アンド・ユア・バード・キャン・シング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > アンド・ユア・バード・キャン・シング
アンド・ユア・バード・キャン・シング
ビートルズ楽曲
収録アルバム リボルバー
英語名 And Your Bird Can Sing
リリース 1966年8月5日 (1966-08-05)
録音
ジャンル
時間 2分01秒
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

リボルバー 収録曲
グッド・デイ・サンシャイン
(B-1)
アンド・ユア・バード・キャン・シング
(B-2)
フォー・ノー・ワン
(B-3)
ミュージックビデオ

アンド・ユア・バード・キャン・シング」(英語: And Your Bird Can Sing)は、ビートルズの楽曲である。 レノン=マッカートニー名義となっているが、ジョン・レノンによって書かれた楽曲。ポール・マッカートニーは、一部作詞を手伝ったとしている[3]。冒頭から聴ける印象的なリフレインは、マッカートニーとジョージ・ハリスンエピフォン・カジノによるツイン・リードギターである[4]

イギリスでは1966年8月5日にイギリス盤公式オリジナル・アルバムリボルバー』に、アメリカでは1966年6月20日に発売されたキャピトル編集盤『イエスタデイ・アンド・トゥデイ』に収録された。『リボルバー』が発売された頃、ビートルズはアメリカ・コンサート・ツアーに出掛けており、この曲をコンサートで披露することも十分可能だったが、結局披露しなかった。

テレビアニメ『アニメ・ザ・ビートルズ』の第3期オープニングテーマとして使用された。

佐藤泰志の小説作品『きみの鳥はうたえる』のタイトルはこの楽曲に由来しており、劇中にも出てくる[5]

背景[編集]

歌詞について、作者のレノンから明確に説明されていないことから、この曲の歌詞のモチーフについて、いくらかの推測が立てられており、作家のケネス・ウォマック英語版は、レノン自身の結婚生活を鳥カゴの中の鳥に喩えて、(レノンの当時の妻である)シンシア・レノンがレノンのことを理解できていないことを反映しているものではないかと述べている[6]。このほかにも、以下のような説が存在する。

  • ジャーナリストのリチャード・シンプソンは、ローリング・ストーンズのメンバーであるミック・ジャガーの当時のガールフレンド[注 1]であるマリアンヌ・フェイスフルのことを歌っていると推測している[7]
  • ローリング・ストーン誌は、「You say you've seen seven wonders(七不思議を全部見てきたんだってね)」というフレーズは、1964年にニューヨークでボブ・ディランと大麻を吸った際のマッカートニーへの言及であるとしている。この時にマッカートニーは自身が大麻の影響で新たに悟った人生の意味を、ロード・マネージャーのマル・エヴァンズにメモを取らせたが[8]、翌日そのメモを確認すると「7つの段階がある! ("There are seven levels!")」としか書かれていなかった[9][8]
  • 2007年に発表された書籍『Can't Buy Me Love』で、ジョナサン・ゴールドはフランク・シナトラの特別番組の宣伝のために書いたと推測している[10]

写真家のロバート・ウィテカーは、1966年3月25日に行われたビートルズのフォト・セッションで、鳥かごに頭を入れたジョージ・ハリスンの写真を撮影しているが、これは本作の歌詞に基づいたものである[11]

レコーディング[編集]

「アンド・ユア・バード・キャン・シング」のレコーディングは、1966年4月20日にアビー・ロード・スタジオで開始された[12]。レコーディングを開始した当時は、バーズのサウンドを彷彿をさせる[13]レノンとマッカートニーのハーモニーや、ハリスンによる12弦エレクトリック・ギターリッケンバッカー・360/12)がフィーチャーされたアレンジだった[9][14]。同日にボーカルのオーバー・ダビングが行われたが、突然レノンとマッカートニーが笑い出してしまい、まともに歌えなくなってしまった[15][16]。この時の音源は、1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』に収録された[注 2]

4月26日にリメイクされた[17][18]。当初のアレンジではキーはDメジャーだったが、リメイク版ではカポタストが使用されてホ長調に変更された。

ベーシック・トラックにはテイク10が採用され、これに対してマッカートニーのベースリンゴ・スターハイハットがオーバー・ダビングされた[19]。エンディング部分は、マッカートニーがテイク6でのベースのフレーズを気に入ったことにより、この部分が編集で繋ぎ合わされている[20]

リリース[編集]

「アンド・ユア・バード・キャン・シング」は、アメリカで1966年6月20日に発売されたキャピトル編集盤『イエスタディ・アンド・トゥディ』のB面1曲目に収録された。これに伴い、5月14日にモノラル・ミックスが制作されたが、この時点ではステレオ・ミックスは制作されなかった。このため、ステレオ盤にはモノラル・ミックスを元にした擬似ステレオ(デュオフォニック)が収録されていた。

その後、6月6日にリミックスされて[21][22]、イギリスで1966年8月5日で発売された7作目のオリジナル・アルバム『リボルバー』のB面2曲目に収録された[23]。後日アメリカでも『リボルバー』が発売されたが、前述の編集盤に収録されている関係からアメリカ盤では未収録となった[24]

1966年8月よりビートルズとしては最後のアメリカツアーが行われたが、レコーディング時に使用された技術の関係から、当時の技術的制限下ではコンサートで再現できないということから『リボルバー』収録曲は演奏されなかった。しかしながら、本作は比較的シンプルなアレンジであることから、作家のリッチー・アンターバーガー英語版は「ライブ用にアレンジして演奏することができたはず。彼らは新曲をライブで演奏して、ライブ活動に対する熱意を取り戻そうはしなかったのだろう。」と語っている[25]

演奏[編集]

※出典[3]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「Bird」は英国のスラングで「彼女」の意を持つ。
  2. ^ 同じテイクのオーバー・ダビング前の音源は、海賊盤で流通した。

出典[編集]

  1. ^ Riley 2011, p. 425.
  2. ^ “The 50 Greatest Ever Beatles Songs - Picked By Johnny Marr, Royal Blood, Brian Wilson And More”. NME (BandLab Technologies). (2015年3月21日). https://www.nme.com/photos/the-50-greatest-ever-beatles-songs-picked-by-johnny-marr-royal-blood-brian-wilson-and-more-1418732NME 2020年8月9日閲覧。 
  3. ^ a b MacDonald 2003, p. 199.
  4. ^ a b Everett 1999, p. 46.
  5. ^ 原口和大 (2018年9月17日). “佐藤泰志さんは人生の悩みや喜びに誠実な小説家だった…!『きみの鳥はうたえる』関西公開直前、三宅唱監督に聞く!”. キネ坊主. https://cineboze.com/2018/09/17/kiminotori_201809/ 2019年3月12日閲覧。 
  6. ^ Womack 2014, p. 36-37.
  7. ^ Simpson, Richard (2006年11月6日). “Marianne Faithfull makes full recovery from breast cancer”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-414922/Marianne-Faithfull-makes-recovery-breast-cancer.html 2009年11月27日閲覧。 
  8. ^ a b Miles 1997, p. 188-189.
  9. ^ a b 100 Greatest Beatles Songs: 78. 'And Your Bird Can Sing'”. rollingstone.com (2011年9月19日). 2019年3月13日閲覧。
  10. ^ Gould 2007, p. 360.
  11. ^ Hunt, Chris (2002). “Here, There & Everywhere”. Mojo Special Limited Edition: 1000 Days That Shook the World (The Psychedelic Beatles - April 1, 1965 to December 26, 1967). London: Emap. p. 70 
  12. ^ Lewisohn 2005, p. 75.
  13. ^ Turner 2016, p. 160.
  14. ^ Unterberger 2006, p. 142.
  15. ^ Womack 2014, p. 37.
  16. ^ Winn 2009, p. 13.
  17. ^ Lewisohn 2005, p. 77.
  18. ^ Turner 2016, p. 163.
  19. ^ Everett 1999, pp. 46-47.
  20. ^ Winn 2009, p. 14.
  21. ^ Winn 2009, p. 14-15.
  22. ^ Lewisohn 2005, p. 78, 82.
  23. ^ Miles 2001, p. 237.
  24. ^ Savage 2015, p. 318-19.
  25. ^ Unterberger 2006, p. 152.

参考文献[編集]

  • Everett, Walter (1999). The Beatles as musicians: Revolver through the Anthology. Oxford University Press. ISBN 0-19-512941-5 
  • Gould, Jonathan (2007). Can't Buy Me Love: The Beatles, Britain, and America. New York, NY: Three Rivers Press. ISBN 978-0-307-35338-2 
  • Lewisohn, Mark (2005) [1988]. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962-1970. Harmony Books. ISBN 0-517-57066-1 
  • MacDonald, Ian (2003). Revolution In The Head: The Beatles' Records And The Sixties. New York: Vintage Books. ISBN 978-0-09-952679-7 
  • Miles, Barry (1997). Many Years From Now. Vintage-Random House. ISBN 978-0-7493-8658-0 
  • Riley, Tim (2011-09-20). Lennon: The Man, the Myth, the Music - The Definitive Life. Hyperion Books. ISBN 1-4013-0393-5. https://books.google.com/books?id=lOGkfdTsh0YC&pg=PT425#v=onepage&q&f=false 
  • Turner, Steve (2016). Beatles '66: The Revolutionary Year. New York, NY: Ecco. ISBN 978-0-06-247558-9 
  • Unterberger, Richie (2006). The Unreleased Beatles: Music & Film. San Francisco, CA: Backbeat Books. ISBN 978-0-87930-892-6 
  • Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York, NY: Three Rivers Press. ISBN 978-0-307-45239-9 
  • Womack, Kenneth (2014). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. ISBN 978-0-313-39171-2 

外部リンク[編集]