シラ・ブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シラ・ブラック
OBE
Cilla Black (1970).jpg
オランダ・アムステルダムでの記者会見に臨むシラ・ブラック(1970年2月)
基本情報
出生名 プリシラ・マリア・ヴェロニカ・ホワイト[1][2]
生誕
死没
ジャンル
職業
担当楽器 ボーカル
活動期間 1963年 - 2015年
レーベル
公式サイト Official Cilla Black Website

プリシラ・マリア・ヴェロニカ・ホワイトPriscilla Maria Veronica White OBE1943年5月27日 - 2015年8月1日)は、シラ・ブラックCilla Black)の名で知られるイギリス歌手司会者女優作家である。

1963年に歌手としてデビューし、シングル11作品が全英シングルチャート、アルバム4作品が全英アルバムチャートでそれぞれトップ10入りしている[4]。歌手活動のほかに、BBCのバラエティ番組『Cilla』(1968年 - 1976年)や、『Blind Date』(1984年 - 2001年)や『The Moment of Truth』(1998年 - 2001年)などの番組で司会を務め、コメディ女優としての活動も行なった。

2015年8月1日に死去。

来歴[編集]

ブラックは、1943年5月27日にリヴァプールのヴォクソールで、プリシラ・ブライトン(1911年 - 1996年)とジョン・パトリック・ホワイト(1904年 - 1971年)の娘、プリシラ・マリア・ヴェロニカ・ホワイトとして生まれる[5]。ローマ・カトリックの家庭で育ち、スコットランド・ロードにあるセント・アンソニー・スクールに通い、事務仕事について学ぶ[6][7]

エンターテイナーになることを決意したブラックは、リヴァプールにあるキャヴァーン・クラブでクローク係のアルバイトを始める。プロモーターのサム・リーチの勧めにより歌手としての活動を始め、デューク・ストリートにあるゾディアック・クラブで自身初のライブを行ない、ザ・ビッグ・スリー英語版をバックに「Swinging Cilla」名義で登場。1961年の夏[3]には、ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズやキングサイズ・テイラー&ザ・ドミノズ英語版のゲスト・ボーカリストとしても活動を行ない、その一方で「ゾディアック」というコーヒーラウンジでウェイトレスと働き、後の夫であるボビー・ウィリスと出会う[8]。地元の音楽新聞『Mersey Beat』で、ビル・ハリー英語版はお気に入りのアーティストとして挙げる[3]が、この際に誤って「シラ・ブラック」と呼んでいる[8]。以降、この名前で活動を行なっている[8]

ブラックは、長年の友人であったテリー・マッキャンと初の契約を結ぶが、これはブラックが未成年の時に結ばれたものであったことから、守られることはなく、その後ブラックの父親がブライアン・エプスタインと契約を結んだ[9]。その後、エプスタインのつてにより、ジョージ・マーティンに引き合わされ、パーロフォンと契約[10]

1963年9月にレノン=マッカートニーが作曲を手がけた「Love of the Loved」でデビュー[10]。シングルは全英シングルチャートで最高位35位を獲得[11]。翌年に2枚目のシングル『Anyone Who Had a Heart』が発売され、全英シングルチャートで3週連続で1位を獲得[12]、イギリスで80万枚の売上を記録した[3]。続くシングル『You're My World』も全英1位を獲得。本作はアメリカでも26位[13]まで上昇した。

1967年にエプスタインが死去。その後任としてボビー・ウィリスがマネージャーとなった[14]

1968年1月よりBBCのテレビ番組『Cilla』の司会を務め、番組は1976年4月まで放送された。同年3月にシングル『ステップ・インサイド・ラヴ』を発売。表題曲はポール・マッカートニーがBBCのシラの番組のために作曲した楽曲となっている[15]。シングルは全英シングルチャートで最高位8位を獲得[16]

1969年1月、ウィリスと結婚し、1999年10月23日にウィリスが癌で死去するまでの30年にわたって結婚生活を送った[14]

1975年、ITVで放送されたテレビシリーズ『Cilla's Comedy Six』にメイン・エンターテイナーとして出演。同年5月に全英脚本家組合はブラックをイギリスのトップ女性コメディ・スターに選出[17]

1993年、ダスティ・スプリングフィールドクリフ・リチャードバリー・マニロウらとのデュエット曲を含む新曲を収録したアルバム『Through the Years』を発売。その10年後にあたる2003年に『Beginnings... Greatest Hits and New Songs』を発売した[18]

2017年に除幕されたキャヴァーン・クラブのかつての入口付近に設置されたブラックの像。

1997年の新年勲章で大英帝国勲章を受けた[19]

2006年にタレントショー『Soapstar Superstar』の第1シリーズで審査員を務め[20]、『Eating with...』シリーズの1エピソードに出演[21]

2014年、芸能生活50周年を記念し、英国アカデミー賞テレビ部門の特別賞と、ロイヤル・テレビジョン協会レジェンド賞を受賞[22][23][24]

2015年8月1日、スペインのエステポナにある別荘で死去。享年72[25]。アンダルシア州高等裁判所の報道官は、ブラックの死因として事故の可能性を示唆[25]。病理学者の報告書によると、ブラックは後ろ向きに転倒し、テラスの壁に頭をぶつけた後にくも膜下出血を起こしたことが確認され、死から4時間後に発見されたとのこと[26]

2017年にキャヴァーン・クラブ創業60周年を記念し、ブラックの息子らが依頼したブラックの銅像がキャヴァーン・クラブのかつての入口付近に設置された[27][28]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

※「初収録アルバム」は特記がない限り、イギリスで発売された作品。

タイトル 最高位 初収録アルバム
UK
[4]
IRE
[29]
AUS
[30]
NZ
[31]
CAN
[32]
US
[33]
1963 "Love of the Loved"
b/w "Shy of Love"[注 1]
35
72
The Best of Cilla Black
1964 "Anyone Who Had a Heart"
b/w "Just for You"[注 1]
1
1
34
1
"You're My World"
b/w "Suffer Now I Must"[注 1]
1
2
1
2
12
26
"It's for You"
b/w "He Won't Ask Me"[注 1]
7
17
79
1965 "You've Lost That Lovin' Feelin'"
b/w "Is It Love?"[注 1]
2
15
"Is It Love?"[注 2]
b/w "One Little Voice"[注 3]
133
Is It Love?[注 2]
"I've Been Wrong Before"
b/w "I Don't Want to Know"
17
81
アルバム未収録
1966 "Love's Just a Broken Heart"
b/w "Yesterday"
5
10
27
15
Cilla Sings a Rainbow
"Alfie"
b/w "Night Time Is Here"[注 1]
9
22
20
95
The Best of Cilla Black
"Don't Answer Me"
b/w "The Right One Is Left"[注 1]
6
22
You're My World
"A Fool Am I"
b/w "For No One"
13
アルバム未収録
1967 "What Good Am I?"
b/w "Over My Head"[注 1]
24
66
The Best of Cilla Black
"I Only Live to Love You"
b/w "From Now On"[注 1]
24
66
1968 "Step Inside Love"
b/w "I Couldn't Take My Eyes Off You"
8
15
86
12
Sher-oo!
"Where Is Tomorrow"
b/w "Work Is a Four Letter Word"[注 1]
39
The Best of Cilla Black
1969 "Only Forever Will Do" /
"Follow Me"[注 1]
(両A面)[注 4]
95
Surround Yourself with Cilla
"Surround Yourself with Sorrow"
b/w "London Bridge"[注 1]
3
5
24
5
"Conversations"
b/w "Liverpool Lullaby"[注 5]
95
You're My World
"If I Thought You'd Ever Change Your Mind"
b/w "It Feels So Good"[注 1]
20
19
53
7
1970 "Child of Mine"
b/w "That's Why I Love You"
アルバム未収録
"Across the Universe"[注 6]
b/w "Words"
14
Sweet Inspiration
1971 "Faded Images"[注 6]
b/w "Sad Sad Song"
15
Images
"Something Tells Me (Something's Gonna Happen Tonight)"
b/w "La La La Lu"
3
3
61
13
アルバム未収録
1972 "The World I Wish for You"
b/w "Down in the City"
"You, You, You"
b/w "Silly, Wasn't I?"
1974 "Baby We Can't Go Wrong"
b/w "Someone"
36
In My Life
"I'll Have to Say I Love You in a Song"
b/w "Never Run Out (Of You)"
"He Was a Writer"
b/w "Anything You Might Say"
アルバム未収録
1975 "Alfie Darling"
b/w "Little Bit of Understanding"
"I'll Take a Tango"
b/w "To Know Him Is to Love Him"
It Makes Me Feel Good
1976 "Little Things Mean a Lot"
b/w "It's Now!"
アルバム未収録
"Easy in Your Company"
b/w "I Believe (When I Fall in Love It Will Be Forever)"
1977 "Keep Your Mind on Love"
b/w "I Wanted to Call It Off"[注 1]
Modern Priscilla
1978 "Silly Boy"
b/w "I Couldn't Make My Mind Up"
"The Other Woman"
b/w "Opening Night"
1985 "There's a Need in Me"
b/w "You've Lost That Lovin' Feeling" (Re-recording)
Surprisingly Cilla
"Surprise, Surprise"
b/w "Put Your Love Where Your Heart Is"
1993 "Through the Years"
b/w "Through the Years" (ochestra version)[注 1]
54
Through the Years
"Heart and Soul"
(with Dusty Springfield)
b/w "A Dream Come True"
75
"You'll Never Walk Alone"
(with Barry Manilow)
b/w "You'll Never Walk Alone (Hope in your Heart mix)"
2003 "Step Inside Love"
(TS versus CB, re-recording)
アルバム未収録
2009 "Something Tells Me" (2009 remix)
[注 7]
"Step Inside Love" (Tommy Sandhu remixes, re-recording)
「—」はチャート圏外もしくはチャート対象外を示す。

アルバム[編集]

※「最高位」は全英アルバムチャートでの記録[4]

スタジオ・アルバム[編集]

タイトル 最高位
Cilla 1965 5
Is It Love?[注 2] 1965
Cilla Sings a Rainbow 1966 4
Sher-oo! 1968 7
Surround Yourself with Cilla 1969
Sweet Inspiration 1970 42
Images 1971
Day by Day with Cilla 1973
In My Life 1974
It Makes me Feel Good 1976
Modern Priscilla 1978
Especially for You 1980
Surprisingly Cilla 1985
Cilla's World 1990
Through the Years 1993 41
Beginnings: Greatest Hits & New Songs 2003 68
Beginnings: Revisited[注 7] 2009
Cilla All Mixed Up[注 7]
「—」はチャート圏外もしくはチャート対象外を示す。

コンピレーション・アルバム[編集]

タイトル 最高位
The Best of Cilla Black 1968 21
The Very Best of Cilla Black 1983 20
Love, Cilla 1993
You're My World – Her Greatest Hits 1995
1963-1973: The Abbey Road Decade 1997
The 35th Anniversary Collection 1998
The Essential Cilla Black 1999
Cilla Black: The Story 2001
The Best of Cilla Black
(Special Edition)
2002
Cilla: The Best of 1963-78 2003
Cilla in the 60s 2005
Cilla in the 70s
The Definitive Collection (A Life in Music) 2009
Completely Cilla: 1963-1973 2012
The Very Best of Cilla Black
[50th Anniversary Collection]
2013 1
Hit Singles 2015
Her All-Time Greatest Hits 2017
Cilla 2018 26
「—」はチャート圏外もしくはチャート対象外を示す。

主な出演番組[編集]

タイトル 役割
1966 Cilla at the Savoy 司会
1968 - 1976 Cilla 司会
1975 Cilla's Comedy Six 女優
1976 Cilla's World of Comedy 女優
1983 Cilla's Christmas Show 司会
1984 - 2001 Surprise Surprise 司会
1985 - 2003 Blind Date 司会
1993 Cilla's Celebrations スペシャルゲスト / 司会
1998 - 2001 The Moment of Truth 司会
2006 Soapstar Superstar 審査員
2006 - 2010 The Paul O'Grady Show ゲスト / 司会
2007 The Sunday Night Project ゲスト / 司会
2007, 2013 Room 101 ゲスト
2009 TV's Greatest Endings 司会
2009 - 2014 Loose Women レギュラー / ゲストパネリスト
2011 Benidorm 女優 / 本人役
2011 Never Mind the Buzzcocks ゲスト / 司会
2012 Cilla's Unswung Sixties 司会
2013 Your Face Sounds Familiar ゲスト審査員
The One & Only Cilla Black スペシャルゲスト

書籍[編集]

  • Step Inside(1985年、DentISBN 0-460-04695-0
  • What's It All About?(2003年、Ebury PressISBN 0-09-189036-5

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o アルバム未収録曲。
  2. ^ a b c アメリカ限定発売。
  3. ^ アルバム『Cilla』からのリカット。
  4. ^ オーストラリア限定発売。
  5. ^ アルバム『Surround Yourself with Cilla』からのリカット。
  6. ^ a b ニュージーランド限定発売。
  7. ^ a b c 配信限定作品。

出典[編集]

  1. ^ 和久井光司、326 『逆説?妄説?新説ビートルズ・ストーリー』音楽出版社、2003年、122頁。ISBN 4-9003-4081-2 
  2. ^ Black, Cilla (2009). What's It All About?. Ebury Publishing. p. 9. ISBN 1-4070-2516-3 
  3. ^ a b c d e Eder, Bruce. Cilla Black Biography, Songs & Albums - オールミュージック. 2021年10月4日閲覧。
  4. ^ a b c Cilla Black | full Official Chart History”. Official Charts Company. 2021年10月4日閲覧。
  5. ^ Bletchly, Rachael (2015年8月8日). “Cilla Black kept her love for Scottie Road even when she owned houses around the world”. Mirror Online (Reach plc). https://www.mirror.co.uk/tv/tv-news/cilla-black-kept-love-scottie-6221352 2021年10月9日閲覧。 
  6. ^ What's your name and where d'ya come from?”. Local History – Liverpool. BBC. 2021年10月9日閲覧。
  7. ^ St. Anthony's Church - Scotland Road”. Scotland Road 2003. Scottie Press. 2003年7月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年10月9日閲覧。
  8. ^ a b c Spitz 2005, pp. 264–265.
  9. ^ Laing, Dave (2015年8月2日). “Cilla Black obituary”. The Guardian. https://www.theguardian.com/tv-and-radio/2015/aug/02/cilla-black 2021年10月9日閲覧。 
  10. ^ a b “ビートルズが発掘したイギリスを代表する女性歌手シラ・ブラックが他界”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2015年8月3日). https://rockinon.com/news/detail/128724 2021年10月9日閲覧。 
  11. ^ Official Singles Chart Top 50”. Official Charts Company. 2021年10月9日閲覧。
  12. ^ Official Singles Chart Top 50”. Official Charts Company. 2021年10月9日閲覧。
  13. ^ Artist / Cilla Black - Billboard Database”. Billboard Database. 2022年11月20日閲覧。
  14. ^ a b Bobby Willis”. The Guardian (1999年10月25日). 2021年10月11日閲覧。
  15. ^ Hoffmann, Frank (2016). Chronology of American Popular Music, 1900-2000. Taylor & Francis. p. 286. ISBN 1-1358-6886-7 
  16. ^ Official Singles Chart Top 50”. Official Charts Company. 2021年10月11日閲覧。
  17. ^ BIOGRAPHY:Cilla Black Lifetime”. lifetimetv.co.uk. 2021年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年10月11日閲覧。
  18. ^ Eder, Bruce. Beginnings - Cilla Black | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年10月11日閲覧。
  19. ^ "No. 54625". The London Gazette (英語). 30 December 1996. p. 10.
  20. ^ Cilla is "so excited" to be a judge on ITV's new talent show 'Soapstar Superstar'”. CillaBlack.com. 2014年11月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年10月11日閲覧。
  21. ^ Eating with...”. BBC. 2021年10月11日閲覧。
  22. ^ Cilla Black to receive BAFTA Special Award”. Digital Spy (2014年5月9日). 2021年10月11日閲覧。
  23. ^ “Cilla Black to receive Bafta Special Award”. BBC News. (2014年5月9日). https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-27328953 2021年10月11日閲覧。 
  24. ^ Miles, Tina (2014年12月5日). “Liverpool showbiz legend Cilla Black honoured by Royal Television Society”. Liverpool Echo. http://www.liverpoolecho.co.uk/news/showbiz-news/liverpool-showbiz-legend-cilla-black-8238045 2021年10月11日閲覧。 
  25. ^ a b Kassam, Ashifa; Gayle, Damien (2015年8月3日). “Cilla Black may have died as result of an accident, say Spanish police”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/tv-and-radio/2015/aug/03/cilla-black-may-have-died-as-result-of-an-accident-say-spanish-police 2021年10月11日閲覧。 
  26. ^ Harley, Nicola (2015年8月6日). “Cilla Black may have had a chance of survival had she been found straight away”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/celebritynews/11786322/Cilla-Black-may-have-had-a-chance-of-survival-had-she-been-found-straight-away.html 2021年10月11日閲覧。 
  27. ^ “Cilla Black statue unveiled as Cavern Club celebrates 60 years”. BBC News. (2017年1月16日). https://www.bbc.com/news/uk-wales-38636662 2021年10月11日閲覧。 
  28. ^ Cilla Black statue unveiled at Cavern Club's 60th anniversary”. News.sky.com. 2021年10月11日閲覧。
  29. ^ Irish charts – searchable database”. Irishcharts.ie. 2021年10月11日閲覧。
  30. ^ Steffen Hung. “Forum – Chart Positions Pre 1989 Part 3 (ARIA Charts: Special Occasion Charts)”. Australian-charts.com. 2021年10月11日閲覧。
  31. ^ flavour of new zealand - search listener”. www.flavourofnz.co.nz. 2021年10月11日閲覧。
  32. ^ Results: RPM Weekly”. カナダ国立図書館・文書館. 2021年10月11日閲覧。
  33. ^ Cilla Black Chart History”. Billboard. 2021年10月11日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]