ウィルソン・ピケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィルソン・ピケット
Wilson Pickett.png
ウィルソン・ピケット(1973年)
基本情報
別名 The "Wicked" Pickett
生誕 1941年3月18日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アラバマ州オートーガ郡プラットヴィル
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州デトロイト
死没 (2006-01-19) 2006年1月19日(64歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 バージニア州レストン
ジャンル R&Bソウルミュージック[1]
職業 ソウル歌手ソングライター
担当楽器 ボーカル
活動期間 1959年 - 2006年
レーベル アトランティック・レコードスタックス・レコードRCAレコードモータウン
共同作業者 ファルコンズ

ウィルソン・ピケット: Wilson Pickett1941年3月18日 - 2006年1月19日)は、アメリカソウルR&B歌手。センセーショナル・ナイチンゲイルズのジュリアス・チークス直系の激情型シャウター。男性サザン・ソウル・シンガーの代表的存在だった。

生涯[編集]

アラバマ州プラットヴィル生まれ。幼い頃からゴスペルを歌い、1950年代末にゴスペル歌手としてデビューする。のちにソウルに転向し、ファルコンズのメンバーとなる。なおファルコンズには、エディ・フロイド、ジョー・スタッブス、マック・ライスらが在籍したこともある。1964年アトランティック・レコードに移籍し、「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」(In The Midnight Hour)、「ダンス天国」(Land of 1000 Dances)といった、現在でもR&Bのスタンダードとなるヒット曲を放ち、1970年代以降も作品を発表し続けた。1971年にシングルとして発表された「Don't Knock My Love」は日本のテレビ番組でも使用された[注 1]

2006年1月19日にバージニア州レストンの病院で心臓発作のため死去した。

ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第68位[2]。また、1991年ロックの殿堂入りを果たしている[3]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『イッツ・トゥ・レイト』 - It's Too Late (1963年、Double L) ※『Great Wilson Pickett Hits』 (1965年、Wand)として再発
  • 『イン・ザ・ミッドナイト・アワー』 - In the Midnight Hour (1965年、Atlantic)
  • 『エキサイティング・ウィルソン・ピケット』 - The Exciting Wilson Pickett (1966年、Atlantic)
  • 『ウィッキド・ピケット』 - The Wicked Pickett (1967年、Atlantic)
  • 『サウンド・オブ・ウィルソン・ピケット』 - The Sound of Wilson Pickett (1967年、Atlantic)
  • 『アイム・イン・ラヴ』 - I'm in Love (1968年、Atlantic)
  • 『ザ・ミッドナイト・ムーヴァー』 - The Midnight Mover (1968年、Atlantic)
  • 『ヘイ・ジュード』 - Hey Jude (1969年、Atlantic)
  • 『ライト・オン』 - Right On (1970年、Atlantic)
  • 『イン・フィラデルフィア』 - Wilson Pickett In Philadelphia (1970年、Atlantic)
  • 『ドント・ノック・マイ・ラヴ』 - Don't Knock My Love (1971年、Atlantic)
  • 『ミスター・マジック・マン』 - Mr. Magic Man (1973年、RCA Victor)
  • 『ミズ・レナズ・ボーイ』 - Miz Lena's Boy (1973年、RCA Victor)
  • 『ピケット・イン・ザ・ポケット』 - Pickett in the Pocket (1974年、RCA Victor)
  • 『ジョイン・ミー』 - Join Me and Let's Be Free (1975年、RCA Victor)
  • 『チョコレート・マウンテン』 - Chocolate Mountain (1976年、Wicked)
  • A Funky Situation (1978年、Big Tree)
  • I Want You (1979年、EMI America)
  • Right Track (1981年、EMI America)
  • 『ウィルソン・ピケット』 - American Soul Man (1987年、Motown)
  • 『ソウル・サヴァイヴァー』 - It's Harder Now (1999年、Bullseye Blues/Rounder)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ライブ・イン・ジャパン』 - Live in Japan (1974年、RCA Victor)
  • Live and Burnin' – Stockholm '69 (2009年、Soulsville)
  • Wilson Pickett Show: Live in Germany 1968 (2009年、Crypt)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • The Best of Wilson Pickett (1967年、Atlantic)
  • The Best of Wilson Pickett, Vol. II (1971年、Atlantic)
  • 『グレイテスト・ヒッツ』 - Wilson Pickett's Greatest Hits (1973年、Atlantic)
  • 『ベスト・オブ・ウィルソン・ピケット』 - A Man and A Half: The Best of Wilson Pickett (1992年、Rhino)
  • The Very Best of Wilson Pickett (1993年、Rhino)
  • Take Your Pleasure Where You Find It: Best of The RCA Years (1998年、Camden)
  • 『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ウィルソン・ピケット』 - The Definitive Wilson Pickett (2006年、Warner Music TV/Atlantic)
  • Funky Midnight Mover: The Atlantic Studio Recordings (1962–1978) (2010年、Rhino Handmade)
  • 『ミスター・マジック・マン - コンプリート・RCA・スタジオ・レコーディングス』 - Mr. Magic Man: The Complete RCA Studio Recordings (2015年、Real Gone Music)
  • The Midnight Mover: Wilson Pickett & The Falcons (The Early Years 1957–1962) (2015年、Jasmine)
  • 『ダンス天国 (コンプリート・アトランティック・シングルスVOL.1)』 - Land Of 1000 Dances (The Complete Atlantic Singles Vol. 1) (2016年、Real Gone Music/Atlantic)
  • 『シングス・ボビー・ウーマック』 - Wilson Pickett Sings Bobby Womack (2017年、Kent Soul)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ TBS系で土曜20時に放送されていた『8時だョ!全員集合』の少年少女合唱隊の早口言葉のコーナーで、出演者が早口言葉を唱えてから次に他の出演者が早口言葉を唱えるまでの間のBGMとして使われていた。

出典[編集]

  1. ^ ウィルソン・ピケット soulmusic.com 2022年7月2日閲覧
  2. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Wilson Pickett”. 2013年5月26日閲覧。
  3. ^ Rock&Roll hall of Fame: Wilson Pickett”. 2014年3月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]