リール・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビートルズ > 作品リスト > リール・ミュージック
リール・ミュージック
ビートルズコンピレーション・アルバム
リリース
録音
  • 1964年 - 1970年
ジャンル ロック
時間
レーベル
プロデュース
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
後述を参照
ゴールドディスク
後述を参照
ビートルズ U.K. 年表
  • リール・ミュージック
  • (1982年)
ビートルズ U.S. 年表
  • リール・ミュージック
  • (1982年)
ビートルズ 日本 年表
  • リール・ミュージック
  • (1982年)
  • シルヴァー・ビートルズ
  • (1982年)
テンプレートを表示

リール・ミュージック』(Reel Music)は、1982年3月29日にアナログLPで発売されたビートルズコンピレーション・アルバムである。アメリカでの『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』(1964年初上映)の再上映に合わせて、1982年3月29日に発売されたビートルズ主演の映画およびテレビ映画の使用曲を選んだ編集アルバムである。その翌日イギリスでもリリースされた。なお、本作は1980年12月8日のジョン・レノンの死去後にリリースされた最初のアルバムともなっている。また映画フィルムを模したメンバー写真が印刷されたインナースリーブ、また"Souvenir Program"と題された主演した5本の映画の解説と写真が使われたパンフレットが付属。

アメリカのBillboard 200で3週連続最高位第19位を獲得し[2]、アメリカだけで50万枚以上のセールスを記録している。本作は、アメリカレコード協会からゴールド認定を受けている。アメリカとカナダでは、関係者に配られるプロモーション用のゴールド(透明イエロー)カラー盤も存在する。

本作は現在も、未CD化のままである。

ミックス[編集]

本作は、当時のアメリカでは珍しかったステレオ・ミックスが収録された。

  • イギリス盤に収録された「アイ・アム・ザ・ウォルラス」のステレオ・ミックスは、アメリカにおいては本作で初めて発売された。アメリカで発売された従来の作品では、イントロがモノラル・ミックスと同じような編集が施されたステレオ・ミックスが収録され、1980年に発売された『レアリティーズ Vol.2』では、イギリス盤に収録されたステレオ・ミックスと組み合わせた音源が収録された。
  • ア・ハード・デイズ・ナイト」と「涙の乗車券」の2曲は、アメリカで発売された従来の作品では擬似ステレオ・ミックスで収録されていたため、リアル・ステレオ・ミックスは本作で初めて発売された。
  • 恋する二人」は、イントロのハーモニカの演奏ミスを修正したミックスで収録された。なお、このミックスは他の作品には未収録となっている。

シングル[編集]

1982年3月22日にアメリカでシングル盤『ザ・ビートルズ・ムービー・メドレー』が発売され、イギリスでは5月24日に発売された。同作は、本作に収録された「マジカル・ミステリー・ツアー」、「愛こそはすべて」、「悲しみはぶっとばせ」、「恋する二人」、「ア・ハード・デイズ・ナイト」、「涙の乗車券」、「ゲット・バック」の7曲をメドレー形式にしたもの。アートワークは本作と同じものが使用され、B面には「すてきなダンス」(『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』劇中歌で、本作には未収録)が収録された。

収録曲[編集]

全曲 作詞・作曲 : レノン=マッカートニー

アナログA面
#タイトル作詞作曲・編曲使用作品時間
1.ア・ハード・デイズ・ナイト(A Hard Day's Night)  ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
2.恋する二人(I Should Have Known Better)  ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
3.キャント・バイ・ミー・ラヴ(Can't Buy Me Love)  ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
4.アンド・アイ・ラヴ・ハー(And I Love Her)  ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
5.ヘルプ!(Help!)  ヘルプ!4人はアイドル
6.悲しみはぶっとばせ(You've Got To Hide Your Love Away)  ヘルプ!4人はアイドル
7.涙の乗車券(Ticket To Ride)  ヘルプ!4人はアイドル
8.マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)  マジカル・ミステリー・ツアー
合計時間:
アナログB面
#タイトル作詞作曲・編曲使用作品時間
1.アイ・アム・ザ・ウォルラス(I Am The Walrus)  マジカル・ミステリー・ツアー
2.イエロー・サブマリン(Yellow Submarine)  イエロー・サブマリン
3.愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)(All You Need Is Love)  イエロー・サブマリン
4.レット・イット・ビー(Let It Be)  レット・イット・ビー
5.ゲット・バック(Get Back)  レット・イット・ビー
6.ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(The Long And Winding Road)  レット・イット・ビー
合計時間:

チャート成績[編集]

チャート(1982年) 最高位
オーストラリア (Kent Music Report)[3] 26
カナダ (RPM)[4] 19
日本 (オリコン) 26
US Billboard 200[2] 19

認定[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
カナダ (Music Canada)[5] Gold 50,000^
アメリカ合衆国 (RIAA)[6] Gold 500,000^

*認定のみに基づく売上枚数
^認定のみに基づく出荷枚数

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Eder, Bruce. Reel Music - The Beatles | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月26日閲覧。
  2. ^ a b Billboard 200 Chart”. Billboard (1982年5月22日). 2020年9月26日閲覧。
  3. ^ Kent, David (2005). Australian Chart Book (1940-1969). Turramurra: Australian Chart Book. ISBN 0-646-44439-5 
  4. ^ "Top RPM Albums: Issue 4305". RPM. Library and Archives Canada. 2020年9月26日閲覧。
  5. ^ "Canadian album certifications – The Beatles – Reel Music". Music Canada. 2020年9月26日閲覧
  6. ^ "American album certifications – The Beatles – Reel Music". Recording Industry Association of America. 2020年9月26日閲覧 If necessary, click Advanced, then click Format, then select Album, then click SEARCH