アルトフルート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルトフルート
各言語での名称
alto flute
Altflöte
flûte alto, flûte en sol
flauto contralto
中音长笛
アルトフルート
分類

木管楽器気鳴楽器

音域
Range Alto flute.png
関連楽器
演奏者

アルトフルートフルート属の楽器のひとつで、木管楽器に属する。コンサート・フルートの低音用の拡張として、フルート・ダモーレの次に位置する。低音域の目立ってやわらかい音色を特徴とする。ト調の移調楽器であり、ピッコロバスフルートと同様に、ハ調のフルートと指使いは同じである。

アルトフルートの管はコンサート・フルートよりもかなり太く、演奏者はより多くの息を必要とする[1]。このため、低音域の1オクターブ半でデュナーミクの変化をつけやすい。

アルトフルートのデザインを完成し、ト調(記譜より4度低い)に音程を定めたテオバルト・ベームは、この楽器を好んでいた[2]

音域はG3中央ハの下のト音)からG6(実音でト音譜表の上第4線、三点ト)までで、さらに最高音域としてD7まで伸ばすことができる。

イギリスの音楽ではアルトフルートのことをしばしばバスフルートと称するが、同じ名前の楽器が別に存在するために混乱のもとになっている[1]。名称の混乱の原因は、現代のコンサート・フルートの音域がルネサンス時代のテナー・フルートと同じであることに起因し、テナー・フルートより低い音域の楽器なのでバスと呼ばれるのである[3]

頭部管の形状[編集]

U字形の頭部管をもつアルトフルート
まっすぐな頭部管をもつアルトフルート

アルトフルートの頭部管にはU字形のものとまっすぐなものの2種類の形状がある。U字形の頭部管は腕を伸ばす必要が少なくなるため、小さな演奏者に好まれ、重心が演奏者に近づくために、より軽く感じられる。しかしながら、まっすぐな頭部管の方が全体的に調音が優れており、より一般的に使われる[4]

アルトフルートのアンブシュアはコンサート・フルートのものに近いが、楽器の大きさに比例して大きくなる。したがって、吹口は下唇のより下の位置にあたり、唇の開きはより大きくなる。

楽曲[編集]

以下の一覧は完全であることを目的としていない。もっともよく演奏され、よく知られた代表的な曲の例としてあげてある。また、もともと他の楽器のために書かれて、後にアルトフルート用に編曲された楽曲は原則として除外されるが、例外として非常によく知られた作品は含まれており、その場合は本来の楽器を注記している。

アルトフルートのみの曲[編集]

  • ブルーノ・バルトロッツィ: 『カンティレーナ』
  • ガース・バクスター: 『柳の木による変奏曲』
  • ジョナサン・ベイリー:『パンのための音楽』(1982)
  • マイケル・チャーニ=ウィルズ:『Trystyng』
  • フィリップ・チャプロフスキ:『Elegia』(2007)
  • チャールズ・ディレイニー:『「シーズ・オブ・ラヴ」による変奏曲』(1989)
  • アレクサンダー・ゲール:『Ariel Sing』(2003)
  • フィリップ・エルザン:『5つのミニアチュア』(1995)
  • ダニエル・ケスナー:『A Serene Music』(2012)
  • コリーン・モーシンク:『アンドロマケー』(2010)
  • パトリック・ナン:『Maqamat』(2002)
  • マイケル・オリバ:『Les Heures Bleues』(2013)
  • エドウィン・ロクスバラ:『ダイシャクシギ』(1994)
  • カイヤ・サーリアホ:『風の色』(1998)
  • ハービー・ソルバーガー:『Hara』
  • カールハインツ・シュトックハウゼン:
    • 『Susanis Echo』、3. ex Nr. 58 12 (1985)
    • 『Xi』、3. ex Nr. 55 (1986)
  • デービッド・ベネット・トーマス:『Carla』(2012)

アルトフルートとピアノ[編集]

  • トム・フェボニオ:『アルトフルートとピアノのためのソナタ』
  • ダニエル・ケスナー:『Simple Motion』(1993)
  • メルヴィン・ローフ:『Passing Thoughts』
  • フィリス・ルーク:『As The Clouds Parted』
  • アンドルー・マクバーニー:『The Moon by Night』(2003)
  • マイク・モワー:『ソネット』
  • ローラ・ペティグルー:『Offertoire』

アルトフルート、ピアノ、電子楽器[編集]

管弦楽曲[編集]

クラシック音楽でアルトフルートが登場する早い例としてはニコライ・リムスキー=コルサコフのオペラ『ムラダ』がある[5]。アルトフルートは特にイーゴリ・ストラヴィンスキーモーリス・ラヴェルに関連し、ふたりともさまざまな管弦楽曲でアルトフルートの特徴的な音色を利用した。ラヴェルの『ダフニスとクロエ』、ストラヴィンスキーの『春の祭典』、フランコ・アルファーノオペラシラノ・ド・ベルジュラック』、セルゲイ・プロコフィエフの『スキタイ組曲』で使われている。ドミートリイ・ショスタコーヴィチはオペラ『賭博師』(未完)と『ムツェンスク郡のマクベス夫人』、および『交響曲第7番』で使用している。グスターヴ・ホルスト惑星』のいくつかの楽章でも用いられる[2]。20世紀音楽でもっとも有名なアルトフルートの用例のひとつにピエール・ブーレーズが書いたコントラルトと6人の器楽奏者による『ル・マルトー・サン・メートル』がある[6]

ハワード・ショアの『ロード・オブ・ザ・リング』の音楽を代表として、現代のさまざまな映画音楽でも使用される[6]。1940年以前のハリウッド映画でもときどき使われることがあった。たとえばジェローム・カーンの『空とぶ音楽』(1932)と『Very Warm for May』(1939)がそうで、どちらもロバート・ラッセル・ベネットによってオーケストレーションがなされた(自筆スコアはアメリカ議会図書館音楽部門のジェローム・カーン・コレクションが所蔵する)。

演奏家[編集]

最近になってアルトフルートを専門とする演奏家が多数出現した。フランスの即興演奏家・作曲家であるクリスティアン・ル・デレジール、アメリカのクリス・ポッター、イギリスのキングマ・システムのアルトフルート奏者カーラ・リーズ、ジャズ演奏家のアリ・ライアソンやブライアン・ランドルス、アメリカ出身で現在オーストラリアに住むピーター・シェリダン、スイスの作曲家・演奏家マティアス・ツィーグラーおよびシュテファン・ケラー、オランダの作曲家・演奏家アン・ラベルジュなど。

脚注[編集]

  1. ^ a b Finding Your Flute (How to Choose, Rent, Buy a New or Used Flute)
  2. ^ a b Toff, Nancy (2012). The Flute Book: A Complete Guide for Students and Performers. Oxford, England: Oxford University Press. pp. 69-72. 
  3. ^ Renaissance flutes
  4. ^ Phyllis Louke - Article: Getting Started Playing Alto, Bass and Contrabass Flutes Archived February 27, 2009, at the Wayback Machine.
  5. ^ Bret Newton (2015-05-03), What to Do with New Instruments – Part 5 – The Alto Flute, Bandestration, https://bandestration.com/2015/05/03/what-to-do-with-new-instruments-part-5-the-alto-flute/ 
  6. ^ a b Adams, Doug (2010). The Music of the Lord of the Rings Films: A Comprehensive Account of Howard Shore's Scores, Book & CD. Los Angeles, California, USA: Alfred Music.