ミート・ザ・ビートルズ <JAPAN BOX>

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミート・ザ・ビートルズ
<JAPAN BOX>
ビートルズCD-BOX
リリース
録音 1962年 - 1965年
ジャンル ロック
ポップ
時間
レーベル アップル・レコード
ユニバーサル ミュージック グループ
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
ビートルズ アルバム 年表
THE U.S. BOX
(2014年)
ミート・ザ・ビートルズ <JAPAN BOX>
(2014年)
テンプレートを表示

ミート・ザ・ビートルズ <JAPAN BOX>』(The Japan Box)は、ビートルズのCD-BOXである。2014年6月25日発売。

概要[編集]

ビートルズの日本デビュー50周年を記念したボックス・セット[2]

本作は、1964年から1965年にかけてオデオンレコードから発売された日本編集盤5作品をコンパイルし、新たに編集が施されたブックレットが付属した初回生産限定発売となっている[2]。なお、『ステレオ! これがビートルズ Vol.1』『ステレオ! これがビートルズ Vol.2[注釈 1]の2作品は、本作に含まれていない。

コンパイルされた5作のアートワークは、インナー・スリーヴや帯を含めて発売当時のものが忠実に再現されている[2]

ブックレットには、日本でのビートルズの初代ディレクターの高嶋弘之と元ミュージック・ライフの編集長の星加ルミ子、ビートルズ研究家でレコード・プロデューサーの行方均による対談が掲載されている。

収録されている音源は、『ビートルズ!』『ビートルズ No.2』『ビートルズ No.5!』には2009年版モノラル・ミックス、『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』には同ステレオ・ミックス、『4人はアイドル』にはオリジナル・ステレオ・ミックスが使用された[2]

2014年7月7日付のオリコン週間アルバムランキングで初登場19位を獲得[3]

内容[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1963年に発売されたイギリス盤オリジナル・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』『ウィズ・ザ・ビートルズ』の2作品の曲順が変更された日本独自の編集盤

出典[編集]

  1. ^ ミート・ザ・ビートルズ<JAPAN BOX>|ザ・ビートルズ”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年10月19日閲覧。
  2. ^ a b c d “『ミート・ザ・ビートルズ <JAPAN BOX>』、日本オリジナル盤5作品が初CD化”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2014年4月18日). https://www.barks.jp/news/?id=1000102615 2019年10月19日閲覧。 
  3. ^ オリコン週間 アルバムランキング 2014年06月23日〜2014年06月29日 11〜20位”. ORICON NEWS. オリコン (2014年7月7日). 2019年10月19日閲覧。