シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
リリース 1969年9月26日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1969年7月25日、28日、30日
ジャンル ロック[1]
時間 1:57
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

アビイ・ロード 収録曲
A面
  1. カム・トゥゲザー
  2. サムシング
  3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
  4. オー!ダーリン
  5. オクトパスズ・ガーデン
  6. アイ・ウォント・ユー
B面
  1. ヒア・カムズ・ザ・サン
  2. ビコーズ
  3. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
  4. サン・キング
  5. ミーン・ミスター・マスタード
  6. ポリシーン・パン
  7. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
  8. ゴールデン・スランバーズ
  9. キャリー・ザット・ウェイト
  10. ジ・エンド
  11. ハー・マジェスティー

シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウインドー」(She Came in Through the Bathroom Window)は、ビートルズの楽曲。

概要[編集]

1969年に発表されたビートルズイギリス盤公式オリジナル・アルバムアビイ・ロード』に収録されたポール・マッカートニー作の曲でB面メドレーの前半ラストを飾る曲。アルバム『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』にもややスローテンポのデモ・バージョンが収録されている[2]

ビートルズ時代、ポールは自分の家に空き巣が入るという目に遭っているが、その空き巣は女で、しかも風呂場の窓から侵入していた。その体験をポールは曲にしているわけだが、女の空き巣は結局何も取らずに去ってしまったという。歌詞のくだりには、その後指を咥えながらただ池を眺めるという場面が加えられている。

演奏[編集]

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Richie Unterberger. “She Came in Through the Bathroom Window - The Beatles - Listen, Appearances, Song Review - AllMusic”. AllMusic. 2018年10月31日閲覧。
  2. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York: Three Rivers Press. p. 250. ISBN 978-0-307-45239-9. 
  3. ^ Joe Cocker - In His Own Words”. SuperSeventies.com (2010年). 2018年10月31日閲覧。
  4. ^ The Youngbloods, High on a Ridge Top Retrieved June 12, 2015

外部リンク[編集]