アイ・ウィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイ・ウィル
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
英語名 I Will
リリース 1968年11月22日 (1968-11-22)
録音
ジャンル フォークポップ[2]
時間 1分45秒
レーベル アップル・レコード
作詞者 レノン・マッカートニー
作曲者 レノン・マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ザ・ビートルズ 収録曲
ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード
(B-7)
アイ・ウィル
(B-8)
ジュリア
(B-9)
ミュージックビデオ

アイ・ウィル」(英語: I Will)は、ビートルズの楽曲。ビートルズの楽曲である。1968年に発売されたオリジナル・アルバム『ザ・ビートルズ』に収録された楽曲。レノン=マッカートニー名義となっているが、ポール・マッカートニーによって書かれた楽曲。マッカートニーのボーカルギター、「口ベース」を主体としたバラード。

イギリスやアメリカではシングル・カットされなかったが、フィリピンではシングル『オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ』のB面曲としてシングル・カットされた。

背景[編集]

「アイ・ウィル」は、1968年2月から4月にかけてインドリシケーシュに滞在していた時期に書かれた楽曲の1つだった。1968年春の段階でメロディはできていたが、歌詞はまだ出来上がっていなかった[3][4]。マッカートニーは、同じくインドに滞在していたドノヴァンに曲を聴かせ、それに合った歌詞を考え出そうと試み、ドノヴァンは「月」を題材にした歌詞を考えたが、これには満足することはなかった[5][4]。インドからの帰国後、5月にイーシャーにあるジョージ・ハリスンの自宅で、後に発売されたアルバム『ザ・ビートルズ』のデモをまとめる作業が行われたが、この時点でも未完成であったため、本作が採り上げられることはなかった[4]。この4か月後にマッカートニーは歌詞を書き上げた[4]

本作について、マッカートニーは「今も自分が書いたメロディの中で、最も気に入っているものの1つ」と語っている[4]

レコーディング[編集]

「アイ・ウィル」のレコーディングは、1968年9月16日にEMIスタジオの第2スタジオで開始され、翌日にオーバー・ダビングが行われた[6][1]。ベーシック・トラックは67テイクで録音された[7][1]。なお、ジョージ・ハリスンは本作のセッションに参加していない[8][9][注釈 1]

本作のレコーディングにおいて、リンゴ・スタージョン・レノンパーカッションを演奏した。スターはスネアドラムリムショットでリズムを刻み、控えめにシンバルキックドラムタムタムも使用された[1]。一方レノンは、時折マラカスを振りながら、スカルを叩いてリズムを刻んだ[1]。同日にレコーディングされたテイク1は、1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』に、テイク3は2018年に発売された『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) 〈スーパー・デラックス・エディション〉』に収録された[10]

テイク19とされているテイクでは、ジャム・セッションが行われた[7]。これは後に「Can you take me back?」と題され、「クライ・ベイビー・クライ」終了後に付け加えられた形で収録された[11]。この他にも「ロス・パラノイア」、「ステップ・インサイド・ラヴ[注釈 2]、「ブルー・ムーン[注釈 3]、「The Way You Look Tonight」[注釈 4]も演奏され、「the Way You Look Tonight」以外の楽曲は、2018年に発売された『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) 〈スーパー・デラックス・エディション〉』に収録された[10]

テイク29では、マッカートニーがアドリブで「I will」の部分を「I won't」と歌い、それに対してレノンが「Yes you will」と返答して、演奏が中断している。このテイクも2018年に発売された『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) 〈スーパー・デラックス・エディション〉』に収録された[12]

テイク65の後に、レノンは「これで決まりだ、違うか?」と尋ねた[12]。このレコーディングは8トラック・レコーダーに移されたのち、テイク68とナンバリングされた[12]

9月17日にマッカートニーは、トラック5に口真似したベースのパートを録音し、ミドルエイトと最後のセクションにマラカスが追加された。なお、マッカートニーはこの時に12弦ギターでいくつかフレーズを演奏している。

1968年9月26日にモノラル・ミックス、10月14日にステレオ・ミックスが作成された[12]。なお、モノラル・ミックスとステレオ・ミックスとでは差異があり、マッカートニーによるスキャット・ベースがステレオでは冒頭から入っているが、モノラルでは2番目のヴァースから入ってくる[12]。いずれのミックスもミドルエイト以降、マッカートニーのリード・ボーカルにADTがかけられた[12]

リリース[編集]

「アイ・ウィル」は、1968年11月22日にアップル・レコードから発売されたオリジナル・アルバム『ザ・ビートルズ』のB面8曲目に収録された[13]。楽曲中では南アメリカを彷彿させるリズムがリズムが取り入れられており、マッカートニーは1968年のラジオ・ルクセンブルク英語版でのインタビューで「ハンブルグで巡業をしていた僕たちは、一晩中ロックを演奏していたわけじゃない。『マンボをやれ。ルンバはできるのか?』なんて言ってくる勤め人達もいたからね。ずっと『いや、できない』と言ってるわけにもいかなかったから、僕らも少しばかりマンボやルンバを演奏するようになった。だからこの手の曲には、ラテンアメリカのロマンティックな『イパネマの娘』みたいなところがある」と語っている[14][4]

アルバム『ザ・ビートルズ』の発売50周年に連動して、インディペンデント誌のジェイコブ・ストールワーシーはアルバムに収録された30曲の中から12位に選出した。ストールワーシーは、本作について「誰もマッカートニーのようなラブソングを簡単に書けないということを証明した楽曲」と評した[15]

演奏[編集]

※出典[1]

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ホワイト・アルバムの録音中、ビートルズはしばしば別々のスタジオで録音することが多かった。
  2. ^ シラ・ブラック英語版に提供した楽曲。
  3. ^ 1934年にロレンツ・ハート英語版によって作詞、リチャード・ロジャースによって作曲された楽曲。
  4. ^ 「アイ・ウィル」と同じ趣旨の楽曲。この曲は現在も未発表となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g White Album 2018, p. 22.
  2. ^ Lewis, Michael (2009). 100 Best Beatles Songs: A Passionate Fan's Guide. Running Press. p. 163. ISBN 1603762655 
  3. ^ Miles 1994, p. 348.
  4. ^ a b c d e f White Album 2018, p. 21.
  5. ^ Margotin & Guesdon 2013, p. 486.
  6. ^ Winn 2009, p. 211-212.
  7. ^ a b Lewisohn 1988, p. 155.
  8. ^ MacDonald 2005, p. 315.
  9. ^ ルウィソーン, マーク (1998) [1990]. ビートルズ/レコーディング・セッション. 内田久美子(訳). シンコー・ミュージック. p. 193-194. ISBN 978-4401612970 
  10. ^ a b White Album 2018, p. 22-23.
  11. ^ Margotin & Guesdon 2013, p. 486-487.
  12. ^ a b c d e f White Album 2018, p. 23.
  13. ^ Lewisohn 1988, p. 163, 200.
  14. ^ Winn 2009, p. 224.
  15. ^ Stolworthy, Jacob (2018年11月22日). “The Beatles' White Album tracks, ranked – from Blackbird to While My Guitar Gently Weeps”. The Independent (Independent News & Media). https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/features/the-beatles-white-album-tracks-ranked-paul-mccartney-john-lennon-george-harrison-50-anniversary-a8643431.html 2020年9月15日閲覧。 
  16. ^ Hugh Masekela - Reconstruction (1970, Vinyl)”. Discogs. Zink Media. 2020年9月15日閲覧。
  17. ^ John Holt - 2000 Volts Of Holt”. Discogs. Zink Media. 2020年9月15日閲覧。
  18. ^ Viglione, Joe. Read My Lips - Tim Curry | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月15日閲覧。
  19. ^ Batdorf, Rodney. Songs from a Parent to a Child - Art Garfunkel | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月15日閲覧。
  20. ^ Paradise Found - Tuck & Patti | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月15日閲覧。
  21. ^ Jarnow, Jesse. Live Phish, Vol. 13: 10/31/94, Glens Falls Civic Center, Glens Falls, NY - Phish | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月15日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]