トムトム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トムトム (12×8)
ドラムセット
Drum kit illustration edit.png

1 バスドラム | 2 フロアタム | 3 スネア |

4 トム | 5 ハイハット | 6 クラッシュシンバル | ライドシンバル

その他

チャイナシンバル | カウベル | シズルシンバル |
スプラッシュシンバル | スウィッシュシンバル |
タンブリン | ウッドブロック | ロートタム

トムトムtom‐tom)は、スナッピー(響き線)のない中型のドラム[1]

膜鳴楽器に分類される。

しばしば「タムタム」あるいは単に「タム」とも呼ばれる。銅鑼タムタムtam–tam)と区別する目的で「トムトム」と呼ばれることも多いが、英語での発音は「タムタム」が近い(tam-tamの発音はtǽmtæ̀m、tom-tomの発音はtɑ́mtɑ̀m)。『トムトム』という英語は子供用の太鼓を意味するが、名称はシンハラ語由来である。

由来[編集]

この楽器はアジアもしくはネイティブアメリカンに由来するとされる。この楽器は古くは通信手段として使われていた。

構造[編集]

円筒形の胴に、上面と下面、もしくは上面のみに「ヘッド」と呼ばれる膜(通常はプラスティック製)が張られている。上面にのみヘッドが張られているタムタムは両面にヘッドが張られている物と区別して「メロディック・タム」とも呼ばれている。スネアドラムの胴を深くしたような形をしているが、響き線(スナッピー)が張られていない点が異なる。

使用[編集]

ドラムセットでは、欠かせない楽器であると言え、大きさの異なるトムトムが2~4個用いられることが多い。楽器はスタンドに固定したり、バスドラムの上部にセットする。楽器下部に付属する脚により床に置くものは、フロアタムと呼ばれることがある。

オーケストラ吹奏楽等の編成で用いられる場合は、「コンサートタム」と呼ばれることが多い。異なる大きさの4~8個程度のタムタムの全てをスタンドに固定し、演奏するスタイルは 通例「立奏」である。

トムトムの印象的な楽曲[編集]

出典[編集]

  1. ^ “タムタム”, 最新音楽用語事典, リットーミュージック, (1998) 

関連項目[編集]