ホセ・フェリシアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフェリシアーノ第二姓(母方の)はガルシアです。
ホセ・フェリシアーノ
José Feliciano
José Feliciano.jpg
基本情報
出生名 José Montserrate Feliciano García
生誕 (1945-09-10) 1945年9月10日(72歳)
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ、ラレス
ジャンル ラテン・ポップ
ボレロ
職業 歌手
ギタリスト
活動期間 1966年 - 現在
公式サイト www.josefeliciano.com

ホセ・フェリシアーノ(José Feliciano 1945年9月10日 - )はプエルトリコ出身の歌手ギタリスト

来歴・人物[編集]

プエルトリコのラレスに生まれた。緑内障のため生後まもなく失明したが、盲目のハンディキャップを乗り越え世界的なヒット曲を数多く手がけた。スパニッシュ・ギターの名手でもある。

1964年、「Everybody Do the Click」でデビュー。同年に行われたニューポート・フォーク・フェスティバルに参加。

1968年ドアーズの「ハートに火をつけて」をカバー。同曲は8月31日から9月14日にかけてビルボード・Hot 100で3週連続3位を記録し、ゴールドディスクに輝いた[1][2][3]。またこの年、グラミー賞で最優秀新人賞を受賞した。

1969年、「Rain」は日本でも「雨のささやき」の名前でレコードがリリースされヒットした。

1970年に発表された「Feliz Navidad」(フェリス・ナビダッド、スペイン語で「メリークリスマス」の意)は米国およびスペイン語圏でもっともよく聴かれるクリスマス・ソングのひとつとなっている。

1971年サンレモ音楽祭に参加した際にイタリア語で歌った 「Che sarà」(ケ・サラ、スペイン語版では"Qué será"、ケ・セラ)が世界的にヒット。日本でも岩谷時子や西村義明の訳詞で広く知られるようになった。

ディスコグラフィ[編集]

英語版アルバム[編集]

  • A Bag Full of Soul(1966年)
  • Feliciano!(1968年)
  • Souled(1968年)
  • Feliciano! - 10 to 23 -(1969年)
  • alive alive-O!(1969年)
  • Fireworks(1970年)
  • Feliz Navidad(1970年)
  • Encore!(1971年)
  • Ché Sarà(1971年)
  • That the Spirit Needs(1971年)
  • Sings(1972年)
  • Memphis Menu(1972年)
  • Compartments(1973年)
  • For My Love, Mother Music(1974年)
  • And The Feeling's Good(1974年)
  • Just Wanna Rock and Roll(1975年)
  • Angela(1976年)
  • Sweet Soul Music(1977年)
  • Jose Feliciano(1981年)
  • Romance In The Night(1983年)
  • I'm Never Gonna Change(1989年)
  • Steppin' Out(1990年)
  • Present Tense(1996年)
  • On Second Thought(1996年)
  • Six-String Lady (the instrumental album)(2006年)
  • Soundtrax of My Life(2007年)
  • The Paris Concert(2008年)
  • American Classics(2009年)ダウンロードのみ
  • Djangoisms(2009年)ダウンロードのみ
  • The Genius of José Feliciano, Vol.2(2011年)
  • The King, Jose Feliciano tribute to Elvis Presley(2012年)

スペイン語アルバム[編集]

日本公演[編集]

1月10日 東京厚生年金会館
1月21日 中野サンプラザ
1月23日 渋谷公会堂
1月27日 中野サンプラザ
5月1日 東京厚生年金会館、6日,7日 渋谷公会堂、8日,10日 東京郵便貯金会館
1月19日 東京厚生年金会館、2月3日 渋谷公会堂
1月19日,20日 中野サンプラザ
東京厚生年金会館
9月3日,4日 Billboard Live Tokyo
11月11日,12日,13日 Blue Note Tokyo
7月16日,17日,18日 Blue Note Tokyo
7月19日,20日,21日,22日 Blue Note Tokyo
7月7日,8日,9日 Blue Note Tokyo

脚注[編集]

外部リンク[編集]