ゴールデン・スランバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴールデン・スランバー
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
リリース 1969年9月26日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1969年7月2日 - 8月15日
ジャンル ロック
バロック・ポップ
時間 1:31
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

アビイ・ロード 収録曲
A面
  1. カム・トゥゲザー
  2. サムシング
  3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
  4. オー!ダーリン
  5. オクトパスズ・ガーデン
  6. アイ・ウォント・ユー
B面
  1. ヒア・カムズ・ザ・サン
  2. ビコーズ
  3. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
  4. サン・キング
  5. ミーン・ミスター・マスタード
  6. ポリシーン・パン
  7. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
  8. ゴールデン・スランバーズ
  9. キャリー・ザット・ウェイト
  10. ジ・エンド
  11. ハー・マジェスティー

ゴールデン・スランバー」 (Golden Slumbers) は、1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録された楽曲。

概要[編集]

この曲から「キャリー・ザット・ウェイト」→「ジ・エンド」、アンコール・ナンバーの「ハー・マジェスティー」と続く後半のメドレーのオープニングを飾る曲である。なお、以上4曲は名義はレノン=マッカートニーとなっているが、ポール・マッカートニーによって書かれた楽曲[1][2]

この曲は、ポールが実父ジム(ジェームス・マッカートニー)の家に遊びに行った際、義妹ルース[注 1]に読み聞かせていた絵本の中に「ゴールデン・スランバー」というトマス・デッカーThomas Dekker)作の子守唄を発見。そこから自由に手を加えて作られたものである[3][1]

レコーディングは1969年7月2日に開始され[3]、この日にポールによるピアノジョージ・ハリスンによるベースギターリンゴ・スターによるドラムスストリングスの伴奏が録音された[注 2]。なお、この日のセッションでは、スコットランドでの自動車事故で負傷していたジョン・レノンは参加していない。7月31日ドラムスティンパニと追加のボーカル、8月15日オーケストラがオーバーダビングされた[3]

なお、ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイトジ・エンドの一連のメドレーは、1989年から翌年にかけて行われたポールの『ゲット・バック・ツアー』で大々的に取り上げられており、日本公演でも演奏されている。リハーサルで、ポールがこの曲を歌ったところ、涙したスタッフがいたので、取り上げることになった。

参加ミュージシャン[編集]

クレジットはイアン・マクドナルド[4]マーク・ルイソン[3]によるもの。

収録アルバム[編集]

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 実母メアリーは、ポールが14歳の時に乳癌で死亡しているが、このアルバムの製作中に実父ジムが再婚した、女性の連れ子
  2. ^ この段階から「キャリー・ザット・ウェイト」と併せて録音されていて、クレジットも「Golden Slumbers / Carry That Weight」とされていた。
  3. ^ キャリー・ザット・ウェイト」とのメドレー形式

出典[編集]

  1. ^ a b Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt & Company. ISBN 0-8050-5249-6. 
  2. ^ Sheff, David (2000). All We Are Saying. New York: St. Martin's Press. ISBN 0-312-25464-4. 
  3. ^ a b c d Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. ISBN 0-517-57066-1. 
  4. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). ISBN 1-84413-828-3. 
  5. ^ Claudine Longet - Run Wild, Run Free (Vinyl, LP) at Discogs
  6. ^ Lou Rawls - Live At The Century Plaza (Vinyl, LP, Album) at Discogs