ヴァン・モリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァン・モリソン
Van Morrison at Notodden Blues Festival.JPG
ヴァン・モリソン(2013年)
基本情報
出生名 George Ivan Morrison
出生 1945年8月31日(70歳)
出身地 北アイルランドの旗 北アイルランド ベルファスト
ジャンル ロックブルースブルー・アイド・ソウル
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギターハーモニカキーボードサクソフォーン
活動期間 1964年 -
レーベル バング・レコード
ワーナー・ブラザーズ・レコード
マーキュリー・レコード
ポリドール・レコード
ヴァージン・レコード
ブルーノート・レコード
RCAレコード
共同作業者 ゼム
公式サイト www.vanmorrison.com

ヴァン・モリソンVan Morrison、本名Sir George Ivan Morrison, OBE1945年8月31日 - )は、イギリス北アイルランド出身)のミュージシャン。高い音楽性と歌唱力で、多くのミュージシャンからの尊敬を集める。1993年ロックの殿堂入りを果たし[1]1996年に大英帝国勲章OBEを受章した[2]

ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第24位[3]

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第42位。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第22位[4]

略歴[編集]

ベルファスト出身[5]。音楽好きの家庭に育ち、15歳でMonarchsというバンドに加入し音楽活動を始める[5]1964年ゼムを結成し、デビュー。「グロリア」などのヒットを飛ばし、当時イギリスで隆盛したブルー・アイド・ソウルのシンガーとして人気を博す。

1966年アメリカ・ツアー終了後、モリソンはゼムを脱退し、アメリカに留まってソロに転向[5]1967年にはバング・レコードから発売されたシングル「ブラウン・アイド・ガール」が全米10位のヒットとなるが[6]、プロデューサーのバート・バーンズはモリソンの意向を無視してソロ・アルバム『ブロウイン・ユア・マインド』を発売し、同年末にバーンズが死去して、モリソンはバング・レコードを離れた[5]

1968年に発売されたワーナー・ブラザーズ・レコード移籍第1弾アルバム『アストラル・ウィークス』は、リリース当時は1万5千枚ほどしか売れなかったが[7]、後にポップ・ミュージック史を代表する名盤として評価を受け[8][9]、2001年にはアメリカ国内の売り上げが50万枚を突破した[7]。続く『ムーンダンス』はBillboard 200で29位のヒットとなり[6]、その後も『テュペロ・ハニー』(全米27位[6])などのアルバムを精力的にリリース。R&Bジャズフォークブリティッシュ・トラッドケルト音楽などの要素が濃い音楽性は、高い評価を受けた。1973年にベルファストへ戻り、翌1974年にアルバム『ヴィードン・フリース』をリリースした後は活動を停止するが、1977年に復帰作『安息への旅』をリリースした[5]1979年のアルバム『イントゥ・ザ・ミュージック』以降は、ジャズやニューエイジの要素を取り入れた瞑想的な作風のアルバムを多数リリースしていく[7]

1988年のアルバム『アイリッシュ・ハートビート』ではチーフタンズと共演。1989年のアルバム『アヴァロン・サンセット』収録曲「ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー」は、ロッド・スチュワートによるカヴァーが1993年にヒットしたことでも知られ、1995年にはチーフタンズとの共演による同曲のセルフ・カヴァーを録音しグラミー賞最優秀ポップ・コラボレーション・ウィズ・ボーカル賞を受賞した[10]。また、ジョン・リー・フッカーのアルバム『ドント・ルック・バック』(1997年)のプロデュースを担当する等、幅広いジャンルのミュージシャンと共演。

2006年には、カヴァー曲を中心としたキャリア初の本格的なカントリー・アルバム『ペイ・ザ・デヴィル』を発表した[7]。2008年のアルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから41年目にして自身初の全米トップ10アルバムとなった[6]

家族[編集]

最初の妻との間には、後にシンガーソングライターとして活動する娘シャナ・モリソン英語版が生まれるが、1973年に離婚した[11]。シャナは父ヴァンの『ア・ナイト・イン・サンフランシスコ』(1994年)、『デイズ・ライク・ディス』(1995年)といったアルバムに参加した後、デビュー・アルバム『Caledonia』のリリースに至る[12]。また、1992年には2人目の妻となるミシェル・ロッカ英語版(元ミス・アイルランド)との出会いを果たした[11]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライヴ・アルバム[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • ザ・ベスト・オブ・ヴァン・モリソン - The Best of Van Morrison (1990)
  • ヴァン・モリソン・ベスト2 - The Best of Van Morrison Volume Two (1993)
  • フィロソファーズ・ストーン〜賢者の石 - The Philosopher's Stone (1998) ※アウトテイク集
  • Van Morrison at the Movies – Soundtrack Hits (2007)
  • The Best of Van Morrison Volume 3 (2007)
  • スティル・オン・トップ〜グレイテスト・ヒッツ - Still on Top – The Greatest Hits (2007)

ゲスト参加作品[編集]

アーティストの姓またはバンド名の順に掲載。

受賞・ノミネート[編集]

グラミー賞

  • 『心のスカンジナヴィア』 - 1983年グラミー賞(ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス)ノミネート
  • 『イン・ザ・ガーデン』『ユー・センド・ミー』 - 1995年グラミー賞(男性ロック・ボーカル・パフォーマンス)ノミネート
  • 『ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー』- 1997年グラミー賞(ポップ・コラボレーション/ヴォーカル部門)受賞 ※チーフタンズと共演
  • 『ドント・ルック・バック』 - 1998年グラミー賞(ポップ・コラボレーション/ヴォーカル部門)受賞 ※ジョン・リー・フッカーと共演
  • 『シェナンドア川』 - 1999年グラミー賞(ポップ・コラボレーション/ヴォーカル部門)ノミネート ※チーフタンズと共演
  • 『ホワッツ・ロング・ウィズ・ディス・ピクチャー?』 - 2005年グラミー賞(コンテンポラリー・ブルース・アルバム)ノミネート

グラミー賞殿堂賞[13]

  • 『アストラル・ウィークス』(アルバム)- 1999年殿堂入り
  • 『ムーンダンス』(アルバム) - 1999年殿堂入り
  • 『グロリア』(ゼム時代のシングル) - 1999年殿堂入り
  • 『ブラウン・アイド・ガール』(シングル)- 2007年殿堂入り

1994年ブリット・アワード功労賞[14]

1993年ロックの殿堂入り[1]

2003年ソングライター殿堂入り[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b "Van Morrison inducted in 1993 _ The Rock and Roll Hall of Fame and Museum" rockhall.com 2013年5月30日閲覧
  2. ^ Kleid, Beth (1996年6月17日). “Arts and entertainment reports from The Times, national and international news services and the nation's press.”. Los Angeles Times. 2016年1月20日閲覧。
  3. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Van Morrison”. 2013年5月26日閲覧。
  4. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e Ankeny, Jason. “Van Morrison - Biography & History”. AllMusic. 2016年1月20日閲覧。
  6. ^ a b c d Van Morrison | Awards | AllMusic
  7. ^ a b c d Van Morrison Biography”. The Rock and Roll Hall of Fame and Museum. 2016年2月10日閲覧。
  8. ^ Ruhlmann, William. “Astral Weeks -Van Morrison”. AllMusic. 2016年1月20日閲覧。
  9. ^ O'Hagan, Sean (2008年11月2日). “Is this the best album ever made?”. The Observer. Guardian News and Media. 2016年1月20日閲覧。
  10. ^ Have I Told You Lately by Van Morrison”. Songfacts. 2016年1月20日閲覧。
  11. ^ a b Davis, Clive (2015年4月11日). “And he stones us to our souls: the Van Morrison interview”. Irish Examiner. 2016年1月20日閲覧。
  12. ^ Shana Morrison | Credits | AllMusic
  13. ^ "GRAMMY Hall Of Fame" grammy.org 2013年5月30日閲覧
  14. ^ "Brit Award Shows-1994" brits.co.uk. 2013年5月30日閲覧
  15. ^ "Songwriters Hall of Fame" 2013年5月30日閲覧

外部リンク[編集]