マーク・リボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マーク・リボー
Muy divertido.jpg
基本情報
生誕 1954年5月21日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州ニューアーク
ジャンル 実験音楽フリー・ジャズオルタナティブ・ロック
職業 ギタリスト作曲家
担当楽器 ギターバンジョートランペット
レーベル アイランド・レコード
DIW
TZADIK
アトランティック・レコード
PI Recordings
共同作業者 ラウンジ・リザーズ
トム・ウェイツ
SION
エルヴィス・コステロ
ジョン・ゾーン
エレクトリック・マサダ
セラミック・ドッグ
公式サイト www.marcribot.com

マーク・リボー(Marc Ribot、1954年5月21日 - )は、アメリカ合衆国ギタリスト作曲家。主に実験音楽フリー・ジャズの分野で活動し、また、トム・ウェイツSIONエルヴィス・コステロ等のシンガーソングライターとも共演している。

来歴[編集]

ニュージャージー州ニューアーク出身。

1978年ニューヨークに移り、ジャック・マクダフウィルソン・ピケットのバック・バンドを経て[1]1984年ラウンジ・リザーズアート・リンゼイの後任として加入。個人では、ジョン・ゾーンのメジャー・デビュー作『The Big Gundown』の制作にも協力した。その後、ラウンジ・リザーズのメンバーとジャズ・パッセンジャーズを結成。

セッション活動[編集]

セッション・プレイヤーとしてジョン・ルーリーと共にトム・ウェイツレイン・ドッグ』(1985年)に参加、その後もウエイツのアルバム制作やツアー・メンバーに加わり、日本でリボーのプレイは高い評価を得る。日本のシンガー・ソングライターSIONのアルバム『春夏秋冬』(1987年)にも参加し、以後、SIONと親交を深めていった[2]。リボーの表現力は多くのシンガーに共感を得る存在となり、ビートニクアレン・ギンズバーグポール・マッカートニーが連名で発表したシングル「Ballad of the Skeletons(1996年)」に参加している。[3]

また音楽プロデューサーT-ボーン・バーネットの作品に関与してエルヴィス・コステロの『スパイク』(1989年)以降度々共演、2007年にはアリソン・クラウスロバート・プラントの『レイジング・サンド』に参加し、アルバム発表後のツアーにも参加、レッド・ツェッペリンの曲を演奏。矢野顕子との2008年のアルバム『akiko』の制作にも大きく寄与して、そのアイデアを生かしてレッド・ツェッペリンの曲を取り上げている。

ソロ、リーダー・グループ活動[編集]

1990年、初のリーダー・アルバム『Rootless Cosmopolitans』をAntilles Recordsから発表、自作曲に加え、ジミ・ヘンドリックスビートルズデューク・エリントンの曲を独自の解釈で演奏している。またノイズフリー・ジャズをミックスしたグループ、シュレックやキューバのギタリスト、アルセニオ・ロドリゲスの楽曲を演奏した『マーク・リボーと偽キューバ楽団』名義でライヴ活動を行うことで評価される。サルサの伝説、ジョー・バターンと共演する他、このバンドで日本にも2001年に来日している。単独のギター演奏によるパフォーマンスやアルバムをリリースしていてビートルズやアルバート・アイラーの曲はたびたび取り上げられている。また2005年にはインディペンデントのレーベルPI Recordingsから、アルバート・アイラーのトリビュート・アルバム『Spiritual Unity』をヘンリー・グライムスとのカルテットで発表。アイラーの微妙なヴィブラートをギターで表現している。リーダー名義ではないがジャズ・パッセンジャーズのヴィブラフォン奏者のビル・ウェアとのデュオ作「Sir Duke」でデューク・エリントンの楽曲を構築している。2007年には、トリオのセラミック・ドッグを結成、2008年にファースト・アルバム『パーティー・インテレクチュアルズ』発表。

ジョン・ゾーンの主宰するレーベルTZADIKから様々なカテゴリー(映画音楽現代音楽急進的ユダヤ音楽)のアルバムを制作している。

  • ギターそのものの特性を生かしたビブラート、スクラッチ、ピッキング・ノイズやアンプ、スピーカーを使った歪み、フィードバックなどに特徴があるのがマーク・リボーのギター・スタイルでもある。

共演アーティスト[編集]

「来歴」で触れたアーティストは除く。姓またはバンド名の五十音順。

他多数

公式サイトのバイオグラフィーおよびMarc Ribot>Credits(allmusic.com)を参考に選定。

ディスコグラフィー[編集]

リーダー・アルバム

  • Rootless Cosmopolitans(1990年)
  • Requiem for What's His Name(1992年)
  • Marc Ribot Plays Solo Guitar Works of Frantz Casseus(1993年)
  • Shrek(1994年)
  • Subsonic 1: Sounds of a Distant Episode(1994年)- フレッド・フリスとの連名
  • The Book of Heads(1995年)- ジョン・ゾーンとの連名
  • Don't Blame Me(1995年)
  • Shoe String Symphonettes(1997年)
  • The Prosthetic Cubans(1998年)
  • Yo! I Killed Your God(1999年)
  • Muy Divertido!(2000年)
  • Saints(2001年)
  • Scelsi Morning(2003年)
  • Soundtracks Volume 2(2003年)
  • Spiritual Unity(2005年)
  • Asmodeus: Book of Angels Volume 7(2007年)
  • Exercises in Futility(2008年)
  • Party Intellectuals(2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 『パーティー・インテレクチュアルズ』日本発売盤CD(DUJ-039)ライナーノーツ(前泊正人)
  2. ^ SION|Profile (BMGjapan.com)
  3. ^ Ballad of the Skeletons>Overview(allmusic.com)

外部リンク[編集]