ザ・ビートルズ・アンソロジー1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ビートルズ・アンソロジー1
ビートルズコンピレーション・アルバム
リリース
録音 1958年-1994年11月
ジャンル ロック
時間
レーベル Apple 34445EMI東芝EMIキャピトル・レコード
プロデュース ジョージ・マーティン
ジェフ・リン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(Billboard 200[1]、ARIAチャート)
  • 2位(全英アルバムチャート[2]
  • 3位(オリコン
  • ビートルズ アルバム 年表
    ザ・ビートルズ・
    ライヴ!!
    アット・ザ・BBC

    (1994年)
    ザ・ビートルズ・
    アンソロジー1

    (1995年)
    ザ・ビートルズ・
    アンソロジー2

    (1996年)
    『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』収録のシングル
    テンプレートを表示

    ザ・ビートルズ・アンソロジー1 (The Beatles Anthology 1) は、1995年にリリースされたビートルズコンピレーション・アルバム

    概要[編集]

    本作は、「ザ・ビートルズ・アンソロジー」シリーズの一環としてCD(2枚組)で発売された。また、『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』『3』との3部作となっており、どちらもミリオン・ヒットした。後に3枚組LPレコードでもリリースされた。

    本作にはザ・クオリーメン時代から『ビートルズ・フォー・セール』までの未発表曲やデモ、別テイクが収められている。また、アルバムの目玉として、ジョン・レノンが生前録音した「フリー・アズ・ア・バード」のテープを基にして、ビートルズの25年ぶりとなる新曲として収録された。

    2011年6月14日に、iTunes Storeにてリマスタリングが施され、『2』『3』とコンパイルしたものが『The Beatles Anthology Box Set』として配信がスタートした。

    アートワーク[編集]

    本作のアートワークは、他の「ザ・ビートルズ・アンソロジー」シリーズの作品と同様、アルバム『リボルバー』も手がけたクラウス・フォアマンによるもの。これまでに発売されたアルバムのジャケットなどが引きちぎられ、コラージュされたものとなっており、『2』『3』を並べると1枚の絵になる。

    アルバムカバー中央には、『Savage Young Beatles』(1982年)のジャケットが配置されているが、ジャケットに写っているピート・ベストドラマーであるリンゴ・スターの前任)の顔が、『プリーズ・プリーズ・ミー』のリンゴ・スターに被って欠けている[3]

    この欠けている部分が2008年にピート・ベスト・バンドがリリースしたアルバム『Haymans Green』のジャケットに使用されているため、一部ファンの間で「ピートによる復讐ではないか?」という声が上がった[4]

    曲目[編集]

    アナログA面(アナログDisc 1)[編集]

    1. フリー・アズ・ア・バード - Free as a Bird (Lennon/Lennon-McCartney-Harrison-Starkey)
    2. We were four guys ... that's all (John Lennon speaking to Jann Wenner)
    3. ザットル・ビー・ザ・デイ - That'll Be the Day (Allison-Holly-Petty)
    4. イン・スパイト・オヴ・オール・ザ・デンジャー - In Spite of All the Danger (Paul McCartney and George Harrison)
    5. Sometimes I'd borrow ... those still exist (Paul McCartney speaking to Mark Lewisohn)
    6. ハレルヤ・アイ・ラヴ・ハー・ソー - Hallelujah, I Love Her So (Charles)
    7. ユール・ビー・マイン - You'll Be Mine (Paul McCartney and John Lennon)
    8. カイエンヌ - Cayenne (Paul McCartney)
    9. First of all ... it didn't do a thing here (Paul McCartney speaking to Malcom Threadgill)
    10. マイ・ボニー - My Bonnie (traditional, arranged by Tony Sheridan)
    11. エイント・シー・スウィート[注釈 1] - Ain't She Sweet (Ager-Yellen)
    12. クライ・フォー・ア・シャドウ - Cry for a Shadow (Harrison-Lennon)

    アナログB面(アナログDisc 1)[編集]

    1. Brian was a beautiful guy ... he presented us well (John Lennon speaking to David Wigg)
    2. I secured them ... a Beatle drink even then (Brian Epstein from A Cellarful of Noise)
    3. サーチン - Searchin' (Leiber-Stoller)
    4. スリー・クール・キャッツ - Three Cool Cats (Leiber-Stoller)
    5. シーク・オヴ・アラビ - The Sheik of Araby (Smith and Wheeler-Snyder)
    6. ライク・ドリーマーズ・ドゥ - Like Dreamers Do (Paul McCartney)
    7. ハロー・リトル・ガール - Hello Little Girl (John Lennon)
    8. Well, the recording test ... by my artists (Brian Epstein from A Cellarful of Noise)
    9. ベサメ・ムーチョ - Besame Mucho (Velázquez-Skylar)
    10. ラヴ・ミー・ドゥ - Love Me Do
    11. ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ・イット[注釈 2] - How Do You Do It (Murray)
    12. プリーズ・プリーズ・ミー - Please Please Me

    アナログC面(アナログDisc 2)[編集]

    1. ワン・アフター・909 - One After 909 (sequence)
    2. ワン・アフター・909 - One After 909
    3. レンド・ミー・ユア・コム - Lend Me Your Comb (Twomey-Wise-Weisman)
    4. アイル・ゲット・ユー - I'll Get You
    5. We were performers ... in Britain (John Lennon speaking to Jann Wenner)
    6. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア - I Saw Her Standing There
    7. フロム・ミー・トゥ・ユー - From Me to You
    8. マネー - Money (That's What I Want) (Gordy Jr.-Bradford)
    9. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー - You Really Got a Hold On Me (Robinson)
    10. ロール・オーバー・ベートーヴェン - Roll Over Beethoven (Berry)

    Disc two (CD 2)[編集]

    アナログD面(アナログDisc 2)[編集]

    1. シー・ラヴズ・ユー - She Loves You
    2. ティル・ゼア・ウォズ・ユー - Till There Was You (Meredith Willson)
    3. ツイスト・アンド・シャウト - Twist and Shout (Russell-Medley)
    4. こいつ - This Boy
    5. 抱きしめたい - I Want to Hold Your Hand
    6. Boys, what I was thinking ... (Eric Morecambe and Ernie Wise speaking to the Beatles)
    7. ムーンライト・ベイ - Moonlight Bay (Madden-Wenrich)
    8. キャント・バイ・ミー・ラヴ - Can't Buy Me Love

    アナログE面(アナログDisc 3)[編集]

    1. オール・マイ・ラヴィング - All My Loving
    2. ユー・キャント・ドゥ・ザット - You Can't Do That
    3. アンド・アイ・ラヴ・ハー - And I Love Her
    4. ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! - A Hard Day's Night
    5. 彼氏になりたい - I Wanna Be Your Man
    6. ロング・トール・サリー - Long Tall Sally (Johnson-Penniman-Blackwell)
    7. ボーイズ - Boys (Dixon-Farrell)
    8. シャウト - Shout! (Isley-Isley-Isley)
    9. アイル・ビー・バック - I'll Be Back (Take 2)
    10. アイル・ビー・バック - I'll Be Back (Take 3)

    アナログF面(アナログDisc 3)[編集]

    1. ユー・ノウ・ホワット・トゥ・ドゥ - You Know What to Do (Harrison)
    2. ノー・リプライ - No Reply (demo)
    3. ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
    4. リーヴ・マイ・キトゥン・アローン - Leave My Kitten Alone (John-Turner-McDougal)
    5. ノー・リプライ - No Reply
    6. エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (sequence)
    7. エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week (complete)
    8. メドレーカンザス・シティ ~ ヘイ・ヘイ・ヘイ - Kansas City ~ Hey, Hey, Hey, Hey (Leiber-Stoller/Penniman)

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ ポリドールから発売された時点での邦題は「いい娘じゃないか」
    2. ^ 後にジェリー&ザ・ペースメイカーズが取り上げた際の邦題は「恋のテクニック」

    出典[編集]

    1. ^ Anthology 1 – The Beatles”. Billboard. Prometheus Global Media. 2011年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月12日閲覧。
    2. ^ Chart Archive: Top 40 Official UK Albums Archive – 2nd December 1995”. The Official Charts Company. 2019年1月12日閲覧。
    3. ^ Rossell, Raul (2011年4月8日). “The Beatles Anthology 1 Album Cover Cropped Out Original Drummer Pete Best” (英語). FeelNumb.com. http://www.feelnumb.com/2011/04/08/the-beatles-anthology-1-album-cover-cropped-out-original-drummer-pete-best/ 2019年1月12日閲覧。 
    4. ^ Stormo, Roger (2016年4月19日). “The Daily Beatle: Pete Best's revenge”. The Daily Beatle. 2019年1月12日閲覧。

    関連項目[編集]