チープ・トリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チープ・トリック
リック・ニールセン(左)とトム・ピーターソン(1977年)
リック・ニールセン(左)とトム・ピーターソン(1977年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州 ロックフォード
ジャンル ロックンロール
ハードロック
パワー・ポップ
活動期間 1974年 -
レーベル エピック・レコード
ワーナー・ブラザーズ・レコード
Red Ant
Big3
公式サイト www.cheaptrick.com
メンバー
ロビン・ザンダー
リック・ニールセン
トム・ピーターソン
バン・E・カルロス
旧メンバー
ピート・コミタ
ジョン・ブラント

{{{Influences}}}

チープ・トリックCheap Trick)は1974年シカゴ郊外にあるロックフォード市で結成、1977年にデビューしたアメリカロックバンド。ライヴ・アルバム『チープ・トリックat武道館』がヒット作となり、日本武道館の名を世界中に知らしめたバンドとして有名である。

メンバー[編集]

  • ロビン・ザンダー(Robin Zander) - ボーカル
  • リック・ニールセン(Rick Nielsen) - ギター
    • ヴィンテージギターと変形ギターのコレクターとしても有名。チェック柄のアイテムがトレードマーク。
  • トム・ピーターソン(Tom Petersson) - ベース ( 途中一時脱退 )
    • 12弦の特殊仕様のベースをメインで使用しライブ時の分厚いサウンドを特徴づける。
  • バン・E・カルロス(Bun E. Carlos) - ドラムス
  • ジョン・ブラント (Jon Brant) - ベース ( 1982 - 1987 )

来歴[編集]

リック・ニールセンとトム・ピーターソンは、Fuseというバンドのメンバーとして1969年にメジャー・デビューするが、商業的成功には恵まれず、一時はフィラデルフィアに拠点を移す。その後、リックとトムはイリノイ州に戻り、バン・E・カルロスやランディ・ホーガンと共にチープ・トリックを結成。しかし、ランディは間もなく脱退し、後任としてロビン・ザンダーが加入してラインナップが固まる。

1977年、デビュー・アルバム『チープ・トリック』発表。しかし、本国アメリカでは成功せず、その後2枚のアルバムもヒットしなかったが、日本では人気が高まっていき、1978年4月には、初の日本公演を行う。その時の模様を収録したライヴ・アルバム『チープ・トリックat武道館』(1978年)は、当初は日本限定企画だったが、本国アメリカで日本からの輸入盤が売れ出したため、1979年に本国でもリリースされ、バンドにとって初の全米トップ10入り(最高4位)を果たした。また、このアルバムからシングル・カットされた「甘い罠 (I Want You To Want Me)」は、Billboard Hot 100 で7位まで上昇し、バンドにとって初の大ヒット・シングルとなった[1]

1980年、ロビン以外の3人は、ジョン・レノン「アイム・ルージング・ユー」のレコーディング・セッションに参加。チープ・トリックが参加したヴァージョンは、ジョンのアルバム『ダブル・ファンタジー』には収録されず、後にボックス・セット『ジョン・レノン・アンソロジー』で発表される。同年発表のアルバム『オール・シュック・アップ』は、ビートルズとの仕事で知られるジョージ・マーティンがプロデュースを担当。しかし、同作を最後にトムが脱退。バンドはピート・コミタを迎えてツアーを行い、その後ピートに代わってジョン・ブラントが加入。トッド・ラングレンがプロデュースを担当した『ネクスト・ポジション・プリーズ』(1983年)等の意欲作を発表するが、セールス的には落ち込んでいった。1986年には、映画『トップガン』のサウンドトラックに「Mighty Wings」を提供。

1987年、トムがバンドに復帰。翌年には、アルバム『永遠の愛の炎』が全米16位のヒットとなり、同作からのシングル「The Flame」は、バンドにとって初の全米1位シングルとなった[1]

その後、バンドはワーナー・ブラザーズ・レコードに移籍し、テッド・テンプルマンのプロデュースによる『蒼い衝動』(1994年)を発表するが、同作は商業的には成功せず、バンドはほどなくワーナー・ブラザーズを離れる。以後、バンドはライヴ中心の活動に移行し、サブ・ポップからシングル「Baby Talk」をリリースした後は、Red AntやBig3といったインディーズ・レーベル(日本ではビクターエンタテインメント)から作品発表を継続する。

2003年 来日しSUMMER SONIC 03に出演。競演していた多くのパワーポップ系若手バンドからリスペクトを集める。

2008年 78年のアルバム「at 武道館」発売30周年を記念し、4月24日に再び日本武道館で公演。

2010年 従来より身体的な問題が伝えられていたバン・E・カルロスについて、バンドは、バン・E がメンバーとして籍は残すもののツアーには参加しないことを発表。以降、リック・ニールセンの息子ダックスがツアードラマーとして迎えられた。

2011年 7月17日、オタワ・ブルースフェスティバル(カナダ)での演奏中、強風のためステージが大崩落する事故が発生。メンバーは怪我を免れ、以降も精力的にツアーを継続する。

2012年 8月より、出身地ロックフォードのBurpee自然史博物館にて、リック・ニールセンのテーマ展「Rick’s Picks: A Lifelong Affair With Guitars & Music」開催。コレクターとしても知られるリックの所有する膨大なギターやトムのベース、様々な関連資料が展示される。

2012年 8月10日、11日サマーソニック出演予定

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

EP[編集]

  • デイ・トリッパー - Found All The Parts (1980) 

ライブ・アルバム[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • グレイテスト・ヒッツ - The Greatest Hits (1991)
  • セックス・アメリカ・チープ・トリック - Sex, America, Cheap Trick (1996)
  • エッセンシャル・チープ・トリック - The Essential Cheap Trick (2004)

脚注[編集]

外部リンク[編集]