ラボック (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラボック (Lubbock) は、アメリカ合衆国テキサス州の北西部にある人口20万人ほどの都市である。市名の由来は、南北戦争にさかのぼる。当時の警察組織であるテキサスレンジャーズの一員で南部同盟の大佐であった w:Thomas S. Lubbock にちなんでいる。

綿花栽培が盛んである。は少ないが、オガララ帯水層 (Ogallala Aquifer) からの地下水が豊富である。ラボックの北西部にテキサス工科大学がある。1950年代後半のロックスター、バディ・ホリーの生誕地でもある。

歴史[編集]

地理[編集]

ラボックは北緯33度33分53秒西経101度52分40秒 (33.564735, -101.877793)[1]に位置している。

アメリカ合衆国統計局によると、この都市は総面積297.6 km2 (114.9 mi2) である。このうち297.4 km2 (114.8 mi2) が陸地で0.3 km2 (0.1 mi2) が水域である。総面積の0.09%が水域となっている。

気候[編集]

ケッペンの気候区分ではステップ気候に区分される。降水は冬は少ないが、初夏と秋にやや降水が多くなる。冬も日照が多く昼間を中心に温暖であるが朝晩は氷点下まで冷え込み、時折寒気の影響を受け降雪がみられる。夏は高温かつ乾燥・多日照であり、35℃前後まで最高気温が上がる日も多い。

ラボック (テキサス州) (平年値 1981–2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 31
(87)
32
(89)
35
(95)
40
(104)
43
(109)
46
(114)
43
(109)
42
(107)
41
(105)
38
(100)
32
(90)
28
(83)
46
(114)
平均最高気温 °C (°F) 12.3
(54.1)
14.9
(58.9)
19.3
(66.7)
24.1
(75.4)
28.8
(83.8)
32.6
(90.6)
33.8
(92.8)
32.9
(91.3)
29.2
(84.5)
24
(75.2)
17.6
(63.6)
12.3
(54.1)
23.5
(74.3)
平均最低気温 °C (°F) −3.1
(26.4)
−1.1
(30.1)
2.8
(37.0)
7.6
(45.7)
13.3
(55.9)
17.9
(64.2)
19.8
(67.7)
19.2
(66.6)
14.9
(58.8)
8.8
(47.9)
2.2
(35.9)
−2.7
(27.1)
8.3
(47.0)
最低気温記録 °C (°F) −27
(−16)
−27
(−17)
−19
(−2)
−8
(18)
−3
(27)
4
(39)
9
(49)
6
(43)
1
(33)
−8
(18)
−18
(−1)
−19
(−2)
−27
(−17)
降水量 mm (inch) 16.5
(0.65)
19
(0.75)
27.9
(1.10)
35.8
(1.41)
58.4
(2.30)
77.2
(3.04)
48.5
(1.91)
48.5
(1.91)
63.8
(2.51)
49
(1.93)
21.6
(0.85)
19.3
(0.76)
485.6
(19.12)
降雪量 cm (inch) 6.6
(2.6)
4.1
(1.6)
1.5
(0.6)
0.5
(0.2)
0
(0.0)
0
(0.0)
0
(0.0)
0
(0.0)
0
(0.0)
2.3
(0.9)
5.8
(2.3)
20.8
(8.2)
平均降水日数 (≥ 0.01 in) 3.7 4.5 5.0 4.8 7.3 8.2 6.2 6.9 5.8 5.7 3.8 4.4 66.3
平均降雪日数 (≥ 0.1 in) 1.9 1.4 0.8 0.2 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.1 0.6 1.8 6.8
湿度 57.9 56.7 49.7 47.2 52.8 55.7 54.5 59.4 64.3 59.3 57.7 59.5 56.2
平均月間日照時間 210.1 202.9 267.8 286.3 310.7 326.0 338.0 318.6 261.6 258.2 214.7 201.7 3,196.6
日照率 66 66 72 73 72 76 77 77 71 73 69 65 72
出典: NOAA (extremes 1911–present, sun and relative humidity 1961–1990)[2][3][4]

経済[編集]

2016年、アメリカ地質調査所は、ラボックからミッドランドにかけて広がるシェール油田が、過去、アメリカ国内で発見された油田の中でも最大規模であることを発表した[5]

人口統計[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990, United States Census Bureau, (2011-02-12), http://www.census.gov/geo/www/gazetteer/gazette.html 2011年4月23日閲覧。 
  2. ^ National Weather Service Climate”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2015年9月25日閲覧。
  3. ^ Station Name: TX LUBBOCK”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2015年9月25日閲覧。
  4. ^ WMO Climate Normals for Lubbock/Regional ARPT, TX 1961–1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2015年9月25日閲覧。
  5. ^ テキサス西部の油田、米国最大と判明 CNN(2016年11月16日)2016年12月2日閲覧]

外部リンク[編集]