ポリシーン・パン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > ポリシーン・パン
ポリシーン・パン
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
英語名 Polythene Pam
リリース 1969年9月26日 (1969-09-26)
録音
ジャンル ロック
時間 1分12秒
レーベル アップル・レコード
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

アビイ・ロード 収録曲
ミーン・ミスター・マスタード
(B-5)
ポリシーン・パン
(B-6)
シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
(B-7)
ミュージックビデオ

ポリシーン・パン」(英語: Polythene Pam)は、ビートルズの楽曲。1969年9月に発売された11作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『アビイ・ロード』に収録された。アルバム『アビイ・ロード』のB面の特徴であるメドレー「ザ・ロング・ワン」(英語: The Long One)の4曲目で、1969年7月に「シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー」と繋げてレコーディングされた。

背景[編集]

本作は1968年頃にビートルズのメンバーがインドリシケーシュで、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのもとで瞑想修行を行っていた時期に書かれた楽曲で、同時期に書かれた「ミーン・ミスター・マスタード」と同様にレノンは「インドで書いたガラクタの一つ」としている[1]。1968年5月にジョージ・ハリスンの自宅でデモ音源が録音されており、この時の音源は1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』や2018年に発売された『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) 〈スーパー・デラックス・エディション〉』に収録された[2]

本作のモチーフについて、レノンは「とある女性と僕たちを最初にマスコミに露出してくれた、イギリス版のアレン・ギンズバーグともいえる男との思い出。1963年8月のツアー中に会ったんだけど、僕は女連れで、向こうにも僕に合わせたいという女がいた。その女はポリエチレンを身に纏っていると聞いていたけど、本当にそうだった。長靴やキルトは着けてない。あれは僕の捏造だ。ポリ袋の中の変態的なセックス。とにかく曲のネタが欲しかったんだ」と語っている[3]。レノンは、本作をきつめのリバプール訛りで歌っている[4]ジョージ・ハリスンは、テレビシリーズ『ザ・ビートルズ・アンソロジー』のインタビューで、「僕がこの曲を気に入ったのは、すごくリヴァプールっぽかったからだ。コミカルでありながら、シリアスなところもある曲を書く人間はいなかった。この曲はとても上出来なロックンロール・ナンバーだったけど、明らかにジョークなのに、誰も笑わず、誰もピンときていないと、もどかしくなってくることもある」と語っている[1]

タイトルの「ポリシーン」は、ポリエチレン (Polyethylene) の(主にイギリスでの)別称で、「ポリシーン・パン」というタイトルは、キャヴァーン・クラブでライブを行っていた時期の常連客で、ポリエチレンを食していたことから「Polythene Pat」と称されていたパトリシア・ホジットに由来している[5]。レノンが弾くパワー・コードから始まる楽曲で、音楽評論家のイアン・マクドナルド英語版ザ・フーの「ピンボールの魔術師」に触発されたものと推測している[6]

レコーディング[編集]

「ポリシーン・パン」のレコーディングは1969年7月25日に開始され、「シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー」と繋げてレコーディングされた[7][1]。8トラック・レコーダーのトラック1にポール・マッカートニーベース、トラック2にリンゴ・スタードラムス、トラック3にレノンの12弦アコースティック・ギター、トラック4にハリスンのリードギター、トラック6にレノンとマッカートニーのリード・ボーカルが録音された[8]。ギターソロ中にレノンは「Fab! That's great! Real good, that. Real good ...(イカす!最高じゃん!それほんといい。)」と称賛の言葉を口にしていた[9]。この日にレコーディングされたテイクから、オーバー・ダビング用にテイク39が採用された[10]

7月28日と30日にスネアドラムシンバルタンバリンEからAに下降し、この2つのキーの間の転調を可能にする5音のエレクトリック・ギター、レノンとマッカートニーのハーモニー・ボーカル、新たなリード・ボーカルなどがオーバー・ダビングされた[10]

なお、本作は『アビイ・ロード』のB面の特徴となっているメドレー「ザ・ロング・ワン」の4曲目となっているが、当初は前曲「ミーン・ミスター・マスタード」と本作の間には「ハー・マジェスティ」が配置される予定となっていた。しかしメンバー内で考えが変わったため、「ハー・マジェスティ」はメドレーから外れることとなり、本作との繋がりを持たせるために「ミーン・ミスター・マスタード」の歌詞に登場するマスタード氏の妹の名前が「シャーリー」から「パン」に変更された[10]

演奏[編集]

※出典[1]

カバー・バージョン[編集]

1970年にブッカー・T&ザ・MG'sがアルバム『McLemore Avenue』でカバー。

1976年にロイ・ウッドがドキュメンタリー映画『All This and World War II』のサウンドトラックとしてカバー。

1999年にアトム・アンド・ヒズ・パッケージ英語版がアルバム『Making Love』で歌詞を変更してカバー。タイトルも「P.P. (Doo-Doo)」に変更された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Abbey Road 2019, p. 12.
  2. ^ White Album 2018, p. 38.
  3. ^ Sheff 2000, p. 203.
  4. ^ Miles 2001, p. 356.
  5. ^ Turner 2003, p. 196.
  6. ^ MacDonald 2005, p. 319.
  7. ^ Lewisohn 2005, p. 182.
  8. ^ Abbey Road 2019, p. 12-13.
  9. ^ Winn 2009, p. 310-11.
  10. ^ a b c Abbey Road 2019, p. 13.

参考文献[編集]

  • ハウレット, ケヴィン (2018年). ビートルズザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) 〈スーパー・デラックス・エディション〉』のアルバム・ノーツ [楽曲解説]. アップル・レコード.
  • ハウレット, ケヴィン (2019) (楽曲解説). アビイ・ロード (スーパー・デラックス・エディション). アップル・レコード 
  • Lewisohn, Mark (2005) [1988]. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962-1970. London: Bounty Books. ISBN 978-0-7537-2545-0 
  • MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties. ISBN 978-0099526797 
  • Miles, Barry (2001). The Beatles diary. Volume 1: The Beatles years. Omnibus press London. ISBN 0-7119-8308-9 
  • Sheff, David (2000). All We Are Saying. St. Martin's Griffin. ISBN 0-312-25464-4 
  • Turner, Steve (2003). “Abbey Road”. A Hard Day's Write (9 ed.). HarperResource. ISBN 0-06-273698-1 
  • Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York, NY: Three Rivers Press. ISBN 978-0-307-45239-9 

外部リンク[編集]