ビートルズ No.5!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビートルズ > 作品リスト > ビートルズ No.5!
ビートルズ No.5!
ビートルズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1962年11月26日 - 1964年10月18日
ジャンル ロック
レーベル 日本の旗 オデオン / 東芝音楽工業
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
  • 月間1位(ミュージック・マンスリー洋楽チャート[1]
ビートルズ アルバム 日本 年表
  • ビートルズ No.5!
  • (1965年)
テンプレートを表示

ビートルズ No.5!』(Beatles No.5)は、ビートルズ日本における5作目のアルバムである。1965年5月5日に東芝音楽工業より発売された。

解説[編集]

『ビートルズ No.5!』は『ビートルズ No.2!』に続く日本独自に企画構成されたアルバムである。オリジナル・フォームで『ハード・デイズ・ナイト』、『ビートルズ '65』がリリースされたあとの独自編集盤であり、『ステレオ! これがビートルズ Vol.1』、『ステレオ! これがビートルズ Vol.2』を除けばビートルズの活動中に日本独自の編集は行われなくなる。ジャケットはアメリカ編集盤『ビートルズ '65』に準じている。

初リリース以来、モノラル盤のみの発売であり、本アルバムのステレオ盤はない。これは「アイ・フィール・ファイン」と「シーズ・ア・ウーマン」など一部の曲のリアル・ステレオ・ミックスがまだ公式に発表されていなかったため、アルバム全体をモノラル・ミックスで統一する必要があったからである。[要出典]

日本のオルタナティヴ・ロックバンド、ナンバーガールのバンド名の由来でもある[2]

本作は、2014年6月に『ミート・ザ・ビートルズ <JAPAN BOX>』という5枚組CDボックス・セットにおいて、初めてCD化された。ジャケットは紙ジャケットが使われており、現在可能な限り1965年の発売当時の形態が再現されていて(CDジャケットには「東芝音楽工業株式会社」の当時の会社名記載がない)、CD盤本体も当時のレーベルデザインが踏襲されている。この盤での解説は、発売当時の高崎一郎の物が使われている[3]

収録曲[編集]

作詞作曲について特記がないものは、レノン=マッカートニーによるもの。

アナログA面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.のっぽのサリー(Long Tall Sally)ポール・マッカートニー
2.シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)(Sie Liebt Dich)レノン=マッカートニー=ニコラス=ヘルマー英語版
3.アンナ(Anna (Go To Him))アーサー・アレキサンダージョン・レノン
4.マッチボックス(Matchbox)カール・パーキンスリンゴ・スター
5.ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー(You Really Got a Hold on Me)スモーキー・ロビンソン
6.シーズ・ア・ウーマン(She's a Woman) ポール・マッカートニー
7.アスク・ミー・ホワイ(Ask Me Why) ジョン・レノン
合計時間:
アナログB面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.アイ・フィール・ファイン(I Feel Fine) ジョン・レノン
2.抱きしめたい(ドイツ語)(Komm, Gib Mir Deine Hand)レノン=マッカートニー=ニコラス=ヘルマー
  • ジョン・レノン
  • ポール・マッカートニー
3.チェインズ(Chains)ジョージ・ハリスン
4.スロー・ダウン(Slow Down)ラリー・ウィリアムズジョン・レノン
5.オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ(All I've Got To Do) ジョン・レノン
6.アイ・コール・ユア・ネーム(I Call Your Name) ジョン・レノン
7.ジス・ボーイ(This Boy) 
合計時間:

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 日経BPムック 大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ 世界制覇50年. 日経BP. (2015). p. 33. ISBN 978-4-8222-7834-2 
  2. ^ 大鷹俊一. ナンバーガールSCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT』のアルバム・ノーツ. 東芝EMI.
  3. ^ “『ミート・ザ・ビートルズ <JAPAN BOX>』、日本オリジナル盤5作品が初CD化”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2014年4月18日). https://www.barks.jp/news/?id=1000102615 2019年10月19日閲覧。