スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタンド・バイ・ミー
ベン・E・キングシングル
初出アルバム『ドント・プレイ・ザット・ソング』
B面 オン・ザ・ホライズン
リリース
ジャンル ソウルR&B
時間
レーベル アトコ・レコード
作詞・作曲 ベン・E・キング、ジェリー・リーバーマイク・ストーラー
プロデュース ジェリー・リーバー、マイク・ストーラー
チャート最高順位
ベン・E・キング シングル 年表
ファースト・テイスト・オブ・ラブ
(1961年)
スタンド・バイ・ミー
(1961年)
アモール
(1961年)
テンプレートを表示

スタンド・バイ・ミー」(Stand by Me)は、1961年11月にアメリカで発表された、ベン・E・キングのシングルレコードジョン・レノンなど多くのミュージシャンにカバーされている。

概要[編集]

元々黒人霊歌の「Lord,Stand by Me」という曲であり、これにインスパイアされた形で生まれた[1]

作詞・作曲はベン・E・キングジェリー・リーバーマイク・ストーラーで、発売当時はBillboard Hot 100にて4位まで達した。当初、所属していたドリフターズへの書き下ろしだった。アナログ・レコードの時代には、音盤によってはリーバー&ストーラーが別名クレジットのレコードも発売された。リーバー&ストーラーはクローバーズの「ラブ・ポーションNo.9」、ビッグママ・ソーントンの「ハウンドドッグ」、ウィルバート・ハリソンの「カンザス・シティ」などソウル、R&Bの名曲を多数作曲した名コンビだった。

1975年に、ジョン・レノンがカヴァー・アルバム『ロックン・ロール』で「スタンド・バイ・ミー」を取り上げ[2]、3月10日にシングルリリースしている[3]。全米で20位、全英30位。

1980年、ミッキー・ギリーのカバー・バージョンがビルボードのカントリー・チャートの1位を記録した。1986年には同名映画の主題歌になり、Billboard Hot 100にて9位とリバイバルヒットした。日本でもオリコン洋楽シングルチャートで1987年5月11日付から4週連続1位を獲得した[4]

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500』に於いて、122位にランクインした。BMI調べによる「20世紀アメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」のランキングでは、700万回以上のオンエアで4位にランクインされた[5]。2012年12月28日にBBC Fourが放送した『ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド』 (The Richest Songs in the World) で、音楽著作権で史上最も稼いだ曲の第6位に選出された[6]

2000年代に再作成されたプロモーションビデオには、映画に出演した2名と一緒に歌うシーンがあるが、エンディングの古き時代の品々の中に、当時非常に数少ないアメリカへ輸出されたNECPC-8001が製品名をマスキングされながらも映っている[7]

ショーン・キングストンの「Beautiful Girl」はスタンド・バイ・ミーを基にしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ウェルズ恵子『魂をゆさぶる歌に出会う――アメリカ黒人文化のルーツへ』 (岩波ジュニア新書)。
  2. ^ Urish, Ben; Bielen, Ken (2007). "What You Got, 1973–1975". In James E. Perone (ed.). The Words and Music of John Lennon. The Praeger Singer-Songwriter Collection. Westport, Connecticut: Greenwood Publishing Group. pp. 66–67. ISBN 978-0-275-99180-7.
  3. ^ シングルB面は「ようこそレノン夫人(”Move Over Ms. L”)」
  4. ^ オリコンのデータ協力による “全曲、80年代の週間オリコンチャートNo.1” の洋楽コンピが登場!、ソニーミュージック、2017年8月8日。
  5. ^ BMI Announces Top 100 Songs of the Century、BMI.com、1999年12月13日。
  6. ^ ザ・ビートルズ「イエスタデイ」、著作権で史上最も稼いだ曲のトップ10入り、BARKS音楽ニュース、2013-01-04 10:09:36。
  7. ^ Ben E. King - Stand By Me[1]

関連項目[編集]