ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年7月25日
1968年9月5日 - 6日
アビー・ロード・スタジオ
ジャンル ハードロック[1]
ブルース[2]
ロック[3]
時間 4分44秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 ジョージ・ハリスン
作曲者 ジョージ・ハリスン
プロデュース

ジョージ・マーティン

ビートルズ 日本 年表
ヘイ・ジュード
b/w
レボリューション
(1968年)
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
b/w
ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
(1969年)
ゲット・バック
b/w
ドント・レット・ミー・ダウン
(1969年)
その他収録アルバム

バングラデシュ・コンサート
ザ・ビートルズ1967年〜1970年 - 通称 青盤
ザ・ベスト・オブ・ジョージ・ハリスン
ライヴ・イン・ジャパン
ザ・ビートルズ・アンソロジー3
ラヴ

ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エブリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レボリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サボイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レボリューション9
  6. グッド・ナイト
ミュージックビデオ
「While My Guitar Gently Weeps (Remastered 2009)」 - YouTube
「While My Guitar Gently Weeps」 - YouTube

ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス (While My Guitar Gently Weeps) は、1968年に発表された2枚組アルバム『ザ・ビートルズ』(通称『ホワイト・アルバム』) に収録されているビートルズの楽曲。

作詞作曲はジョージ・ハリスンで、「サムシング」や「ヒア・カムズ・ザ・サン」と並んでジョージの代表曲のひとつとされ、ライブのレパートリーに必ずこの曲を加えていた。

解説[編集]

ローリング・ストーン(Rolling Stone)』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・ソング500」と「オールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100」、さらに「グレイテスト・ビートルズ・ソングス100」に於いて、それぞれ136位[4]と7位[5]、10位[6]にランクイン。

本作は、日本初のアップル・レコードからのシングル1969年に「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」のB面として発売された[7]。ちなみに日本でシングル発売された時のタイトルは「マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」と、何故か「ホワイル」が抜け落ちていた。

現在、この曲以降のジョージ作のビートルズ・ナンバーはジョージの個人楽曲出版社ハリソングス・コープスが保有しているが、この曲と同アルバムに収録されている「ピッギーズ」「ロング・ロング・ロング」「サボイ・トラッフル」の4曲は最初アップル・パブリッシング[注 1]が保有していた。

レコーディング[編集]

この楽曲は1968年7月25日にレコーディングが開始された。この日はジョージがギブソン・J-200を用いた弾き語りによるデモ音源となっており、[8][9]。同日にポール・マッカートニーが演奏するハーモニウムのオーバー・ダビングも行われている。この当時のヴァース部分の歌詞は完成版と異なり、「I look from the wings at the play you are staging / While my guitar gently weeps / As I'm sitting here, doing nothing but aging / Still my guitar gently weeps」と歌われていた[10]。ちなみにこの時の演奏は、1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』に収録された。

その後8月16日にバンド編成でのリメイクが開始された。9月3日のセッションでは初めて8トラックレコーダーが導入され[8]、逆回転のギターソロが加えられたが、このテイクは破棄された[11]

9月5日8月22日のセッションを最後に離脱していたリンゴ・スターが復帰し、基本トラックの作り直しに取りかかった[9]9月6日にエリック・クラプトンによるギターソロがオーバー・ダビングされて完成となった。

ギターソロは、ジョージの親友であるエリック・クラプトンが演奏している[12]。一説に、ジョージがこの曲の特徴であるギターの「泣き」を表現しようとしたが上手く出来ず、クラプトンに依頼した。また、この頃のグループの雰囲気の悪さを少しでも緩和するための配慮でもあった。実際、クラプトンがスタジオに姿を現すと「それまで不機嫌だったジョンとポールが急によそいきの態度に変わったんだ」とジョージ自身が語っている[13]。ここでの経験が、翌年の「ゲット・バック・セッション」でのビリー・プレストン起用に繋がっていった。

当初クラプトンは、「ビートルズの曲で演奏するなんて恐れ多くて……」と尻込みしており、相当なプレッシャーがかかっていた。これに対しジョージは、「これはビートルズの曲じゃなくて僕の曲だ。僕の曲の演奏を僕がやってくれと頼んでるんだから、気にしないでいいんだ」と説得した。

ラヴ・バージョン[編集]

2006年に行なわれたシルク・ドゥ・ソレイユによるビートルズを題材としたミュージカル『ザ・ビートルズ LOVE』において、本作が使用された。

1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』に収録のデモ・テイクをベースに、ジョージ・マーティンがスコアと編曲を手がけたオーケストラが加えられたアコースティック調のアレンジとなっている[14][15]ミュージカルのサウンドトラック盤にもこのアレンジが収録されている。

なお、ジョージ・マーティンがビートルズの曲に対してストリングス編曲を手がけたのは、本作が最後となる[14][15]

2016年に『ザ・ビートルズ LOVE』の初舞台から丸10年を迎えるのを記念し、このアレンジでのミュージック・ビデオが公開された。映像はミュージカルの世界観を表現したものとなっており、ミラージュ・ホテルラスベガス)公演での映像やネヴァダで撮影が行なわれたインサート映像で構成されている[16]

演奏[編集]

※出典[17][18][19]

収録シングル/アルバム[編集]

カバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ビートルズが設立したアップル・コアの傘下企業でジョン・レノンポール・マッカートニー以外の作品の版権を管理する会社。現在は解散している。

出典[編集]

  1. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (2nd rev. edn). Chicago, IL: Chicago Review Press. p. 300. ISBN 978-1-55652-733-3. 
  2. ^ Riley, Tim (2002) [1988]. Tell Me Why: A Beatles Commentary. Cambridge, MA: Da Capo Press. p. 268. ISBN 978-0-306-81120-3. 
  3. ^ Wyman, Bill. “All 213 Beatles Songs, Ranked From Worst to Best” (英語). Vulture. 2019年1月24日閲覧。
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]
  6. ^ [3]
  7. ^ Spizer, Bruce (2003). The Beatles on Apple Records. New Orleans, LA: 498 Productions. ISBN 0-9662649-4-0. 
  8. ^ a b Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970. New York, NY: Three Rivers Press. p. 209. ISBN 978-0-307-45239-9. 
  9. ^ a b Everett, Walter (1999). The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. p. 201. ISBN 978-0-19-512941-0. https://books.google.com/books?id=eTkHAldi4bEC&dq. 
  10. ^ Spizer, Bruce (2003). The Beatles on Apple Records. New Orleans, LA: 498 Productions. p. 106. ISBN 0-9662649-4-0. 
  11. ^ Lewisohn, Mark (2005) [1988]. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970. London: Bounty Books. p. 153. ISBN 978-0-7537-2545-0. 
  12. ^ Lewisohn, Mark (2005) [1988]. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970. London: Bounty Books. p. 154. ISBN 978-0-7537-2545-0. 
  13. ^ ビートルズ・アンソロジー」でのインタビュー
  14. ^ a b Watson, Greig (2006年11月17日). “Love unveils new angle on Beatles”. BBC. http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/6159426.stm 2020年1月23日閲覧。 
  15. ^ a b The Beatles 'LOVE' Podcast”. The Beatles (2007年1月11日). 2007年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月23日閲覧。
  16. ^ “ビートルズ、『LOVE』の10周年を記念して“While My Guitar Gently Weeps”の映像を公開”. NME Japan (ニュー・ミュージカル・エクスプレス). (2016年6月29日). https://nme-jp.com/news/22177/ 2020年1月23日閲覧。 
  17. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (2nd rev. edn). Chicago, IL: Chicago Review Press. p. 300-01. ISBN 978-1-55652-733-3. 
  18. ^ Everett, Walter (1999). The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. p. 201-02. ISBN 978-0-19-512941-0. https://books.google.com/books?id=eTkHAldi4bEC&dq. 
  19. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970. New York, NY: Three Rivers Press. p. 210. ISBN 978-0-307-45239-9.