ブラシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上はブラシ。下は、毛を植え込む前の、土台となる木部。等間隔に穴があけられている。
土台となる木部に手作業で毛を植え込んでいるところ。

ブラシあるいはブラッシュ: brush)は、木材合成樹脂金属などでできた土台部分に、小さな束にした毛を、一定の間隔で植え込んだもの[1]。漢字では「刷子」の字をあてる(ただし、「刷子」は「刷毛」と同様に「はけ」とも読まれる)。

なお、たわしささらもブラシの一種である(出典『日本大百科事典』[1])。

毛の部分の材質としては、植物性、動物性、金属性、合成繊維などがある[1]

歴史[編集]

種類や分類[編集]

ブラシの種類は多く、およそ3000種以上におよぶ。大分類すると用途により家庭用、身辺化粧用、工業用などに分類される[1]

  • 動物の体を清潔にしたり毛並みを整えるための用具。
    • 馬用ブラシ、犬用ブラシ、猫用ブラシ 等々

さまざまな使い方[編集]

名称通りの使い方をするとは限らない。たとえば「歯ブラシ」の新品は主に歯を磨くために使われるが、使い古した歯ブラシは掃除や機械の整備にも使われる。

抽象化すると、たとえば以下のような結果や効果を期待しているとも言える。

その他[編集]

  • カーリング等のスポーツに使われるブラシ(ブルーム)。かつてはのような道具だった。
  • エアブラシ。塗装、描画など、ブラシ(筆・刷毛)と同じ用途に使われる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日本大百科全書「ブラシ」
ネコはもともと表面がブラシ状になっており、そうした舌で自分の毛を舐めることで埃などをとりのぞき、毛並みをととのえる。