ディグ・ア・ポニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディグ・ア・ポニー
ビートルズ楽曲
収録アルバム レット・イット・ビー
リリース 1970年5月8日
録音 1969年1月30日
ルーフトップ・コンサート
ジャンル ブルースロック
時間 3分54秒
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース フィル・スペクター

レット・イット・ビー 収録曲
A面
  1. トゥ・オブ・アス
  2. ディグ・ア・ポニー
  3. アクロス・ザ・ユニバース
  4. アイ・ミー・マイン
  5. ディグ・イット
  6. レット・イット・ビー
  7. マギー・メイ
B面
  1. アイヴ・ガッタ・フィーリング
  2. ワン・アフター・909
  3. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
  4. フォー・ユー・ブルー
  5. ゲット・バック

ディグ・ア・ポニー(Dig a Pony[注釈 1])は1970年に発表されたビートルズの最後のイギリス盤公式オリジナル・アルバムレット・イット・ビー』に収録された楽曲である。

解説[編集]

レノン=マッカートニーの作品だが、実質的にはジョン・レノンの作った楽曲である。アルバムには、1969年1月30日アップル本社で行われたルーフトップ・コンサートの音源を使用された。ボブ・ディランの影響が見られる半ば強引にを踏んだ歌詞とブルース色の強い曲調で構成される。歌詞には、"You can celebrate anything you want(思いのままに讃えよう)"や"All I want is you(欲しいのは君だけ)"という、明らかにオノ・ヨーコへのメッセージが歌われているが、生前ジョンは「適当に韻を踏んで遊んだ曲で、ゴミのひとつさ」と語っている[1]

また、歌詞の中に"I Roll A Stoney"で始まる一節で「知っているものを何でも真似してもいいのさ」と歌っているが、これは当時ビートルズのやることを何かと後追いで真似していた、ローリング・ストーンズに対する皮肉である。

タイトル「DIG A PONY」の初出訳は「ポニーにいたずら」と訳されているが、ここでのPONYの意味はPUSSY CAT(子猫)同様に小柄な女性を意味しており、DIGは掘るという動作だけではなく、この当時より「深く掘り下げて物事を知る」という意味でもちいられており(例 掛け声のDIG IT!)、タイトル和訳は「女性をものにした」今日的には「恋人が出来ました」と訳すのが正しい。

同曲の歌詞のバース毎に、CELEBRATE,PENETRATE,RADIATE,IMITATE,INDICATE,SYNDICATEと韻を踏んだ動詞が使用されており、PENETRATE,RADIATE,IMITATE,が挿入、射精、コピー(自分達に似た子供を作る)の意味で使われることもあるからエロチックで支離滅裂な詞と解釈される向きがあるが、文字通りに訳すると、すり抜ける、発散する(感情を)、真似する、で和訳して破綻はなく、文字通りに訳すとポニーに例えられた女性への讃歌であることがわかる。

ミックス[編集]

「ディグ・ア・ポニー」には、3つのミックス(演奏は同一)が存在する。そのうち2つのヴァージョンでは、リンゴ・スターがタバコ休憩に入っていたところでカウントを始めたため、リンゴが制止する音声が入り、その後、改めてカウントされて始まる[2]

屋上ライヴのヴァージョンでは、歌の始まりと終わりに"All I want is (you)"というポール・マッカートニージョージ・ハリスンユニゾンが入っている。演奏の映像では、膝をついたスタッフが歌詞カードをジョンに見せている様子が確認できる[3][注釈 2]

アルバムでは、前述のユニゾンがカットされている[4]。ジョンの「Thank you brothers! Put me hands getting too cold to record.(ありがとう、ブラザー…寒くてコードが弾けない)」という声、ギターノイズが入った後、小休止してイントロがかかり、そしてブギをかけて終了している。

一方、『レット・イット・ビー...ネイキッド』では、前後の会話等がユニゾンを含めてカットされており、ラストには映画に収録された短いギターのフレーズと掛け声が入っている[5]

1996年にリリースされた『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』には、1969年1月22日にスタジオで録音された音源が収録された[6]

プレイヤー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アメリカでの初回プレス盤「I Dig A Pony」と誤表記されていた。
  2. ^ これはジョンが歌詞を忘れることが多いためで、実際に同じく屋上ライヴで披露された「ドント・レット・ミー・ダウン」でも歌い間違えている。

出典[編集]

  1. ^ Sheff, David (2000). All We Are Saying. New York: St. Martin's Press. p. 205. ISBN 0-312-25464-4. 
  2. ^ Fontenot, Robert. “Dig A Pony on About.com”. About.com. 2018年12月22日閲覧。
  3. ^ 92 - 'Dig a Pony'”. 100 Greatest Beatles Songs. Rolling Stone (2011年9月19日). 2018年12月22日閲覧。
  4. ^ Hurwitz, Matt (2004年1月1日). “The Naked Truth About the Beatles' Let It Be Naked”. Mix Online. 2010年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月20日閲覧。
  5. ^ Hurwitz, Matt (2004年1月1日). “The Naked Truth About the Beatles' Let It Be Naked”. Mix Online. 2010年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月30日閲覧。
  6. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York: Three Rivers Press. pp. 250-251. ISBN 978-0-307-45239-9.