ジェフ・ヒーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェフ・ヒーリー
ジェフ・ヒーリー (2002)
ジェフ・ヒーリー (2002)
基本情報
出生名 Norman Jeffrey Healey
出生 1966年3月25日
カナダオンタリオ州トロント
死没 2008年3月2日(満41歳没)
カナダオンタリオ州トロント
ジャンル ブルースロックブルースジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギタートランペットクラリネット
活動期間 1988年 - 2008年
レーベル アリスタ・レコード
ストーニー・プレイン
公式サイト www.JeffHealey.com

{{{Influences}}}

ジェフ・ヒーリー (Jeff Healey1966年3月25日 - 2008年3月2日) は、カナダギタリストシンガー。本名、ノーマン・ジェフリー・ヒーリー。1988年のデビュー当時はブルースロックを前面に押し出していたが、ジャズもプレイする。ヒザの上にギターを置き、上からフィンガーボードを押さえる独特の奏法でプレイする。

来歴[編集]

カナダのトロントに生まれたヒーリーは、1歳のときガンにより失明する[1]。3歳でギターを弾くようになり、17歳のときに初めてのバンドを結成した。

パトリック・スウェイジ主演の映画「ロード・ハウス」(1989年) に出演し、それがきっかけとなりアリスタ・レコードと契約。1988年にアルバムSee the Lightでデビューを果した。

アリスタからは、ジェフ・ヒーリー・バンド名義で計4枚のアルバムをリリースした。その後は、トラディショナルなジャズの作品も手がけている。また、地元トロントでは自身のクラブ"Jeff Healey's Road House"を経営。またラジオのDJも務めた。

2007年にはガンを取り除くために脚と肺の手術を受けている[2]。闘病生活を送りながらも演奏活動は続け、2008年に久々のブルースロック・アルバムMess of the Bluesを完成させた。そのリリースを目前に控えた2008年3月2日、トロントのセントジョセフ病院にてガンのために亡くなった。41歳だった[3]

ディスコグラフィー[編集]

  • 1988年 See the Light (Arista)
  • 1989年 Road House: The Original Soundtrack (Arista)
  • 1990年 Hell to Pay (Arista)
  • 1992年 Feel This (Arista)
  • 1995年 Cover to Cover (Arista)
  • 2000年 Get Me Some (Eagle)
  • 2002年 Among Friends (Stony Plain)
  • 2004年 Adventures in Jazzland (Stony Plain)
  • 2006年 It's Tight Like That (Stony Plain)
  • 2008年 Mess of Blues (Stony Plain)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]