エヴリー・リトル・シング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビートルズ > 作品リスト > エヴリー・リトル・シング
ビートルズ > 曲名リスト > エヴリー・リトル・シング
エヴリー・リトル・シング
ビートルズ楽曲
収録アルバムビートルズ・フォー・セール
英語名Every Little Thing
リリース
  • 1964年12月4日
  • 1965年2月5日 (Japan single)
規格7インチシングル
A面日本の旗 ロック・アンド・ロール・ミュージック
録音
ジャンルロック
時間2分1秒
レーベル
作詞者レノン=マッカートニー
作曲者レノン=マッカートニー
プロデュースジョージ・マーティン
ビートルズ シングル 日本 年表
ビートルズ・フォー・セール 収録曲
ハニー・ドント
(B-3)
エヴリー・リトル・シング
(B-4)
パーティーはそのままに
(B-5)

エヴリー・リトル・シング」(Every Little Thing)は、ビートルズの楽曲である。1964年に発売された4作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズ・フォー・セール』に収録された。ポール・マッカートニーによって書かれた楽曲(クレジットはレノン=マッカートニー名義)だが、リード・ボーカルジョン・レノンの方が目立つアレンジとなっている。アメリカでは、1965年6月にキャピトル・レコードから発売された『ビートルズ VI』に収録された。日本では、シングル盤『ロック・アンド・ロール・ミュージック』のB面曲としても発売された。本作のコーラスでは、ティンパニも使用されている。

楽曲の発表後、イエスマーティン・ゴードン英語版らによってカバーされた。

背景[編集]

マッカートニーは、1997年に出版された自伝『Many Years from Now』で、当時住んでいた女優でガールフレンドのジェーン・アッシャーの家にある音楽室で「エヴリー・リトル・シング」を作ったと語っている[1][2]。なお、1964年のマッカートニーのインタビューを根拠に、同年8月下旬にビートルズが全米ツアーで立ち寄ったアトランティックシティで書かれた楽曲とする文献も存在する[3]。1980年の『プレイボーイ』誌のインタビューで、レノンは「彼の曲だ。僕も何か手伝ったかもしれないけど」と語っている[4]。作家のジョン・C・ウィンは、著書の中で「マッカートニーがロンドンで作曲を始め、アトランティックシティでレノンと2人で仕上げた」と結論づけている[5]

「エヴリー・リトル・シング」は、レノン=マッカートニーの作品では珍しく、パートナーの1人(本作ではマッカートニー)が主に作曲を手がけ、もう1人(本作ではレノン)がリード・ボーカルを担当している楽曲である[6][7]。マッカートニーは、ヴァースでレノンとユニゾンで歌っているが、レノンのリード・ボーカルの方が目立つアレンジとなっている[8][9]

レコーディング[編集]

ビートルズは、4作目のオリジナル・アルバム『ビートルズ・フォー・セール』のために「エヴリー・リトル・シング」のレコーディングを行なったが、当時ビートルズはツアーで世界をまわっていたことからレノンとマッカートニーのソングライターとしての生産性が低下している時期であった[10]。マッカートニーは、『Many Years from Now』の中で「シングル用の曲を作りたかった。でもこれは偉大なるシングル盤ではなく、アルバムの埋め合わせにしかならなかった。シングルにするのに必要な何かが欠けていたんだ」と語っている[11][2]

1964年9月29日にEMIスタジオで4テイク、9月30日に5テイク録音された[12]。本作のレコーディングについて、1964年にマッカートニーがエレクトリック・ギターのリフは、バンドのリードギタリストであるジョージ・ハリスンではなく、レノンが弾いたものであると発言したことにより、解説者の間で混乱が生じている[8]イアン・マクドナルド英語版ケネス・ウォマック英語版は、それぞれハリスンがリッケンバッカー・360/12で弾くリードギターのパートを担当し、レノンがアコースティック・ギターで弾くリズムギターのパートを担当したとしている[6][13]。ウィンもリードギターの演奏者にハリスンの名を挙げており、ベーシック・トラックと後のオーバー・ダビング時にハリスンはリッケンバッカーのギターを使用したと述べている[14]

テイク6はマッカートニーが歌っている途中でゲップをしたため演奏を中断、テイク7は完成テイクであるが爆笑で終わった[15]。本作は、マーク・ルイソン英語版曰く「エキゾチックな」楽器をビートルズの楽曲で初めて取り入れられた楽曲で、リンゴ・スターはコーラスにおいてティンパニを加えており、「she does」というフレーズに応えるかたちで[9]2拍叩いている[15]。音楽学者のウォルター・エヴェレット英語版は、本作におけるピアノのアレンジについて触れ、「この曲の最初のテイクでは、ハリスンによるエレクトリック・ギターのモチーフとして演奏しており、このパートはヴァースにおいて対旋律を奏でている」と述べている[16]。ティンパニとピアノ(後者はマッカートニーによる演奏)は、ギターのイントロとともに、テイク9にオーバー・ダビングされた[15]

1969年のゲット・バック・セッションのリハーサル時に、わずかながら演奏されており、当時のバンド内で本作が優れた曲の1つとして記憶されていた[8]。この時の演奏は、2003年に発売された『レット・イット・ビー...ネイキッド』に付属のCD『Fly on the Wall』に収録されている[17]

評価[編集]

音楽評論家のイアン・マクドナルドは、本作の「感情的な深さ」を称賛している[6]。『オールミュージック』のリッチー・アンターバーガー英語版は、「シングル曲の候補にも、ライブのレパートにも加えられなかったかもしれないが、興味深いテンポの変化と一級品のハーモニーを持つ、良いアップヒートの曲」と評している[18]。作家のマーク・ハーツガード英語版は「ジョンとポールの並外れた歌唱力を軸に、バンドがいかにして目立たない素材を実際よりも豊かに聴かせることができるのか」を示す楽曲の例として、本作と「パーティーはそのままに」の2曲を挙げている[19]。『ピッチフォーク・メディア』のトム・ユーイングは、「シャングリラス風のピアノとバスドラムによってメロドラマを思わせる推進力が与えられた素晴らしい楽曲」「はっきりとした物悲しさを感じさせ、『Yes, I know I'm a lucky guy(そうさ、僕は運のいいやつ)』というフレーズは、それを自分に言い聞かせているようにも聞こえる」と評している[20]

2010年に『ローリング・ストーン』誌が発表した「100 Greatest Beatles Songs」では、第91位にランクインしている[21][17]

ナショナル・パブリック・ラジオの『All Songs Considered』にゲスト出演したミュージシャンのマシュー・コーズ英語版は、「完璧な曲」として本作を選曲し、「歌詞はハッピーでシンプルだけど、メロディは悲しく、人を惑わせるような複雑さを持っている。この2つの異なる要素が、曲に深みを与えている」と評している[22]

クレジット[編集]

※出典[6][13]

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Miles 1997, p. 108.
  2. ^ a b Womack 2014, p. 267.
  3. ^ Guesdon & Margotin 2013, p. 190.
  4. ^ Sheff 2000, p. 205.
  5. ^ Winn 2008, p. 273.
  6. ^ a b c d MacDonald 2005, p. 128.
  7. ^ Pollack, Alan W. (1992年). “Notes on 'Every Little Thing'”. soundscapes.info. 2021年7月12日閲覧。
  8. ^ a b c Fontenot, Robert (2015年1月5日). “The Beatles Songs: 'Every Little Thing' – The history of this classic Beatles song”. oldies.about.com. 2015年9月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年7月12日閲覧。
  9. ^ a b Halpin 2017, p. 29.
  10. ^ Hertsgaard 1996, pp. 100, 105.
  11. ^ Miles 1997, p. 174.
  12. ^ Guesdon & Margotin 2013, pp. 190–191.
  13. ^ a b Womack 2014, pp. 267–268.
  14. ^ Winn 2008, pp. 273–274.
  15. ^ a b c Lewisohn 1988, p. 49.
  16. ^ Everett 2001, p. 258.
  17. ^ a b c Womack 2014, p. 268.
  18. ^ Unterberger, Richie. “Every Little Thing - Song Review”. AllMusic. All Media Network. 2010年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月12日閲覧。
  19. ^ Hertsgaard 1996, p. 105.
  20. ^ Ewing, Tom (2009年9月8日). “The Beatles Beatles For Sale”. Pitchfork. Condé Nast. 2021年7月12日閲覧。
  21. ^ 91. 'Every Little Thing'”. 100 Greatest Beatles Songs. Rolling Stone. 2021年7月12日閲覧。
  22. ^ Perfect Song: Artist Picks”. All Songs Considered. NPR. 2004年11月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年7月12日閲覧。
  23. ^ Eder, Bruce. Yes - Yes | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年7月12日閲覧。
  24. ^ Mason, Stewart. Forbidden Tones - Lou Ann Barton | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年7月12日閲覧。
  25. ^ Couture, Francois. Beatles in Blue(s) - Peter Lipa | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年7月12日閲覧。
  26. ^ Widran, Jonathan. The Joy of MOre Hogwash - Martin Gordon | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年7月12日閲覧。
  27. ^ Widran, Jonathan. Nothing Gonna Change My World - Barbara Dickson | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2021年7月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • Everett, Walter (2001). The Beatles as Musicians: The Quarry Men through Rubber Soul. New York, NY: Oxford University Press. ISBN 0-19-514105-9. https://archive.org/details/beatlesasmusicia00ever 
  • Guesdon, Jean-Michel; Margotin, Philippe (2013). All the Songs: The Story Behind Every Beatles Release. New York, NY: Black Dog & Leventhal. ISBN 978-1-57912-952-1 
  • Halpin, Brooke (2017). Experiencing the Beatles: A Listener's Companion: A Listener's Companion. Rowman & Littlefield Publishers. ISBN 1-4422-7144-2 
  • Hertsgaard, Mark (1996). A Day in the Life: The Music and Artistry of the Beatles. London: Pan Books. ISBN 0-330-33891-9 
  • Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. ISBN 0-517-57066-1 
  • MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). ISBN 1-84413-828-3 
  • Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt and Company. ISBN 0-8050-5249-6. https://archive.org/details/paulmccartneyman00mile 
  • Sheff, David (2000). All We Are Saying: The Last Major Interview with John Lennon and Yoko Ono. New York: St. Martin's Press. ISBN 0-312-25464-4. https://archive.org/details/allwearesayingla00lenn 
  • Winn, John C. (2008). Way Beyond Compare: The Beatles' Recorded Legacy, Volume One, 1962-1965. New York, NY: Three Rivers Press. ISBN 978-0-3074-5239-9 
  • Womack, Kenneth (2014). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. ISBN 978-0-313-39171-2 

外部リンク[編集]