ユー・ノウ・ホワット・トゥ・ドゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユー・ノウ・ホワット・トゥ・ドゥ
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ・アンソロジー1
リリース 1995年11月20日
録音 1964年6月3日
アビー・ロード・スタジオ
ジャンル ロック
時間 1分59秒
レーベル アップル・レコード
作詞者 ジョージ・ハリスン
プロデュース ジョージ・マーティン

ユー・ノウ・ホワット・トゥ・ドゥ (You Know What To Do) は、ビートルズの楽曲。ジョージ・ハリスン作。

概要[編集]

2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』収録の「ドント・バザー・ミー」に続くジョージの2作目であったが、デモ・テープが作られたきりお蔵入りとなった。解散後、『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』に収録されて日の目を見た。

1964年の世界ツアーが始まる前日である6月3日の朝に、リンゴ・スターが扁桃腺炎で倒れた[1]。この日は3作目の『ハード・デイズ・ナイト』の為の14曲目のレコーディング・セッションが行なわれる予定だった。そのため、代役のドラマーとしてジミー・ニコルを雇い、EMI第2スタジオでリハーサルが1時間行なわれ、6曲演奏された。メンバーはジミーのドラミングに満足し、4日から開始された世界ツアーをリンゴが復帰するまでの間ジミーと共に回った[2]

その夜、EMI第2スタジオでの4時間のセッションがジョージ、ジョン・レノンポール・マッカートニーの3人で行われた。このセッションでは本作と、ジョン作の「ノー・リプライ[注釈 1]、ポール作の「It's For You[注釈 2]のデモ音源が録音された。この日のセッション・テープは紛失したとされていたが、1993年に発見された[2]

パーソネル[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 完成版は、4作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズ・フォー・セール』に収録されている。
  2. ^ シラ・ブラックに提供した楽曲。

出典[編集]

  1. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions: The Official Abbey Road Studio Session Notes 1962-1970. Great Britain: Hamlyn. p. 45. ISBN 0-600-55784-7. 
  2. ^ a b Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions: The Official Abbey Road Studio Session Notes 1962-1970. Great Britain: Hamlyn. p. 40-41. ISBN 0-600-55784-7.