ブラウン・アイド・ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Brown Eyed Girl
ヴァン・モリソンシングル
初出アルバム『ブロウイン・ユア・マインド
B面 グッドバイ・ベイビー
リリース
録音 1967年3月28日
ジャンル ロック、ブリティッシュ・R&B
時間
レーベル バング・レコード
作詞・作曲 ヴァン・モリソン
プロデュース バート・バーンズ英語版
ヴァン・モリソン シングル 年表
ブラウン・アイド・ガール
(1967)
『ロ・ロ・ロージー』
(1967)
テンプレートを表示

ブラウン・アイド・ガール』または『茶色の眼をした女の子』(Brown Eyed Girl) はヴァン・モリソンによる楽曲。レコーディングは1967年3月に行われ、シングルとしてバング・レコードから1967年6月に発売された。Billboard Hot 100における最高順位は10位。ゼムを脱退したヴァン・モリソンのソロ活動1作目であり、彼の代表曲でもある[1]。アメリカのラジオ局では1,000万回以上放送されたクラシック・ロックの定番であり[2]、また今までに幾度となくカバーされてきた曲である。

制作背景[編集]

『ブラウン・アイド・ガール』はヴァン・モリソンの最初のソロ作品である。それまでモリソンはゼムに在籍しバンドの一員として活動を行っていた。1966年のアメリカツアー終了後、モリソンはゼムから脱退しベルファストに戻った。そのころゼム時代から関わりのあった音楽プロデューサー、バート・バーンズ英語版ニューヨークでバング・レコードを立ち上げており、モリソンのソロ活動を開始させるため、彼をニューヨークに招いた[3][4]。1967年3月28日、2日間にわたるレコーディングが始まり、シングル4枚分の8曲が録音された[5]。レコーディングはA&Rスタジオで行われ、楽曲『ブラウン・アイド・ガール』は初日の22テイク目で録音された[6]。スタジオにはギタリストのエリック・ゲイルヒュー・マクラッケン[7][8]アル・ゴルゴーニ英語版、ベーシストのラス・サヴァカス英語版、ピアニストのポール・グリフィン英語版、ドラマーのゲイリー・チェスター英語版らが参加した[9][10]コーラスにはスイート・インスピレーションズ英語版が参加している[11]。シングル『ブラウン・アイド・ガール』は1967年6月中旬にリリースされた[12]

元々のタイトルは Brown-Skinned Girl(茶色い肌の女の子)であったが、モリソンがレコーディング時に現在のタイトルに変更したという。モリソンの言によればこの変更はただの間違いで、うっかりしてしまったということである[2][13][14]。一方、『茶色い肌の女の子』という曲は異人種間の交流を描いたものであったが、モリソンがラジオ局での受けを良くするためタイトルを変更したとも言われている[15]

かつての恋人のことを歌ったノスタルジックな歌詞であるが、当時のラジオ局では過激と受け止められることが多く、ラジオで放送されたものは、「making love in the green grass」の部分が「laughin' and a-runnin', hey hey」に置き換えられている[2]。このラジオエディットバージョンは『ザ・ベスト・オブ・ヴァン・モリソン』でも使用されている[2]

バング・レコードとの契約によりモリソンは、ロイヤリティーが支払われるまでレコーディングにかかった費用を負うこととなった[16]。また、モリソンの主張によれば彼は一銭もロイヤリティーを受け取っていないという[17]。『The Big Royalty Check』は、この契約でたまったフラストレーションから生み出されている[17]。大ヒットした曲であるにもかかわらず、モリソンは『ブラウン・アイド・ガール』を気に入っておらず、インタビューでも「最高の曲ではないね。要するにもっといい曲を300曲ぐらい知っているよ。」と答えているが[18]、その大きな理由として契約上・金銭上のトラブルが関係していると見られている[19]。また楽曲の制作はプロデューサーのバーンズが主導しており、最終的に完成した曲はモリソンの意向とは違うものだったとモリソンは語っている[20]

Billboard Hot 100における最高順位は10位であった[21]。このシングルの成功を受けて、モリソンのファースト・ソロアルバム『ブロウイン・ユア・マインド』が制作された。ファースト・トラックには『ブラウン・アイド・ガール』が収められている。このアルバムはBillboard 200において182位を記録した[22]

評価[編集]

発表から長い月日が流れても『ブラウン・アイド・ガール』はオールディーズクラシック・ロックのラジオ局で流され続けており、2005年には700万回以上ラジオやテレビで放送されたとして、BMIから Million-Airs として表彰を受けている[23][24]。また、2007年には800万回、2009年には900万回以上放送されたとBMIによって認められている[25][26]。2011年にはアメリカで1,000万回以上放送された曲、10曲のうちの一つとして認められた[27]ビルボードは2015年に『ブラウン・アイド・ガール』を1960年代の曲のうち、最もダウンロードされ、最も再生された曲としている[28]

ロックに主軸をおいた音楽評論を行っているデイヴ・マーシュ英語版は1989年の著作『The Heart of Rock and Soul, The 1001 Greatest Singles Ever』において、この曲を386位としている[29]。1999年Broadcast Music, Inc. (BMI) は「Top 100 Songs of the Century」にこの曲をリストアップしている[30]。2000年にはMTVローリング・ストーン誌の専門家が選ぶポップソングのトップ100曲の第21位に選出されている[31][32]。同年、アメリカのケーブルテレビ局VH1のグレイテスト・ロック・ソングでは49位に選ばれた[33]アメリカレコード協会 (RIAA) や全米芸術基金英語版 (NEA) がリストアップした「世紀の歌」では131位となっている[34]。2004年11月には「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」において110位に選ばれた[35]。アメリカのラジオ局WXPN英語版によって選ばれた885曲のオールタイム・グレイテスト・ソングにおいて2004年では79位、2014年では107位とされている[36][37]。2007年にはグラミー賞の殿堂入りを果たしている[38]ロックの殿堂の「The Songs That Shaped Rock and Roll(ロックン・ロールを形作った曲)」にも選ばれている[39]

映画などでの使用[編集]

カバーバージョン[編集]

『ブラウン・アイド・ガール』は複数のアーティストによってカバーが行われている。例を挙げると、

イアン・マシューズ英語版[47]ジミー・バフェット[48]アデル[49]ビリー・レイ・サイラス[50]バステッド[51]エバークリア英語版[52]ジョニー・リバース英語版[53]ブルース・スプリングスティーン[54]ブライアン・ケネディ英語版[55]スティール・パルス英語版[56]ラグワゴン[57]エル・チカーノ英語版[58]ローナン・キーティング[59]リール・ビッグ・フィッシュ[60]などである。またジョー・スタンプリー英語版のカバーバージョンはビルボードのカントリーソングチャートにおいて1983年に29位を獲得している[61]

チャート順位[編集]

ビルボード キャッシュボックス 全英シングルチャート
Hot 100 Hot Ringtones
1967 10[62] - 8[63] -
2006 - 18[64] - -
2013 - - - 60[65]

脚注[編集]

  1. ^ Yorke 1975, p. 42.
  2. ^ a b c d Maureen Coleman (2011年10月7日). “What inspired Van Morrison to write Brown Eyed Girl?”. Belfast Telegraph. 2016年5月1日閲覧。
  3. ^ Van Morrison Biography”. Rolling Stone. 2016年5月1日閲覧。
  4. ^ Jason Ankeny. “Van Morrison”. AllMusic. 2016年5月1日閲覧。
  5. ^ Turner 1993, p. 76.
  6. ^ Heylin 2003, p. 152.
  7. ^ Interview: Jeff Barry”. music-illuminati.com (2010年1月29日). 2012年1月21日閲覧。
  8. ^ Rogan 2006, p. 199.
  9. ^ Heylin 2003, p. 150.
  10. ^ Gary Chester”. Drummerworld. 2016年5月1日閲覧。
  11. ^ The Sweet Inspirations”. Stax Records. 2016年5月1日閲覧。
  12. ^ Rogan 2006, p. 201.
  13. ^ Collis 1996, p. 81.
  14. ^ Rogan 2006, p. 43.
  15. ^ Bignell, Paul (2010年11月21日). “Decoded songs and their meanings”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/news/decoded-songs-and-their-meanings-2139733.html 2013年10月24日閲覧。 
  16. ^ Heylin 2003, p. 148.
  17. ^ a b Kym Frederick (2015年9月27日). “Brown Eyed Girl - Van Morrison”. Newport City Radio. 2016年5月2日閲覧。
  18. ^ TIME Magazine Interviews: Van Morrison. TIME.. (2009年2月26日). 該当時間: 4分14秒. http://www.youtube.com/watch?v=QVHbUPNcTiU 2010年2月13日閲覧。 
  19. ^ a b Ron Hart (2015年9月25日). “The 15 Best Van Morrison Songs”. Paste Magazine. 2016年5月2日閲覧。
  20. ^ Music History: “Brown Eyed Girl” Recorded In 1967”. 104.3 K-Hits Chicago (2011年3月28日). 2016年5月2日閲覧。
  21. ^ Music: Top 100 Songs”. Billboard. 2016年5月7日閲覧。
  22. ^ Blowin' Your Mind! - Van Morrison | Awards”. AllMusic. 2016年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月2日閲覧。
  23. ^ 2005 BMI London Awards: Million-Airs”. BMI (2005年11月28日). 2016年5月2日閲覧。
  24. ^ BMI Honors Top European Writers, Publishers at 2005 London Awards; Steve Winwood Named a BMI Icon”. BMI (2005年11月28日). 2016年5月2日閲覧。
  25. ^ Peter Gabriel Receives Top Honor at BMI Awards”. BMI (2007年10月16日). 2012年1月21日閲覧。
  26. ^ BMI London Awards”. BMI (2009年10月9日). 2011年4月13日閲覧。
  27. ^ “My 10 million radio plays Brown Eyed Girl”. Irish Independent. (2011年10月5日). http://www.independent.ie/entertainment/music/my-10-million-radio-plays-brown-eyed-girl-2896314.html 2011年1月21日閲覧。 
  28. ^ Appel, Rich (2015年2月14日). “Revisionist History, Valentine's Day Edition: Captain & Tennille Crunches Aerosmith, Van Morrison Boots Lulu”. Billboard. Prometheus Global Media. 2015年2月15日閲覧。
  29. ^ Dave Marsh the 1001 greatest Singles Ever”. rocklistmusic.co.uk. 2007年4月8日閲覧。
  30. ^ BMI Announces Top 100 Songs of the Century”. BMI (1999年12月13日). 2016年5月6日閲覧。
  31. ^ Rolling Stone's and MTV's 200 Greatest Pop Songs”. rockonthenet.com. 2012年1月21日閲覧。
  32. ^ The 100 greatest pop songs since 1963”. news24 (2000年11月17日). 2016年5月7日閲覧。
  33. ^ VH1: 100 Greatest Rock Songs”. rockonthenet.com. 2012年1月21日閲覧。
  34. ^ Songs of the Century”. CNN (2001年3月7日). 2016年5月7日閲覧。
  35. ^ Rolling Stone Magazine's Top 500 Songs”. metrolyrics.com. 2010年10月24日閲覧。
  36. ^ 885 Countdown: Greatest Songs (2004)”. WXPN. 2016年5月7日閲覧。
  37. ^ 885 Countdown 2014 Playback”. WXPN. 2016年5月7日閲覧。
  38. ^ Grammy Hall of Fame Award”. The Recording Academy. 2010年10月20日閲覧。
  39. ^ Experience The Music: One Hit Wonders and The Songs That Shaped Rock and Roll”. The Rock and Roll Hall of Fame and Museum. 2016年5月7日閲覧。
  40. ^ 「愛がこわれるとき」オリジナル・サウンドトラック [廃盤]”. CDJournal. 2016年5月4日閲覧。
  41. ^ BBC Radio 4 - Desert Island Discs, Boris Johnson MP”. BBC Radio 4. 2016年5月4日閲覧。
  42. ^ BBC Radio 4 - Desert Island Discs, Betty Jackson”. BBC Radio 4. 2016年5月4日閲覧。
  43. ^ BBC Radio 4 - Desert Island Discs, Hugh Laurie”. BBC Radio 4. 2016年5月6日閲覧。
  44. ^ Renaissance Van”. Rolling Stone. 2009年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月23日閲覧。
  45. ^ Clinton picks Morrison & Simon for charity iPod”. star magazine.co.uk (2009年3月9日). 2013年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月23日閲覧。
  46. ^ Steven Morris (2014年6月19日). “Rik Mayall funeral attended by stars of comedy”. The Guardian. 2016年5月1日閲覧。
  47. ^ Go for Broke - Iain Matthews”. AllMusic. 2015年10月6日閲覧。
  48. ^ One Particular Harbour - Jimmy Buffett”. AllMusic. 2016年5月2日閲覧。
  49. ^ BBC - Radio 2's Great British Songbook: Brown Eyed Girl”. BBC Radio 2. 2012年1月21日閲覧。
  50. ^ Home at Last - Billy Ray Cyrus”. AllMusic. 2016年5月2日閲覧。
  51. ^ What I Go to School For (disc 2) - Busted”. Last.fm. 2016年5月3日閲覧。
  52. ^ Songs from an American Movie, Vol. 1: Learning How to Smile - Everclear”. AllMusic. 2016年5月3日閲覧。
  53. ^ L.A. Reggae - Johnny Rivers”. AllMusic. 2016年5月3日閲覧。
  54. ^ Ryan Kristobak (2014年4月20日). “Watch Bruce Springsteen Cover Van Morrison's 'Brown Eyed Girl'”. Huffington Post. 2016年5月3日閲覧。
  55. ^ Interpretations - Brian Kennedy”. AllMusic. 2016年5月3日閲覧。
  56. ^ Rage and Fury - Steel Pulse”. AllMusic. 2016年5月3日閲覧。
  57. ^ Trashed - Lagwagon”. AllMusic. 2016年5月3日閲覧。
  58. ^ Viva El Chicano! Their Very Best - El Chicano”. AllMusic. 2016年5月3日閲覧。
  59. ^ Ronan Keating at Blickling”. bbc.co.uk. 2009年10月27日閲覧。
  60. ^ Fame, Fortune and Fornication - Reel Big Fish”. AllMusic. 2016年5月3日閲覧。
  61. ^ Whitburn, Joel (2013). Hot Country Songs 1944–2012. Record Research, Inc. p. 318. ISBN 978-0-89820-203-8. 
  62. ^ Van Morrison - Chart history”. Billboard. 2013年10月25日閲覧。
  63. ^ Cash Box Top 100 10/07/67”. 2016年5月2日閲覧。
  64. ^ Van Morrison | Awards”. AllMusic. 2016年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月16日閲覧。
  65. ^ VAN MORRISON”. The Official Charts Company. 2013年6月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • Collis, John (1996). Inarticulate Speech of the Heart. Little Brown and Company. ISBN 0-306-80811-0. 
  • Heylin, Clinton (2003). Can You Feel the Silence? Van Morrison: A New Biography. Chicago Review Press. ISBN 1-55652-542-7. 
  • Rogan, Johnny (2006). Van Morrison: No Surrender. Vintage Books. ISBN 978-0-09-943183-1. 
  • Turner, Steve (1993). Van Morrison: Too Late to Stop Now. Viking Penguin. ISBN 0-670-85147-7. 
  • Williams, Paul (1993). Rock and Roll: The 100 Best Singles. Carroll & Graf Publishers, Inc.,. ISBN 0-88184-966-9. 
  • Yorke, Ritchie (1975). Into The Music. Charisma Books. ISBN 0-85947-013-X. 

外部リンク[編集]