アイ・ウィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイ・ウィル
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年9月16日
ジャンル ロック
フォークソング
時間 1分48秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン・マッカートニー
作曲者 レノン・マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
その他収録アルバム
ザ・ビートルズ・アンソロジー3
ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト

アイ・ウィル」(I will)はビートルズの楽曲。

解説[編集]

1968年に発売されたアルバム『ザ・ビートルズ』(通称・ホワイト・アルバム)に収録されているポール・マッカートニー作のアコースティックな曲。ポールは、リードボーカル、ギター、「ボーカル・ベース」を担当。

ポールが恋人たるリンダ・イーストマン(のちの妻)への愛を歌った最初の曲(後に、「恋することのもどかしさ」「トゥ・オブ・アス」「ラヴリー・リンダ」「マイ・ラヴ」)。

録音[編集]

レコーディング・=セッションはジャム・セッションになり、「Can you take me back」(「クライ・ベイビー・クライ」の曲が終わってから流れる断片。ホワイト・アルバムの大抵のミックスで聴ける)と「ロス・パラノイア」(ザ・ビートルズ・アンソロジー3に収録)を生み出した。

録音は1968年9月16日17日に行なわれた。16日の録音では67ものテイクが重ねられ、ベストテイクとされた第65テイクに翌17日、ポールによるコーラス・ベースを模したスキャット・セカンドアコースティックギターがダビングされた。ちなみに、ジョージ・ハリスンは参加していない。[1]ホワイト・アルバムの録音中、ビートルズはしばしば別々のスタジオで録音していたのだ。

演奏[編集]

  • ポール・マッカートニー - ボーカル、アコースティック・ギター、スキャット・ベース(口ベース)
  • ジョン・レノン - パーカッション
  • リンゴ・スター - シンバル、ボンゴ、マラカス
クレジットはイアン・マクドナルドによる[2]

ミキシング[編集]

モノラル・ミックスとステレオ・ミックスとではミキシングによる差異がある。ポールによるスキャット・ベースがステレオではイントロから入っているが、モノラルでは1回目の"I will"から入ってくる。

備考[編集]

  • 別バージョンの「アイ・ウィル」は1996年10月に『アンソロジー3』に収録された。このバージョンは最初に録音されたテイク。

脚注[編集]

  1. ^ マーク・ルウィソーン『ビートルズ/レコーディング・セッション』内田久美子訳、シンコー・ミュージック、1990年、193-194頁
  2. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised Edition ed.). London: Pimlico (Rand). pp. 315. ISBN 1-844-13828-3.