トゥ・オブ・アス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > トゥ・オブ・アス
トゥ・オブ・アス
ビートルズ楽曲
収録アルバム レット・イット・ビー
英語名 Two Of Us
リリース 1970年5月8日 (1970-05-08)
録音
ジャンル フォークロック
時間 3分33秒
レーベル アップル・レコード
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース フィル・スペクター

レット・イット・ビー 収録曲
トゥ・オブ・アス
(A-1)
ディグ・ア・ポニー
(A-2)
ミュージックビデオ

トゥ・オブ・アス」(英語: Two of Us)は、ビートルズの楽曲である。レノン=マッカートニー名義となっているが、ポール・マッカートニーによって書かれた楽曲[1]で、1969年1月31日にレコーディングされた。1970年に発売された12作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』にオープニング・トラックとして収録された後、リミックスされた音源が2003年に発売された『レット・イット・ビー...ネイキッド』に、1969年1月24日にレコーディングされたテイクが1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』に収録された[2]

本作のタイトルは、2000年に放送されたマッカートニーが1976年にレノンの自宅を訪れたというエピソードを元にしたテレビ映画英語版のタイトルに使用された[3]

背景・曲の構成[編集]

主部はジョン・レノンとマッカートニーのデュエットで、ミドルエイトのみマッカートニーがリードをとっている。当初のタイトルは「On Our Way Home」で、元々はアップル・レコードの所属グループでマッカートニーがプロデュースしたモーティマーに提供した楽曲であったが、モーティマーによる演奏は未発表のままとなっている[4]

歌詞はマッカートニーの妻であるリンダと過ごした休日を基にしたもの。リンダは幼少期に「迷子になろう!」と言う父親と共に目的地を決めずにドライブをするという遊びをしていた。ニューヨークからイングランドに戻ったポールとリンダが、ロンドンにドライブに出かけた際に、リンダが「迷子になろう!」と提案。これまでに見たことのない場所で、見る予定ではなかったものを見ることが、リンダが撮影する写真にとって良いネタであると考えたポールは、これに触発されて「トゥ・オブ・アス」を書いた[5][6]。一方で音楽評論家のイアン・マクドナルド英語版は、「You and I have memories / longer than the road that stretches out ahead(きみとぼくには思い出がある / 目の前に延びる道よりもずっと長い思い出が)」や「You and me chasing paper / getting nowhere(きみとぼく、紙切れを追いかける / どこにも行けずに)」というフレーズから、レノンやアップル・コアとのビジネス上の問題についての言及と推測している[1]

『レット・イット・ビー』バージョンでは、曲の冒頭にレノンによる語りが加えられている。

  • "'I Dig a Pygmy', by Charles Hawtrey and the Deaf Aids[注釈 1]... Phase One, in which Doris gets her oats!"[7](チャールズ・ホートリーとデフ・エイズの「ピグミーをホる」です。第1段、ドリスがヤっちゃうよ。)

なお、2003年に発売された『レット・イット・ビー...ネイキッド』では、レノンによる語りがカットされ、アコースティック・ギターのイントロから始まる。

レコーディング[編集]

「トゥ・オブ・アス」は、ゲット・バック・セッションの一環としてレコーディングされた。1969年1月2日に開始されたトゥイッケナム・スタジオ英語版でのリハーサルでも演奏されており、この時点ではロックンロール調のアレンジで、基本編成での演奏となっていた。しかしメンバーはこのアレンジせず、現行のアコースティック・ギターを主体としたアレンジに変更された。1月31日にアップル・スタジオで行なわれたスタジオ・ライヴでレコーディングされ、アルバムに収録された。なお、この日のレコーディングの様子は、前述のリハーサル時の映像と共に映画『レット・イット・ビー』に収録され、『エド・サリヴァン・ショー』(1970年3月1日放送回)で放送された。

1月24日のセッションの合間で、故郷のリヴァプールに伝わる民謡「マギー・メイ」が演奏された[8]。「マギー・メイ」も『レット・イット・ビー』に収録されたが、『レット・イット・ビー...ネイキッド』では収録曲から外された[注釈 2]。また、1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』には、同日のセッションでレコーディングされた別テイクが収録された[2]

1970年3月にフィル・スペクターによってアルバム『レット・イット・ビー』のための作業を開始され、同月25日に曲の冒頭に前述のレノンの語りを付け加えられた。

演奏[編集]

カバー・バージョン[編集]

文化的影響[編集]

  • 1976年にマッカートニーがニューヨークにあるレノンの自宅に訪れたというエピソードを基にしたテレビ映画英語版のタイトルは、本作から採られた[3]
  • 2007年に行なわれた『All Things Digital』でのビル・ゲイツとの対談時に、スティーブ・ジョブズは本作の「You and I have memories / longer than the road that stretches out ahead」というフレーズを引き合いにゲイツとの関係性を説明した[15][16]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ The deaf aids(補聴器)とはビートルズが当時使っていたVOXアンプにつけたニックネームであった。
  2. ^ ただし、ボーナス・ディスク『Fly on the Wall』には、アルバム『レット・イット・ビー』に収録されたものとは異なるセッション音源が収録されている。

出典[編集]

  1. ^ a b MacDonald 2003, p. 335.
  2. ^ a b Winn 2009, p. 252-253.
  3. ^ a b Erickson 2010.
  4. ^ Dowling 1989, p. 257.
  5. ^ Turner, Steve (1995). A Hard Day's Write: The Stories Behind Every Beatles' Song. Little, Brown. ISBN 978-0316878715 
  6. ^ Petridis, Alexis (2019年6月26日). “Paul McCartney on Linda’s best photos: ‘Seeing the joy between me and John really helped me' | Art and design”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/artanddesign/2019/jun/26/paul-mccartney-on-lindas-best-photos-seeing-the-joy-between-me-and-john-really-helped-me 2020年11月8日閲覧。 
  7. ^ Winn 2009, p. 250.
  8. ^ Lewisohn, Mark (1992). The Complete Beatles Chronicle. New York: Harmony. pp. 310. ISBN 0-517-58100-0 
  9. ^ Guarisco, Donald A.. Oceans of Fantasy - Boney M. | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月8日閲覧。
  10. ^ Raggett, Ned. Let It Be - Laibach | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月8日閲覧。
  11. ^ I Am Sam (2001) - Soundtracks”. IMDb. Amazon.com. 2020年11月8日閲覧。
  12. ^ Johnson, Zac. I Am Sam - Original Soundtrack | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月8日閲覧。
  13. ^ Sendra, Tim. Satellite - Guster | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月8日閲覧。
  14. ^ All Join In - Kenny Loggins | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月8日閲覧。
  15. ^ 林信行 (2011年10月12日). “「iPhone 4S」に見るスティーブ・ジョブズのDNA”. ITmedia PC USER. アイティメディア. p. 1. 2020年11月8日閲覧。
  16. ^ TRANSCRIPT-Bill Gates and Steve Jobs at D5”. AllThingsD.com. Dow Jones & Company Inc.. 2020年11月6日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]