テッド・テンプルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テッド・テンプルマン
生誕 1944年10月24日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州 サンタクルーズ
ジャンル ロック
職業 音楽プロデューサーミュージシャン
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
共同作業者 ハーパース・ビザールドゥービー・ブラザーズヴァン・モリソンニコレット・ラーソンヴァン・ヘイレン

テッド・テンプルマン(Ted Templeman、1944年10月24日-)は、アメリカ合衆国音楽プロデューサーワーナー・ブラザース・レコードに所属し、ドゥービー・ブラザーズヴァン・モリソンヴァン・ヘイレン等の作品を手がけた。

来歴[編集]

カリフォルニア州サンタクルーズ出身。1960年代ドラマーとして音楽活動を開始し、タイキス等のバンドに参加。その後、タイキスはハーパース・ビザールと改名し、テッドはボーカルギターにパート・チェンジして、1967年にデビュー。

ハーパース・ビザール解散後、テッドはワーナー・ブラザース・レコードのプロデューサーとなる。1971年には、ドゥービー・ブラザーズのデビュー作『The Doobie Brothers』やヴァン・モリソンテュペロ・ハニー』を手がけ、特にドゥービー・ブラザーズとの関係は長く続くこととなる。1970年代前半には、キャプテン・ビーフハート&ザ・マジック・バンド、リトル・フィートモントローズの作品にも携わった。

1976年には、カーリー・サイモン見知らぬ二人』を手がける。同作には、ドゥービー・ブラザーズのメンバー達も演奏面で貢献した[1]1977年にはヴァン・ヘイレンのデビュー作『炎の導火線』(発表は1978年)を手がけ、同バンドとの関係は1980年代中期まで続く。

1980年代には、パトリック・シモンズマイケル・マクドナルドといったドゥービー・ブラザーズ人脈のアーティスト、ヴァン・ヘイレン加入前のサミー・ヘイガー、ヴァン・ヘイレン脱退後のデイヴィッド・リー・ロス、その他エリック・クラプトンエアロスミス等、多くのアルバムにクレジットされる。

1991年、ヴァン・ヘイレンの『For Unlawful Carnal Knowledge』で、7年ぶりに同バンドと共同作業を行う。1994年には、チープ・トリックの『Woke Up With a Monster』も手がけた。

主なプロデュース作品[編集]

『The Doobie Brothers』(1971年)、『Toulouse Street』(1972年)、『The Captain and Me』(1973年)、『What Were Once Vices Are Now Habits』(1974年)、『Stampede』(1975年)、『Takin' It to the Streets』(1976年)、『Livin' on the Fault Line』(1977年)、『Minute by Minute』(1978年)、『One Step Closer』(1980年)、『Farewell Tour』(1983年)、『World Gone Crazy』(2010年)
Tupelo Honey』(1971年)、『Saint Dominic's Preview』(1972年/一部楽曲のみ)、『It's Too Late to Stop Now』(1974年)、『The Philosopher's Stone』(1998年)
『Clear Spot』(1972年)
『Sailin' Shoes』(1972年)、『Time Loves a Hero』(1977年)
『Montrose』(1973年)、『Paper Money』(1974年)
Another Passenger』(1976年)
Van Halen』(1978年)、『Van Halen II』(1979年)、『Women and Children First』(1980年)、『Fair Warning』(1981年)、『Diver Down』(1982年)、『1984』(1984年)、『For Unlawful Carnal Knowledge』(1991年)
Nicolette』(1978年)、『In the Nick of Time』(1979年)、『Live at the Roxy』(1979年)、『Radioland』(1980年)
『Everything You've Heard is True』(1979年)
『If That's What it Takes』(1982年)、『No Lookin' Back』(1985年)、『Sweet Freedom』(1986年)、『Take It to the Heart』(1990年)
『Arcade』(1983年)
『VOA』(1984年)
Crazy from the Heat』(1984年)、『Eat 'Em and Smile』(1986年)
Behind the Sun』(1985年/一部楽曲のみ)
Done With Mirrors』(1985年)
『Bulletboys』(1988年)、『Freakshow』(1991年)、『Za-Za』(1993年)
Woke Up With a Monster』(1994年)
『Muzy's Move』(1995年)、『The Contender』(1998年)
『Bathhouse Betty』(1998年/一部楽曲のみ)
『Naked』(2004年)、『Sinners』(2006年)

他多数

脚注[編集]

  1. ^ Another Passenger - Carly Simon | AllMusic - Review by William Ruhlmann - 2015年2月21日閲覧

外部リンク[編集]