バック・ビート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バック・ビート
Backbeat
監督 イアン・ソフトリー
脚本 イアン・ソフトリー
マイケル・トーマス
ステイーブン・ワード
製作 フィノラ・ドワイヤー
スティーヴン・ウーリー
製作総指揮 ニック・パウエル
ハンノー・フス
出演者 スティーヴン・ドーフ
音楽 ドン・ワズ英語版
撮影 イアン・ウィルソン英語版
編集 マーティン・ウォルシュ
公開 イギリスの旗 1994年4月1日
日本の旗 1994年3月19日
上映時間 100分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 £1,133,830 イギリスの旗
テンプレートを表示

バック・ビート』(Backbeat)は、1994年制作のイギリス映画イアン・ソフトリー監督。ビートルズの初期メンバーであるスチュアート・サトクリフの生涯を描いた作品。

映画は主としてスチュアートとジョン・レノン、そしてドイツ人の女性写真家でありスチュアートのガールフレンドであったアストリッド・キルヒヘルの3人の関係に焦点を合わせている。ハンブルクでのビートルズの初期の活動を記録にとどめており、スチュアートの寿命と初期のビートルズの歴史に関しては、1979年のテレビ映画『Birth』よりも正確であるといわれている。

ストーリー[編集]

1960年イギリスリヴァプール美術学校で出会った親友のジョンと毎晩町へ遊びに出かけ、喧嘩などをして過ごしていたスチュ(スチュアートの愛称)。ジョンからバンドに誘われ、ベーシストとして加入する。初めての巡業で、ジョン、スチュ、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、ピート・ベストの5人はドイツ・ハンブルクに向かう。そこでスチュは1人の女性と運命的な出会いをする。クラウス・フォアマンと彼らのライブを観に来ていた女性写真家アストリッド・キルヒヘルである。優れた絵の才能を持つスチュはアストリッドとの出会いをきっかけに、再び絵を描き始める。メンバーとともに1度帰国するが、再びハンブルクへ戻る。ビートルズの2度目のハンブルク巡業後、画家の道に進むことを決意し、ビートルズを脱退する。1962年4月10日、以前から体調不良を訴えていたスチュは、発作を起こしアストリッドの目の前でこの世を去る。3度目の巡業でハンブルク空港に到着したジョンとビートルズのメンバーは、アストリッドからその事実を知らされる[1][2]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(VHS版)

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

劇中に流れるビートルズの曲はハンブルクで記録された曲ではなく、アメリカの有名オルタナティブロックバンドのメンバーによるカバー曲である。

ビートルズ・サウンドを鮮やかにリニューアルしたことでも話題になった。また同年、サウンドトラック盤として東芝EMI(イギリスではVirgin)よりCDアルバム『バック・ビート』としてリリースされている。

バンドメンバー

ただし、「マイ・ボニー」の演奏シーンでは1961年にハンブルクで録音したビートルズ自身とトニー・シェリダンによる音源が使用されている。この音源は(まだ契約前だった)パーロフォンレーベルのものではなく、ポリドールレーベルからリリースされたものであるためと思われる。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]