悲しみはぶっとばせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
悲しみはぶっとばせ
ビートルズ楽曲
収録アルバム 4人はアイドル
リリース 1965年8月6日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1965年2月18日
ジャンル ロック
時間 28 (stereo version)
2分11秒 (monaural version)
2分44秒 ("The Beatles Anthology 2" version)
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

4人はアイドル 収録曲
A面
  1. ヘルプ!
  2. ザ・ナイト・ビフォア
  3. 悲しみはぶっとばせ
  4. アイ・ニード・ユー
  5. アナザー・ガール
  6. 恋のアドバイス
  7. 涙の乗車券
B面
  1. アクト・ナチュラリー
  2. イッツ・オンリー・ラヴ
  3. ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ
  4. テル・ミー・ホワット・ユー・シー
  5. 夢の人
  6. イエスタデイ
  7. ディジー・ミス・リジー

悲しみはぶっとばせ 」 ("You've Got To Hide Your Love Away")はイギリスロックバンドたるビートルズの楽曲。

解説[編集]

1965年8月6日に発売された5枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム4人はアイドル』のA面3曲目に収録されている。名義はレノン=マッカートニーだがジョン・レノンが単独で作っている。ボブ・ディランに影響された曲のひとつでもある。リード・ヴォーカルはジョン。1980年、ジョン・レノンは「これはぼくの-ディラン時代-の曲。ぼくはカメレオンだから、その時に流行っているものにならなんでも染まってしまう。エルビスにできることなら、ぼくにだってできる、エヴァリー・ブラザーズにできれば、ぼくとポールにもできる。ディランだって同じ事さ。」と語っている[1]

1965年公開の映画『ヘルプ!4人はアイドル』では、ジョンがアコースティック・ギターを抱えながら歌うシーンにこの曲が使われているが、この曲で使用していたギターはドイツ製のフラマス・フーテナニー12弦ギターで、ジョンはビートルズの中で唯一このギターを所有していた。ジョンの使用モデルは弦の一部が切れていたものだが、ジョンが気に入らない音だったため、意図的に切ったというのが真相である。

曲のエンディングに奏されるフルートは外部のミュージシャン、ジョニー・スコットによるものである。ビートルズが外部のミュージシャンを入れて行ったレコーディングは、1962年9月11日にセッション・ドラマーのアンディ・ホワイトを雇った「ラヴ・ミー・ドゥ」、「P.S.アイ・ラヴ・ユー」、「プリーズ・プリーズ・ミー」の3曲以来のこととなる[2][3]。『4人はアイドル』を発表して以降、ビートルズは積極的に外部からミュージシャンを受け入れて録音していくようになる。

邦題を付けた高嶋弘之は「悲しみをぶっとばせ」ではなく「悲しみはぶっとばせ」としている点が重要と述べている。

カバー・バージョン[編集]

収録盤[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『PLAYBOYインタビュー ジョン・レノン』、1981年 集英社(189頁)
  2. ^ ただし、アンディ・ホワイトの参加はプロデューサーのジョージ・マーティンの判断によるものでビートルズによる自発的なものではない。
  3. ^ アルバム・ジャケットにはジョニー・スコットの名前は一切クレジットされてない。
  4. ^ Elvis Costello & The Attractions - You Tripped At Every Step (Vinyl) at Discogs