ハニー・パイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハニー・パイ
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年10月1日
ジャンル ラグタイム
ジャズ
ミュージックホール
時間 2分40秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
その他収録アルバム

ザ・ビートルズ・アンソロジー3

ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト
ザ・ビートルズ・アンソロジー3 収録曲
ピッギーズ
(8)
ハニー・パイ
(9)
ドント・パス・ミー・バイ
(10)

ハニー・パイ」(Honey Pie)はビートルズの楽曲。

解説[編集]

1968年に発売されたアルバムザ・ビートルズ』、通称「ホワイト・アルバム」に収録されている楽曲。

この曲は、1920年代、イングランドのとある街に住んでいた「ハニー・パイ」という歌のうまい女の子がアメリカハリウッドへ行って映画スターとして成功したが、その恋人だった男が「ハニー・パイ、今の俺は惨めそのもの、今すぐ戻ってきてくれないか」と懇願するという物語調の曲。この曲の主たる作者はポール・マッカートニーである。

ジョージ・ハリスンによると、間奏のミュートの効いたギターソロはジョン・レノンによるもの[1]。ジョンは「ポールは機嫌のいいときにはオレにソロを取らせてくれるのさ」とコメントしている。

また、1920年代に流行ったディキシー調のジャズをサウンドのベースにしたり、78回転のレコードノイズ音を混ぜたりという装飾が施されている。

なお、日本のロックバンドムーンライダーズの前身となった、はちみつぱいのバンド名は、本曲のタイトル名に由来する。

プレイヤー[編集]

ビートルズ

外部ミュージシャン

  • ジョージ・マーティン - サクソフォーン&クラリネット編曲
  • ハリー・クライン英語版 - サクソフォーン
  • デニス・ウォルトン - サクソフォーン
  • ロナルド・チェンバレン - サクソフォーン
  • ジム・チェスター - サクソフォーン
  • レックス・モーリス - サクソフォーン
  • レイモンド・ニューマン - クラリネット
  • デイビッド・スミス - クラリネット

カバー版[編集]

以下のアーティストによってカバーされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Honey Pie”. The Beatles Bible (2009年11月1日). 2018年12月1日閲覧。
  2. ^ Album: Don Partridge & Friends, Sonogram Records EFG 7344 (1973)
  3. ^ Live Phish, Vol. 13: 10/31/94, Glens Falls Civic Center, Glens Falls, NY - Phish”. AllMusic. 2018年12月1日閲覧。