ヤー・ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤー・ブルース
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年8月13日
イギリスの旗 イギリス ロンドン
EMIスタジオ
ジャンル ブルースロック[1]
ハードロック[2]
時間 4分01秒(Stereo)
4分16秒(Mono)
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
その他収録アルバム

未完成作品第2番 ライフ・ウィズ・ザ・ライオンズ
平和の祈りをこめて~ライヴ・ピース・イン・トロント

ザ・ビートルズ 収録曲

A面

  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン

B面

  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア

C面

  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング

D面

  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト

ヤー・ブルース」(Yer Blues)はビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1968年に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバムホワイト・アルバム』に収録された曲のひとつでジョン・レノン作のブルースロック[3][4]

1968年頃、イギリスのポップス界ではブルースが流行し、デビュー以来ロック一辺倒だったバンドまでもがブルースを発表してひと稼ぎするなどというケースが出た。ジョンはこの状況を嫌い、皮肉の意味を込めて作ったという[注釈 1]。また、この曲のくだりには「ミスター・ジョーンズ」という人名が出るが、これはボブ・ディランの曲「やせっぽちのバラッド」に登場する、自分に起こる出来事が理解できない人物であるが、ディランの曲に出てくる人名を拝借することによってディランを皮肉っているのだとされる。後にジョン自身がソロでカバーした。ビートルズの楽曲としては珍しい、歌詞にタイトル(Yer Blues)のフレーズが一切出てこない曲である。

EMIスタジオの第2スタジオで録音されたとなっているが、実際にはコントロール・ルームの隣にある倉庫で録音された[5]

1968年、ローリング・ストーンズが収録したTVショー「ロックンロール・サーカス」では、「ザ・ダーティー・マック」名義で、ジョンとエリック・クラプトン(ギター)、キース・リチャーズ(ベース)、ミッチ・ミッチェル(ドラムス)がこの曲を演奏している。

演奏[編集]

クレジットはイアン・マクドナルドによるもの[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『ホワイト・アルバム』の制作前後に行われたインド旅行で何も得られなかった失望から生まれたとも言われる

出典[編集]

  1. ^ Stanley, Bob (2013). Yeah Yeah Yeah: The Story of Modern Pop. Faber & Faber. ISBN 0-571-28198-2. 
  2. ^ Hohman, Charles (1968年12月21日). “An in-depth Look at the Songs on Side-Three”. Rolling Stone. The White Album Project. 2018年11月18日閲覧。
  3. ^ Sheff, David (2000). All We Are Saying: The Last Major Interview with John Lennon and Yoko Ono. New York: St. Martin's Press. p. 199-200. ISBN 0-312-25464-4. 
  4. ^ Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt & Company. p. 421,497. ISBN 0-8050-5249-6. 
  5. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 148. ISBN 0-517-57066-1. 
  6. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 307. ISBN 1-84413-828-3. 

外部リンク[編集]