北沢タウンホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北沢タウンホール
北沢タウンホール の外観
情報
正式名称 北沢区民会館
完成 1990年
収容人員 294人
用途 各種イベント
運営 アクティオ(指定管理者)
所在地 東京都世田谷区北沢2-8-18
位置 北緯35度39分43.8秒
東経139度40分10.9秒
座標: 北緯35度39分43.8秒 東経139度40分10.9秒
アクセス 小田急電鉄京王電鉄下北沢駅徒歩5分

北沢タウンホール(きたざわタウンホール)は東京都世田谷区北沢にある多目的ホール。

概要[編集]

正式名称は北沢区民会館。立地条件の良さと、比較的格安な会場使用料のため、年間の稼働率が95%となっており、日本一忙しいホールのあだ名がつけられた。座席数は最大294名。演劇、演芸、演奏会、展示会、格闘技など、あらゆるイベントに対応できる。

また、集会室、スカイサロンも備えている。

アクティオ株式会社が指定管理者となっている。

また、1階には小田急シティバスの折返所が設置されている。

PWCがこの会場を使用して以降、立地条件や使用料の安さから、かつてはインディー系のプロレス団体が頻繁に興行を行っていた(PWCの実質後身たるDDTプロレスリングの旗揚げ戦も同所)が、一部の団体のマナーの悪さ(月初めに行われる、当月の使用者に対する説明会に来ない、場外乱闘等で会場内の備品を壊す等)が原因で、一時はプロレスの興行が締め出された事があったが、現在は緩和されている。ただし、競争倍率が激しい事と、他に興行が行える小規模な会場が増えたため、現在はプロレスの興行は減少している。なお、2012年にはプロレスリング・ノアが初めて使用した。

プロレス興行が締め出されてからは修斗を始めとする総合格闘技キックボクシングの興行が多く開かれるようになった。プロボクシングでは、日本ボクシングコミッション(JBC)が女子を公認する前に存在した日本女子ボクシング協会(JWBC)の事務局(山木ジム内)が至近にあったことからJWBCが管轄する大半の興行が開かれており、また、JBCが公認する興行にも使用されたことがある(角海老宝石ボクシングジムなど)。

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]