ナイト・イン・サンフランシスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナイト・イン・サンフランシスコ
ヴァン・モリソンライブ・アルバム
リリース
録音 1993年12月12日 カリフォルニア州ペタルーマ ミスティック・シアター[1]
1993年12月18日 カリフォルニア州サンフランシスコ メソニック・オーディトリアム[1]
ジャンル ロックブルー・アイド・ソウル
時間
レーベル ポリドール・レコード
プロデュース ヴァン・モリソン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 8位(イギリス[2]
  • 9位(ニュージーランド[3]
  • 12位(オーストラリア[4]
  • 23位(スウェーデン[5]
  • 39位(オランダ[6]
  • 73位(ドイツ[7]
  • 125位(アメリカ[8]
ヴァン・モリソン 年表
トゥー・ロング・イン・イグザイル
(1993年)
ナイト・イン・サンフランシスコ
(1994年)
デイズ・ライク・ディス
(1995年)
テンプレートを表示

ナイト・イン・サンフランシスコ[注釈 1]』(原題:A Night in San Francisco)は、北アイルランドのミュージシャン、ヴァン・モリソン1993年12月に録音し1994年に発表した、キャリアを通じて3作目のライブ・アルバム[9]。2枚組CDとして発売された。

背景[編集]

ジミー・ウィザースプーン英語版ジュニア・ウェルズジョン・リー・フッカーといったブルース・ミュージシャン、それにモリソンの娘シャナ・モリソン英語版がゲスト・ボーカリストとして迎えられており[9]、シャナは本作の「ビューティフル・ヴィジョン」でレコード・デビューを果たす形となった[10]

反響・評価[編集]

イギリスでは5週にわたり全英アルバムチャート入りして最高8位を記録し、モリソンにとって5作目(ベスト盤も含む)の全英トップ10アルバムとなった[2]

アメリカではセールス的に大きな成功を収められず、Billboard 200では125位に終わった[8]第37回グラミー賞では、収録曲「イン・ザ・ガーデン/ユー・センド・ミー/アレゲーニー」が最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞にノミネートされた[11]

William Ruhlmannはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「モリソンをショウマンでなく深遠なシンガーソングライターとして見る向きにとっては駄作かもしれないが、紛れもなくライブ・アルバムの第一条件である生々しさを備えている」と評している[9]。また、Parke Puterbaughは『ローリング・ストーン』誌のレビューで5点満点中4点を付け「この素晴らしいパフォーマンスの絶頂は、長大な新アレンジが施された"Moondance"で、この名曲が大胆にリメイクされた」と評している[12]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はヴァン・モリソン作。

ディスク1[編集]

  1. ゲット・ヒールド - "Did Ye Get Healed?" – 4:18
  2. イッツ・オール・イン・ザ・ゲーム/メイク・イット・リアル・ワン・モア・タイム - "It's All in the Game/Make It Real One More Time" (Charles Dawes, Carl Sigman/Van Morrison) – 4:19
    • "Sitting in the Park" (Billy Stewart)からの引用を含む[1]
  3. アイヴ・ビーン・ワーキング - "I've Been Working " – 3:23
  4. アイ・フォゴット・ザット・ラヴ・イグジスト - "I Forgot That Love Existed" – 6:17
  5. ヴァンローズ・ステアウェイ/トランスユーロ・トレイン/フール・フォー・ユー - "Vanlose Stairway/Trans-Euro Train/A Fool for You" (V. Morrison/V. Morrison/Ray Charles) – 6:55
  6. ユー・メイク・ミー・フィール・ソー・フリー - "You Make Me Feel So Free" – 3:13
  7. ビューティフル・ヴィジョン - "Beautiful Vision" – 4:10
  8. シー・ミー・スルー/ソルジャー・オブ・フォーチュン/サンキュー・フォー・レッティング・ミー・ビー・マイセルフ・アゲイン - "See Me Through/Soldier of Fortune/Thank You Falettinme Be Mice Elf Agin" (V. Morrison/V. Morrison/Sylvester Stewart) – 10:17
  9. エイント・ザット・ラヴィング・ユー・ベイビー - "Ain't That Lovin' You Baby?" (Ivory Joe Hunter, Clyde Otis) – 4:44
  10. ストーミー・マンデイ/ハヴ・ユー・エヴァー・ラヴド・ア・ウーマン/ノー・ローリン・ブルース - "Stormy Monday/Have You Ever Loved a Woman?/No Rollin' Blues" (T-Bone Walker/Billy Myles/Jimmy Witherspoon) – 6:08
  11. ヘルプ・ミー - "Help Me" (Sonny Boy Williamson II) – 6:09
  12. グッド・モーニング・スクール・ガール - "Good Morning Little School Girl" (Sonny Boy Williamson I) – 3:32
  13. テュペロ・ハニー - "Tupelo Honey" – 4:01
  14. ムーンダンス/マイ・ファニー・ヴァレンタイン - "Moondance/My Funny Valentine" (V. Morrison/Richard Rodgers, Lorenz Hart) – 9:09

ディスク2[編集]

  1. シンフォニー・シド - "Jumpin' with Symphony Sid" (King Pleasure, Lester Young) – 4:47
  2. イット・フィルズ・ユー・アップ - "It Fills You Up" – 4:42
  3. アイル・テイク・ケア・オブ・ユー/イッツ・ア・マンズ・マンズ・マンズ・ワールド - "I'll Take Care of You/It's a Man's Man's Man's World" (Brook Benton/James Brown, Betty Newsome) – 16:23
  4. ロンリー・アヴェニュー/4クロック・イン・ザ・モーニング - "Lonely Avenue/4 O'Clock in the Morning" – 14:50
    • ロンリー・アヴェニュー - "Lonely Avenue" (Doc Pomus)
    • ビー・バップ・ア・ルーラ - "Be-Bop-A-Lula" (Gene Vincent, Bill Davis)
    • 4オクロック・イン・ザ・モーニング - "4 O'Clock in the Morning" (V. Morrison)
    • ファミリー・アフェアー - "Family Affair" (S. Stewart)
    • ユー・ギヴ・ミー・ナッシング・バット・ザ・ブルース - "You Give Me Nothing but the Blues" (V. Morrison)
    • ホエン・ウィル・アイ・ビカム・ア・マン - "When Will I Become a Man?" (Erica Ehm, Tim Thorney)
    • スーナー・オア・レイター - "Sooner or Later" (Vernon, Ross, Shaw)
    • ユー・ギヴ・ミー・ナッシング・バット・ザ・ブルース - "You Give Me Nothing but the Blues" (V. Morrison)
    • ダウン・ザ・ライン - "Down the Line" (Roy Orbison)
    • ロンリー・アヴェニュー - "Lonely Avenue" (D. Pomus)
  5. ソー・クワイエット・イン・ヒア/ザッツ・ホエア・イッツ・アット - "So Quiet in Here/That's Where It's At" (V. Morrison/Sam Cooke, James Alexander) – 5:00
  6. イン・ザ・ガーデン/ユー・センド・ミー/アレゲーニー - "In the Garden/You Send Me/Allegheny" (V. Morrison/Traditional/S. Cooke) – 9:40
    • モリソンのオリジナル曲"Real Real Gone"からの引用も含まれている[1]
  7. ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー - "Have I Told You Lately That I Love You?" – 3:50
  8. シェイキン・オール・オーヴァー/グロリア - "Shakin' All Over/Gloria" (Johnny Kidd/V. Morrison) – 11:30

2008年リマスターCDボーナス・トラック[編集]

  1. クリーニング・ウィンドウズ - "Cleaning Windows" – 3:48

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本初回盤CD (POCP-1424/5)及び2008年再発CD (UICY-93594/5)の帯の表記に準拠。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e CD英文ブックレット内クレジット
  2. ^ a b VAN MORRISON | full Official Chart History | Official Charts Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
  3. ^ charts.org.nz - Van Morrison - A Night In San Francisco
  4. ^ australian-charts.com - Van Morrison - A Night In San Francisco
  5. ^ swedishcharts.com - Van Morrison - A Night In San Francisco
  6. ^ Van Morrison - A Night In San Francisco - dutchcharts.nl
  7. ^ Van Morrison | Longplay-Chartverfolgung - musicline.de
  8. ^ a b Van Morrison - Awards”. AllMusic. 2016年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月29日閲覧。
  9. ^ a b c Ruhlmann, William. “A Night in San Francisco - Van Morrison”. AllMusic. 2017年10月29日閲覧。
  10. ^ Catlin, Roger (1997年6月12日). “Shana Morrison, Daughter Of Van, Starts Down Father's Road”. Hartford Courant. 2017年10月29日閲覧。
  11. ^ Van Morrison - Artist”. GRAMMY.com. Recording Academy. 2017年10月29日閲覧。
  12. ^ Puterbaugh, Parke (1994年7月14日). “A Night in San Francisco”. Rolling Stone. 2017年10月29日閲覧。