ザ・ビートルズ・クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ザ・ビートルズ・クラブは、日本におけるビートルズのオフィシャル・ファンクラブである。略称はBCC。現在の会長は斉藤早苗[1]

沿革[編集]

  • 1966年、ビートルズが来日した年にその前身である「ビートルズ研究会」が発足。
  • 1967年、ビートルズの映画上映会を中心として活動を行っていたため、「ザ・ビートルズ・シネ・クラブ」と改名。
  • 1980年12月、元ビートルズのメンバーであるジョン・レノンが殺害された後(12月8日)、多くのファンからの要望によりジョン・レノン追悼集会を開催。
  • 1996年4月、名称を現在の「ザ・ビートルズ・クラブ」に変更。
  • 2000年12月8日北沢タウンホールにてジョン・レノン没後20周年追悼イベントを開催。ヘイ・ブルドッグPVなどの貴重なフィルム上映や押葉真吾らによるライブが行われた。

主な活動内容[編集]

月刊会報誌:『月刊 ザ・ビートルズ』(BCC出版)の編集・発行[2]

  • 長期連載:「ビートルズ全曲紹介」、「ベス子に聞け!」、ビートルズの解散直後から2001年までを日付ごとに掲載した書籍の翻訳、「真相!ゲット・バックセッション」・「ビートルズ使用楽器」。
  • 2017年-:ピート・ショットンによるジョンとビートルズの回想録の連載を開始。2018年からビートルズ関連人物紹介の連載開始。
  • 1980-90年代:復刊した「ザ・ビートルズ・マガジン」と提携し、最新情報やトニー・バウロウの回想録を掲載。(2000年代に終了)

その他:トリビュート・イベントの企画・開催。ビートルズに関する研究・執筆・出版活動など。

  • 1985年:1984年の年末に公開されたポールの映画「ヤア!ブロードストリート」のストーリーブックを発刊。(斎藤会長がメイキングとストーリーとポールのプライベートの部を、財津和夫がポールが収録曲を語る部分を翻訳)

脚注[編集]

外部リンク[編集]