ワイルド・ハニー・パイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイルド・ハニー・パイ
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年8月20日
ジャンル ロック
時間 52秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト

ワイルド・ハニー・パイ(Wild Honey Pie)はザ・ビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1968年に発表された唯一の2枚組アルバム、『ザ・ビートルズ』(通称「ホワイト・アルバム」)に収録された曲のひとつ。

ポールがマルチトラックレコーダの特性を生かして作った曲でギターベースドラムといった楽器をすべて演奏して録音した、いわゆるワンマン・レコーディング・ソング(この曲を録音した時は4トラック録音だった)。歌詞の内容は「ハニー・パイ」と数回繰り返した後最後に「愛してるよ! ハニー・パイ!」と叫んで締めるというもので、いわばおふざけ。そのためか歌詞カードには「レボリューション9」と共に何も掲載されていない(CD化されても掲載されていない)。 同じ『ホワイト・アルバム』には「ハニー・パイ」という曲が収録されているが、これもポールの作品である(ただし関連性はない)。

ポールは当初この曲をアルバムに収録するつもりはなかったが、ジョージの当時の妻パティ・ボイドが大変気に入ったため、収録することにしたと語っている。

外部リンク[編集]