television Arts & Sciences Pacific Southwest Chapter (2014年2月1日). “2013 Emmy Award Winners”. nataspw.org. 2019年8月24日閲覧。
  11. ^ “世界NO.1のビートルズトリビュートバンド、The Fab Fourが初来日”. エキサイトニュース (エキサイト). (2013年1月10日). https://www.excite.co.jp/news/article/Pia_201211270002/ 2019年8月24日閲覧。 
  12. ^ The World’s Greatest Tribute Bands”. AXS TV (2017年5月9日). 2019年8月24日閲覧。
  13. ^ “4 questions for The Fab Four before they bring The Beatles music to MGM Springfield”. masslive.com (MassLive Media Solutions). (2019年7月1日). https://www.masslive.com/music/2019/07/4-questions-for-the-fab-four-before-they-bring-the-beatles-music-to-mgm-springfield.html 2019年8月24日閲覧。 
  14. ^ The Fab Four Online Store”. thefabfour.com. 2019年8月24日閲覧。

外部リンク[編集]