ミーン・ミスター・マスタード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミーン・ミスター・マスタード
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
リリース 1969年9月26日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1969年7月24日、25日、29日
ジャンル ロック
時間 1:06
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

アビイ・ロード 収録曲
A面
  1. カム・トゥゲザー
  2. サムシング
  3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
  4. オー!ダーリン
  5. オクトパスズ・ガーデン
  6. アイ・ウォント・ユー
B面
  1. ヒア・カムズ・ザ・サン
  2. ビコーズ
  3. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
  4. サン・キング
  5. ミーン・ミスター・マスタード
  6. ポリシーン・パン
  7. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
  8. ゴールデン・スランバーズ
  9. キャリー・ザット・ウェイト
  10. ジ・エンド
  11. ハー・マジェスティー

ミーン・ミスター・マスタード (Mean Mr. Mustard) は、1969年に発表されたビートルズイギリス盤公式オリジナル・アルバムアビイ・ロード』のB面メドレーの前半メドレーに登場する曲のひとつで、前曲の「サン・キング」同様ジョン・レノン作の曲[1]

解説[編集]

この曲は1968年頃ビートルズのメンバーがインドに滞在していた時に作られた曲で内容はマスタード氏というホームレスの男の日常を綴った(?)というもの。直訳すると「いやらしいマスタード氏」となる。

また、この曲には次曲の「ポリシーン・パン」の主人公、パンが登場するくだりがあるがパンはマスタード氏の妹であると紹介されている。

1996年にリリースされた未発表音源集『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』には、1968年5月ジョージ・ハリスンの自宅で録音されたデモ音源が収録されている[2]。この時のマスタード氏の妹パンの名前は「シャーリー」となっていた[3]。その後『アビー・ロード』のセッション時に、この曲と次の「ポリシーン・パン」の間に来る予定だった「ハー・マジェスティー」がカットされて最後に回され、2曲がくっついた形でメドレー全曲を通しでプレイすることになったため、ジョンは急遽妹の名前をパンに書き改めてメドレーの曲に関係性を持たせることにした。

演奏[編集]

備考[編集]

サザンオールスターズの52枚目のシングル「DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜」というタイトルは、この曲の歌詞にある「DIRTY OLD MAN」というフレーズから採られている。なお、一般的な邦訳としては「ふしだらな男」である。

ビータリカは、この楽曲と元メタリカのギタリストでメガデスの創始者であるデイヴ・ムステインにかけて、「Mean Mr. Mustaine」というタイトルの楽曲を発表している[4]。演奏自体はメタリカの「ザ・フォー・ホースメン」をベースとしているが、歌詞はそのまま「ミーン・ミスター・マスタード」という内容になっている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 182. ISBN 0-517-57066-1. 
  2. ^ Lewisohn, Mark (1996). Anthology 3 (booklet). The Beatles. London: Apple Records. p. 7. 34451.
  3. ^ The Beatles (2000). The Beatles Anthology. San Francisco: Chronicle Books. p. 337. ISBN 0-8118-2684-8. 
  4. ^ » Beatallica Guitarist Discusses ‘Abbey Load’ – Metal Assault: Interviews”. Metal Assault (2013年4月16日). 2018年12月19日閲覧。
  5. ^ Beatallica – Ok some of you have already figured this one... – Facebook”. Beatallica (2013年4月17日). 2018年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]