トゥ・オブ・アス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トゥ・オブ・アス
ビートルズ楽曲
収録アルバム レット・イット・ビー
リリース 1970年5月8日
録音 アップル・スタジオ:
1969年1月31日
ジャンル フォークロック
時間 3分37秒("Let It Be")[注釈 1]
3分21秒("Let It Be... Naked")
レーベル アップル, EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース フィル・スペクター

レット・イット・ビー 収録曲
A面
  1. トゥ・オブ・アス
  2. ディグ・ア・ポニー
  3. アクロス・ザ・ユニヴァース
  4. アイ・ミー・マイン
  5. ディグ・イット
  6. レット・イット・ビー
  7. マギー・メイ
B面
  1. アイヴ・ガッタ・フィーリング
  2. ワン・アフター・909
  3. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
  4. フォー・ユー・ブルー
  5. ゲット・バック
ザ・ビートルズ・アンソロジー3 収録曲
ディグ・ア・ポニー
(3)
トゥ・オブ・アス
(4)
フォー・ユー・ブルー
(5)
レット・イット・ビー...ネイキッド 収録曲
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
(4)
トゥ・オブ・アス
(5)
アイヴ・ガッタ・フィーリング
(6)
ミュージックビデオ
「Two of Us」 - YouTube

トゥ・オブ・アス」(Two of Us)は、1970年に発表されたビートルズのラスト・アルバム『レット・イット・ビー』に収録されている楽曲である。

解説[編集]

レノン=マッカートニーの作品。実質的にはポール・マッカートニーの作った楽曲である[1][2]。主部はジョン・レノンとポール・マッカートニーのコーラス、中間部のリード・ヴォーカルはポール・マッカートニーである。

当初のタイトルは「On Our Way Home」で、音楽評論家のイアン・マクドナルドは、「You and I have memories/longer than the road that stretches out ahead」や「You and me chasing paper/getting nowhere」というフレーズから、この楽曲の歌詞はレノンに向けたものではないかと推測している[3]が、ポールは「リンダとの思い出」と語っている。

オリジナルではジョンによるナレーション

"'I Dig a Pygmy', by Charles Hawtrey and the Deaf Aids[注釈 2]... Phase One, in which Doris gets her oats!"[4]
チャールズ・ホートリーとデフ・エイズの「ピグミーをホる」です。第1段、ドリスがヤっちゃうよ。

が入って曲のイントロがかかるが、『レット・イット・ビー・ネイキッド』ではこのナレーションはカットされ、ギターのイントロから始まる。

本作は「ゲット・バック・セッション」の一環としてレコーディングされた。アルバム制作に行き詰まったビートルズは1969年1月30日「ルーフトップ・コンサート」を敢行した翌日の31日にスタジオ・ライヴを行った。野外演奏向きでない楽曲「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」や「レット・イット・ビー」などとともに本作はレコーディング(およびフィルム撮影)された。

アコースティック・ギターはジョンとポール(共にマーティンD-28を使用)。エレクトリックベースは入っておらず、ジョージ・ハリスンエレクトリック・ギターで、ベースライン(本来、ベースギターが演奏するフレーズ)を演奏。この曲のリハーサルの際、ポールとジョージが口論する様子が映画『レット・イット・ビー』に収められている。そのシーンでは、ジョンとポールが向き合ってエレクトリック・ヴァージョン(つまり基本編成)で演奏されている。

この曲は元々アップル・レコードの所属グループでポールがプロデュースしたモーティマーの曲として予定されていた曲であるが、結局モーティマーのバージョンは発表されなかった[5]

1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』には、1969年1月24日に録音されたテイクが収録されている[6]


プレイヤー[編集]

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 冒頭のジョンのお喋りも含まれているため、実際の演奏時間は若干短い。
  2. ^ The deaf aids(補聴器)とはビートルズが当時使っていたVOXアンプにつけたニックネームであった。

出典[編集]

  1. ^ MacDonald, Ian (2003). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties. Pimlico. p. 335. ISBN 1-84413-828-3. 
  2. ^ Lennon-McCartney: Who Wrote What?”. Beatlefan.Net. 2018年9月25日閲覧。
  3. ^ MacDonald, Ian (2003). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties. Pimlico. p. 335; he quotes the actual lines from the lyrics.. ISBN 1-84413-828-3. 
  4. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York: Three Rivers Press. p. 250. ISBN 978-0-307-45239-9. 
  5. ^ Dowdling, William J. (1989). Beatlesongs. New York: Fireside. p. 257. ISBN 978-0-617-68229-5. 
  6. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York: Three Rivers Press. pp. 252–253. ISBN 978-0-307-45239-9.