寺内タケシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺内 タケシ
出生名 寺内 武
生誕 (1939-01-17) 1939年1月17日(79歳)
出身地 日本の旗 日本,茨城県土浦市
学歴 関東学院大学工学部電気工学科
ジャンル J-POP
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1962年 -
レーベル キングレコード
公式サイト TERRY TERAUCHI OFFICIAL HOMEPAGE

寺内 タケシ(てらうち たけし、本名:寺内武、1939年1月17日 - )は、日本ギタリスト作曲家茨城県土浦市出身、関東学院大学工学部電気工学科卒。通称「エレキの神様」。また、「テリー」の愛称でも親しまれている。座右の銘は「ギターは弾かなきゃ音が出ない」。

1962年に「寺内タケシとブルージーンズ」を結成、1500校近い高校を回り、コンサートを開いている。ロシアアメリカブラジルなど世界でも公演を続けている。

幼少時代[編集]

龍太郎は土浦市議会議長を務め、筑波研究学園都市の推進役として知られた映画館や電器屋など手広く手がけた実業家。母初茂は鶴岡流小唄と草紙庵流三味線の家元であった(母の三味線演奏技術について寺内は「母を超えたとは到底言えない」と語っている)。土浦市立土浦幼稚園を卒園[1]

5歳のときから寺内は、母の三味線を手本にギターを練習。大きな音が出るギターを作ろうと、電話機を改造してエレキギター自作した時、空襲警報用のスピーカーを使ったために近所の人が防空壕に避難してしまい、父親が憲兵に連行されてしまったという。このようなこともあり、寺内は9歳の時を皮切りに合計10度、父親に勘当されたという。

最初の自作ギターが1年で壊れたあと、「マイクで弦の振動を拾うんだから空洞が大きいボディは必要ない」と考え、近所の職人にソリッド・ボディ・ギターを作らせた。

1949年、PAを自作し、後の初期ブルージーンズのコンサートで使用する。

高校・大学時代[編集]

小中高校での成績は低く、入学した茨城県立土浦第三高等学校も、父が寺内を入学させるために設立したといわれる。バンドを結成したところ、父親から「一度でも一科目で一番を取れば、好きなだけギターをやってもよい」と懇願されて勉強し、期末テストで一位を取ったところ、父親から「お前はやれば出来るんだから、このまま成績を保て」と言われたが、寺内は「やれば出来るんだから、やらない」と勉強をやめた。

高校時代は入学直後にマンドリン・クラブを創設し、その技術も群を抜き、1年から出場したNHK全国楽器コンテストで3連覇を成し遂げた。明治大学マンドリン部創設者の古賀政男から誘われ明治大学へ進学したが、家業を継がせたい父親によって1週間で退学させられ、関東学院大学工学部電気科へ入学し直した。

クレージー・ウエストからマウンテン・プレイボーイズまで[編集]

米軍キャンプで演奏し、ミッキー・カーチスと出会ったのを機に彼のウエスタン・バンド「クレージー・ウエスト」に参加。寺内の加入後に他のメンバー全員が脱退したため、新メンバーを集め復活。札幌のジャズ喫茶での公演前に岩倉忠が入院したため、代わりのベーシストとして碇矢長一いかりや長介を採用した。これが当時ロカビリーをやっていた碇矢のウエスタンへの転身だった。

その後、米軍上瀬谷キャンプでジミー時田とマウンテン・プレイボーイズのベースをしていた碇矢と再会して、寺内も移籍したが、やがて時田からクビを宣告される。これは、この頃ブームになっていたロカビリーに参入するための事務所「東京ハワイアンズ」の作戦で、寺内は1962年8月、ほりまさゆきがヴォーカルを担当するロカビリーバンド「寺内タケシとブルー・ジーンズ」を結成する。

ブルージーンズ結成[編集]

1962年の結成当時はロカビリー色の強かったブルージーンズだが、1963年1月のステージ転落事故を機にエレキバンド化を決意、メンバーを入れ替え、日本楽器(現ヤマハ)に自らの設計図を持ち込んで日本初のエレクトーンの開発を依頼した。この頃、内田裕也ザ・スパイダースのセカンドギターだった加瀬邦彦が加入している。また当時、追っかけをしていた安岡力也が、演奏中に騒いだ観客を「もっと黙って聞けよ、他の観客が迷惑しているじゃないか!」と一喝したエピソードがある。

1966年、日本公演中のベンチャーズのドン・ウイルソンが、息子の落馬死亡事故で帰国したため、寺内が代役でリズム・ギターを務めた。また、ノーキ・エドワーズのライトゲージ弦を知る。それまでの寺内は、太い弦でチョーキングをするため、指立て伏せなどで鍛えていた。

1965年日劇ウエスタンカーニバルの音響監督に就任したたことで知名度が上がり、「エド・サリヴァン・ショー」への出演を依頼されたが、多忙のため実現しなかった。アメリカの音楽雑誌「ミュージック・ブレーカー」で、チェット・アトキンスレス・ポールと並んで「世界三大ギタリスト」に選ばれた。

ヤマハから寺内のオリジナルモデルSG7'(通称ブルージーンズ・カスタム)が発売された。ただし最初は寺内の許可が無く、ブルージーンズの名を冠していない。この頃から「津軽じょんがら節」に代表される民謡にも取り組み、エレキギターで民謡を演奏する独特のエレキ民謡に取り組んだ。植木等の「遺憾に存じます」のバックバンドを務め、1965年のNHK紅白歌合戦に出場しているほか、加山雄三主演映画『海の若大将』、『エレキの若大将』(東宝映画)にも出演している。

1966年、結核性リンパ腺炎で入院したが、後に誤診と判明し、実際は過労であったという。

バニーズ誕生、第2期ブルージーンズ結成から現在[編集]

療養生活後、渡辺プロダクションとの確執などからブルージーンズを脱退し、音楽プロダクション「寺内企画」を立ち上げ、輿石秀之らを迎えてインストと歌を両立させたGSバンド「寺内タケシとバニーズ」を結成する。

その後、バニーズを脱退して第二期ブルージーンズを結成。一方で、第一期ブルージーンズがメンバーチェンジの末、田川譲二をリーダーにしたムード歌謡調の曲もこなす末期GSスタイルで活動していたため、一時は商標問題が起きた。

1970年、メンバーを若手に一新して第3期に入って以降は、メンバーチェンジを繰り返し現在に至っている。

エレキ禁止令への対抗と社会的貢献[編集]

第一期ブルージーンズ結成後しばらくして、エレキギターやグループ・サウンズは非行化の温床だという声が強まり、多くの学校でエレキギターが使用禁止にされた。高校生から寺内に手紙が届くようになり、寺内は各地の高校を訪ねたが、ほとんどは門前払いで、校長が話を聞いてくれたのは3校だけだった。

そこで寺内は母校の土浦三高を訪ねると温かく迎えられ、寺内はブルージーンズと共に母校で演奏した。これが現在1500校を超えようとしている「ハイスクールコンサート」の第1校目であった。そうしたなかで1967年に「レッツゴー運命」(ベートーヴェンの「運命」のリメイク。1967年11月30日発行のレコード・マンスリーのシングルチャートで5位を記録)で第9回日本レコード大賞編曲賞を受賞し、理解が広まったという。

1976年にはソ連在住の白血病の8歳の少女に生演奏を聴かせるため、3千万円の赤字を覚悟でソ連ツアーを決行した。この最中の9月6日ミグ25事件が起きたが、52日間のツアーが続けられ、42万人の観客を集めた。後に1981年(45日間、観客130万人)、1984年(43日間、観客57万人)にもソ連ツアーを行っている。

この功績が認められ1981年12月22日には日本国際連合協会から感謝状と国連平和賞、84年には文化功労賞と音楽功労賞をそれぞれ授与された。なお、この年にはブラジルアルゼンチンでもツアーを行っている。

1981年には四年後に開かれたつくば万博のグランドプロデューサーに就任、万博の基本構想から会場のレイアウト、テーマ・ソングの作曲、万博に参加する予定の国でのコンサート・ツアー、常磐高速道路・一般道路の整備、宿泊施設、鉄道から会場周辺の上下水道の整備、VIPの接遇、跡地の再利用など多岐に渡る仕事を全て無報酬でこなした(茨城県知事からは月200万円の報酬を提示されたが断ったという)。

エレキが世間に認められるようになると、本格的にハイスクールコンサートをはじめとする活動を積極的に行うようになり、1978年第20回日本レコード大賞企画賞、2000年にはハイスクールコンサート1000校達成の功績に対しスポニチ文化芸術大賞、同年5月には中曽根文部大臣(当時)から感謝状が授与された。その折、S字結腸ガンで入院し、手術を控えていた2002年2月18日にブルージーンズのもとヴォーカリストの長男・章が覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕され、寺内は大きなショックを受ける。2月17日の退院(この時医師は「再発の可能性は500%無い」と太鼓判を押したという)直後の3月3日に痛む身体に鞭を打って緊急謝罪会見を開き「厳しく法の裁きを受けて、刑に服し、きれいになって社会復帰してもらいたい」とコメントした(5月に懲役1年6月、執行猶予4年の有罪判決。2006年に猶予満了)。4月11日神奈川県民ホールにて「不死鳥テリー!蘇る!コンサート」を開催した。

2004年12月、エレキギターへの優れた演奏と青少年への情操教育への貢献が認められ、文化庁より長官表彰を受けた。2005年6月には衆議院第一別館において、国会議員をはじめ関係者を集め「ハイスクールコンサート国会報告会」を開いた。

2006年11月、中学生対象のコンサートも始めるが、12月にうっ血性心不全と肺炎のため入院し2007年1月17日カテーテル導入手術を受け1月22日に退院し、10日後にはまた演奏活動に復帰している。この時に持病の不整脈も治療し、「15歳から20代の心臓」とお墨付きをもらったそうである[2]

ハイスクールコンサートでは、腰パンやミニスカート(古くは変形学生服)の生徒達に「お前らに、モテるこつを教えてやる。制服をきちっと着ることだ」と呼びかけている。

事業家として[編集]

横浜市内に10階建てのマンションを多数建造している。また、母校の関東学院大学で土木工学と土木建築の講座も持っている。

1995年1月17日に起こった阪神淡路大震災(奇しくも寺内の誕生日であった)で救助活動が遅れた反省を踏まえて、パニックが起きた際にも適切な避難誘導ができるように、トヨタテクノクラフトと共同で災害対策車「非常災害用音響本部車」の開発に取り組み、2年後の1997年5月に完成した。開発費として2億5千万円を投資した。

代表曲[編集]

オリジナル曲
  • ユア・ベイビー(リバプールサウンド時代到来を予期して加瀬邦彦が作曲したヴォーカル曲、後にザ・ワイルドワンズもカバー)
  • ブルー・ジーンNo.1(加瀬邦彦作曲のオリジナル)
  • テリーのテーマ
  • テストドライバー
  • 涙のギター
  • 空飛ぶギター
  • フィードバックギター
  • 羅生門
  • 青い渚をぶっとばせ
  • 悪魔のベビー
  • 青春へのメッセージ(ヴォーカル曲)
  • 太陽の花(寺内作曲で、寺内タケシとバニーズによる歌唱曲)
クラシックのカバー
日本民謡のカバー
編曲
その他

著書[編集]

  • 「エレキ部落の大統領」
  • 「死ぬ気でやってみろ!」
  • 「我は無なり、我は有なり」
  • 「寺内タケシの手作り課外教育」
  • 「海を越えて愛」
  • 「バカやってるかい」
  • 「テケテケ伝」
  • 「断腸の思い」等

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 仁平克幸"県内最古 127年の歴史 土浦幼稚園が統合移転 卒園生らお別れイベント"茨城新聞2012年2月21日付朝刊、地域総合A版18ページ
  2. ^ ひとりごと:寺内タケシ 夕刊フジZakzak 2007年3月24日付閲覧

外部リンク[編集]