ザ・ベスト・オブ・ジョージ・ハリスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ベスト・オブ・ジョージ・ハリスン
ジョージ・ハリスンベスト・アルバム
リリース 1976年11月8日
ジャンル ロック
時間 45分04秒
レーベル Parlophone(UK)/Capitol(US)/EMIミュージック・ジャパン/オデオン(JPN)
専門評論家によるレビュー
ジョージ・ハリスン 年表
ジョージ・ハリスン帝国
(1975年)
ザ・ベスト・オブ・ジョージ・ハリスン
(1976年)
33 1/3
(1976年)
テンプレートを表示

ザ・ベスト・オブ・ジョージ・ハリスン』は、1976年11月8日に発表されたジョージ・ハリスンベスト・アルバムである。日本では同年12月20日にリリースされた。

解説[編集]

1976年ザ・ビートルズ時代からの10年契約が切れたことによってポール・マッカートニー以外のビートルズの元メンバーはEMIとの契約を更新せず、古巣EMI/アップル・レコードを離れた(ジョージはワーナー傘下の自己レーベル“ダーク・ホース”に、リンゴ・スターアトランティック・レコードに移籍、ジョン・レノンはどことも契約を交さずに活動休止)。それに伴って同年にパーロフォンから発売されたのがこのベスト盤である。

A面にビートルズ時代の彼のオリジナル曲7曲、B面にビートルズ解散後のシングルヒット曲6曲が収録されている。同時期にはポール以外のメンバーのベスト盤が相次いでリリースされたのだが、ジョンの『シェイヴド・フィッシュ』やリンゴの『想い出を映して』がどれもソロ時代のヒット曲から構成されていたのに対し、ジョージのアルバムだけがビートルズナンバーを交えた選曲となっていた。こういったソロ・アーティストとしての彼のキャリアを踏みにじるような選曲や、あたかも彼のダーク・ホース・レーベルからの移籍第1弾アルバム『33 1/3』のセールスを妨害しようとしているかのような発売日設定にジョージは当時、大変激怒したといわれている。『ビルボード』誌アルバム・チャートでは、最高位第31位を記録。『キャッシュボックス』誌では、最高位29位を記録と上位にランクされていないが、RIAAゴールド・アルバムを獲得している。日本ではオリコンチャートで最高51位だった。

収録曲[編集]

Side A
  1. サムシング - Something (3:02)
  2. 恋をするなら - If I Needed Someone (2:24)
  3. ヒア・カムズ・ザ・サン - Here Comes The Sun (3:07)
  4. タックスマン - Taxman (2:38)
  5. 嘘つき女 - Think For Yourself (2:21)
  6. フォー・ユー・ブルー - For You Blue (2:32)
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス - While My Guitar Gently Weeps (4:47)
Side B
  1. マイ・スウィート・ロード - My Sweet Lord (4:39)
  2. ギヴ・ミー・ラヴ - Give Me Love (Give Me Peace On Earth) (3:36)
  3. 二人はアイ・ラヴ・ユー - You (3:41)
  4. バングラ・デッシュ - Bangla Desh (4:00)
    シングルのみでリリースされた作品。ライヴ・ヴァージョンこそ『バングラデシュ・コンサート』に収録されているものの、オリジナル・アルバムには収録されていないため、現在のところシングル・ヴァージョンはこのアルバムでしか聴くことができない。
  5. ダーク・ホース - Dark Horse (3:54)
  6. 美しき人生 - What Is Life (4:20)