ウォッチング・レインボーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウォッチング・レインボーズ (Watching Rainbows) は、ビートルズ1969年1月14日のトゥイッケナム・セッション(通称ゲット・バック・セッション)において演奏した、ジョン・レノン作の曲である。ルーフトップ・コンサートで演奏された『アイヴ・ガッタ・フィーリング』の原型といわれる。

セッション[編集]

このセッションが行われる5日前にジョージ・ハリスンが一時的にビートルズを脱退したため、この日のセッションにハリスンは参加していない。レノンがリードボーカル電子ピアノポール・マッカートニーリードギターリンゴ・スタードラムをそれぞれ担当している。14日はこの3人で「ミーン・ミスター・マスタード」と「Madman」(未発表曲)とのメドレーという形で「ウォッチング・レインボーズ」を演奏している[1][2]。曲はフェード・インして始まり、歌詞の中には「Standin' in the garden, waitin' for the English sun to come 」という「アイ・アム・ザ・ウォルラス」と共通するフレーズが出てくる。

なお、ハリスンは前日の1月13日に一時ビートルズに戻り、今後のグループのあり方について他のメンバーとディスカッションを行っているが、結果はビートルズ結成以来最悪といわれるほど解散の危機を深刻化しただけに終わっている。

歌詞・内容[編集]

内容的には、貧困に喘いでいる男が「虹を夢見るだけでなく、その夢を自分の力で摑みたい」と望む前向きなものである。後にレノンがソロで発表する『マザー』と共通する、母への想いを歌っている部分も見受けられる。しかし、後半部分になると歌詞は次第に過激になり、「Whatever you do you gotta kill somebody to get what you wanna get」(手に入れたいと望むなら誰かを殺してでもやってみろ)という、ビートルズとしては非常に珍しい物騒な歌詞が現われる。また、サビの部分でレノンが「shoot me!」(私を撃って)と歌っているように聞こえる部分があり、これを後のレノン射殺事件とリンクさせる噂が一時期立ったが、実際にはレノンは「shoot big!」(でかいシュート)と歌っていることが判明している[注釈 1]

収録アルバム[編集]

『ウォッチング・レインボーズ』は公式アルバムには収録されていない未発表曲の扱いを受けている。アウトトラックや未発表曲を集めた『ザ・ビートルズ アンソロジー』の収録曲からも洩れている。現在、非公式にリリースされたアウトテイクアルバムかブートレグでのみ聴取可能である。一説によると『アビイ・ロード』の直前にレコーディングされたといわれるアルバム『ホット・アズ・サン』の収録曲としてラインナップされていたというが、このアルバムの存在自体がまったくの虚構であったことが判明している。

1978年には同名の海賊盤がリリースされた[3]

演奏[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお、「カム・トゥゲザー」では、実際に「shoot me!」と言っている。

出典[編集]

  1. ^ Sulpy, Doug; Schweighardt, Ray (1999). Get Back: The Unauthorized Chronicle of the Beatles' 'Let It Be' Disaster. New York: St. Martin's Griffin. pp. 201–2. ISBN 978-0-312-19981-4. 
  2. ^ Unterberger, Richie (2006). Unreleased Beatles Music and Film. San Francisco: Backbeat Books. pp. 232, 247–8. ISBN 978-0-87930-892-6. 
  3. ^ Miscellaneous Features”. aboutthebeatles. 2018年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]