アイム・ソー・タイアード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイム・ソー・タイアード
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1968年10月8日
ジャンル ロック
時間 2分03秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
その他収録アルバム

ザ・ビートルズ・アンソロジー3

ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト
ミュージックビデオ
「I'm So Tired」 - YouTube

アイム・ソー・タイアード」(I'm So Tired)はビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1968年に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバムザ・ビートルズ』、通称ホワイト・アルバムに収録されたジョン・レノン作の曲。

この曲はインド滞在中に書かれた。3週間のインドでの生活は、ヨガの導師マハリシ・マヘシ・ヨギの講義がほとんどであり、それによる不眠症とに当時恋人となっていたオノ・ヨーコのことで悩まされ、精神的に参っていた彼の率直な気持ちを歌にしている[1]

歌詞には「ウォルター・ローリーの野郎、呪ってやる」というくだりがあるが、これはイギリス喫煙の習慣を広めたウォルター・ローリー卿のことである。

ちなみにこの曲のラストでジョンによる口籠もったようなつぶやきが収録されており、1969年に広まった都市伝説「ポール死亡説」ではポール・マッカートニーが死んだことをあらわすものとして話題になったが、実際は『Monsieur, monsieur, how about another one?(旦那さん、旦那さん、もう一ついかが?の意)とつぶやいている[2]

ジョンは、後にお気に入りの曲としてこの楽曲を挙げている[3]。また、ポール・マッカートニーもこの曲をお気に入りの楽曲としてあげている[1]

プレイヤー[編集]

クレジットはイアン・マクドナルドによるもの[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 83 – 'I'm So Tired'”. 100 Greatest Beatles Songs. Rolling Stone (2011年9月19日). 2018年12月5日閲覧。
  2. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 160. ISBN 0-517-57066-1. 
  3. ^ Sheff, David (2000). All We Are Saying. New York: St. Martin's Griffin. p. 199. ISBN 0-312-25464-4. 
  4. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 324. ISBN 1-84413-828-3.