ブラシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上はブラシ。下は、毛を植え込む前の、土台となる木部。等間隔に穴があけられている。
土台となる木部に手作業で毛を植え込んでいるところ。

ブラシあるいはブラッシュ(: brush) は、木材合成樹脂金属などでできた土台部分に、小さな束にした毛を、一定の間隔で植え込んだもの[1]。漢字では「刷子」の字をあてる(ただし、「刷子」は「刷毛」と同様に「はけ」とも読まれる)。

なおたわしささらもブラシの一種である(出典『日本大百科事典』[1])。

毛の部分の材質としては、植物性、動物性、金属性、合成繊維などがある[1]

歴史[編集]

種類や分類[編集]

ブラシの種類は多く、およそ3000種以上におよぶ。大分類すると用途により家庭用、身辺化粧用、工業用などに分類される[1]

  • 動物の体を清潔にしたり毛並みを整えるための用具。
    • 馬用ブラシ、犬用ブラシ、猫用ブラシ 等々

真鍮ブラシ、ステンレスブラシなどがある。硬度の違いを利用して使い分ける。たとえば鉄についたを落とす場合には真鍮ブラシを使うと錆だけが落ち、鉄部の本体を傷つけずに済む。鉄よりも真鍮の硬度が低いからである。

さまざまな使い方[編集]

名称通りの使い方をするとは限らない。たとえば「歯ブラシ」の新品は主に歯を磨くために使われるが、使い古した歯ブラシは掃除や機械の整備にも使われる。

抽象化すると、たとえば以下のような結果や効果を期待しているとも言える。

  • 対象物に付着した物質を除去する。歯ブラシワイヤーブラシなど。
  • 整列させる。ヘアブラシ。犬用ブラシ、猫用ブラシなど。
  • 対象物に物を付着させる。リップブラシなど。
  • 音を発生させる。ドラムブラシなど。
  • 対象物との間に電気の通り道を確保する。たとえばモーターのブラシ、スロットカーの集電ブラシなど。対象物が動いており通常の配線ができない場所に用いられる。静止していない物体に対して押しつけるようにして接触し、通電することを目的とした部品。発電機電動機整流子スリップリングに通電するために用いられ、それらを磨耗させないよう、黒鉛など軟らかい材質が用いられる。かつては細い線を編んだ文字通りのブラシが使われており、現在でも、模型スロットカーの集電子などに見られる。en:Brush (electric)も参照のこと。


その他[編集]

  • カーリング等のスポーツに使われるブラシ(ブルーム)。かつてはのような道具だった。
  • エアブラシ。塗装、描画など、ブラシ(筆・刷毛)と同じ用途に使われる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日本大百科全書「ブラシ」
ネコはもともと表面がブラシ状になっており、そうした舌で自分の毛を舐めることで埃などをとりのぞき、毛並みをととのえる。