ルベッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
The-rubettes-2013-1383466330.jpg


ルベッツ(The Rubettes)
別名 ルーベッツ
ジャンル ロック (音楽)
活動期間 1973年10月〜現在
レーベル ポリドール・レコード、ステート・レコード
共同作業者

ウェイン・ビッカートン

トニー・ワディントン
メンバー アラン・ウィリアムス、ミック・クラーク、ジョン・リチャードソン、マーク・ヘイリー
旧メンバー ビル・ハード、トニー・ソープ、ピーター・アーニセン、ポール・ダ・ヴィンチ

ルベッツ(The Rubettes、ルーベッツとも)は1974年にデビューしたイギリスバンド1982年に一時解散し、1985年に再結成した。

メンバーは何度か入れ変わったが、2000年以降はデビュー当時のメンバーであるアラン・ウィリアムズ、ジョン・リチャードソン、ミック・クラークの3人と新たにマーク・ヘイリーを加えた4人で活動を続けている。 ヨーロッパ各国において今なお多くの支持を受け、TVやコンサート、ライブなどに出演している。

メンバー[編集]

  • アラン・ウィリアムズ(Alan Williams, 1950年12月22日 - ):ボーカル、ギター
    ほとんどの曲でリードボーカルを担当する。解散後はソロ活動をする。現在ルベッツのリードボーカルとして活動。
  • ミック・クラーク(Mick Clarke, 1946年8月10日 - ):ベースギター、ボーカル、パーカッション、ハーモニカ
    解散後はスタジオ・ミュージシャンとして活動。現在ルベッツのメンバー、ベースギター担当。
  • ジョン・リチャードソン(John Richardson, 1947年5月3日 - ):ドラムス、ギター、ハーモニカ、ボーカル
    脱退後は信仰療法者として活動するも2000年に復帰。現在ルベッツのドラムス担当。
  • トニー・ソープ(Tony Thorpe,1947年7月20日 - ):ギター、ドラムス、ピアノ、ボーカル
    1978年脱退。
  • ビル・ハード(Bill Hurd,1948年8月11日 - ):キーボード
    2000年脱退。ビルハードをフィーチャーするルベッツを結成するために脱退。
  • ピーター・アーニセン(Peter Arnesen,1947年8月25日 - ):キーボード
    デビュー後間もなくして脱退。
  • アレックス・バインズ(Alex Bines,1955年7月23日 - ):ドラムス
    2000年脱退。
  • マーク・ヘイリー(Mark Haley, 1961年2月2日 - ):キーボード
    キンクスのキーボード。2000年から現在のルベッツに参加。
  • ポール・ダ・ヴィンチ (Paul Da Vinci) : ボーカル
    1973年に在籍していた。大ヒット曲、シュガー・ベイビー・ラヴのリードボーカルを担当。シュガーベイビーラヴの録音セッションに参加したが別のレコード会社(ペニー・ファーシング)と契約をしたため音声を残し脱退。すなわちシュガー・ベイビー・ラヴ以降の作品のレコーディングには参加していない。

シュガー ベイビー ラヴについて[編集]

デビューシングルのシュガー・ベイビー・ラヴはグループに参加せず脱退したポール・ダ・ヴィンチによって録音されたものである。彼のボーカルトラックがプロデューサーなどによって大好評であったため別のボーカルで録音し直すことなく発売された。B面もポールのボーカルトラックで発売された。 その後のライブやテレビ出演の時などは、ジョン・リチャードソンの紹介のもと加入した新ボーカリストであるアラン・ウィリアムスによって歌われた。 2番目のシングルとなるトゥナイトからアラン・ウィリアムスのボーカルで発売された。

作品[編集]

Albums[編集]

  • Wear It's At (1974)
  • We Can Do It (1975) - UK #41
  • Rubettes (1975)
  • Sign Of The Times (1976)
  • Baby I Know (1977)
  • Sometime In Oldchurch (1978)
  • Still Unwinding (1978)
  • Riding On A Rainbow (1992)
  • Making Love In The Rain (1995)

UK Top 40 Singles[編集]

  • "Sugar Baby Love" (January 1974) - UK #1; U.S. Billboard Hot 100 #37
  • "トゥナイト" (July 1974) - UK #12
  • "Juke Box Jive" (November 1974) - UK #3
  • "I Can Do It" (March 1975) - UK #7
  • "Foe-Dee-O-Dee" (June 1975) - UK #15
  • "Little Darling" (October 1975) - UK #30
  • "You're The Reason Why" (April 1976) - UK #28
  • "Under One Roof" (August 1976) - UK #40
  • "Baby I Know" (January 1977) - UK #10

外部リンク[編集]