ヒア・カムズ・ザ・サン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒア・カムズ・ザ・サン
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
リリース 1969年9月26日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1969年7月7日 - 8月19日
ジャンル フォークロック
ポップ・ロック
時間 3分05秒
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 ジョージ・ハリスン
プロデュース

ジョージ・マーティン

ビートルズ 日本 年表
レット・イット・ビー
b/w
ユー・ノウ・マイ・ネーム
(1970年)
オー!ダーリン
b/w
ヒア・カムズ・ザ・サン
(1970年)
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
b/w
フォー・ユー・ブルー
(1970年)

アビイ・ロード 収録曲
A面
  1. カム・トゥゲザー
  2. サムシング
  3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
  4. オー!ダーリン
  5. オクトパスズ・ガーデン
  6. アイ・ウォント・ユー
B面
  1. ヒア・カムズ・ザ・サン
  2. ビコーズ
  3. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
  4. サン・キング
  5. ミーン・ミスター・マスタード
  6. ポリシーン・パン
  7. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
  8. ゴールデン・スランバーズ
  9. キャリー・ザット・ウェイト
  10. ジ・エンド
  11. ハー・マジェスティー
ミュージックビデオ
「Here Comes The Sun」 - YouTube

ヒア・カムズ・ザ・サン」(Here Comes The Sun)は、ジョージ・ハリスン作のフォーク・ロック・バラード。1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録された。「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」や「サムシング」と並ぶ、ジョージ作の傑作ナンバーである。

解説[編集]

この曲は、アップルでの打ち合わせに疲れていたジョージが、そこを抜け出して親友のエリック・クラプトンの家へ遊びに出掛けた際、その年初めての春らしい日差しを感じていたら自然に歌詞とメロディラインが生まれ、エリックのアコースティック・ギターを使用して庭を歩きまわりながら作ったとされている[1]

ジョージはこのアルバムで当時は珍しかったモーグ・シンセサイザーを演奏披露した。次曲の「ビコーズ」と共にモーグ・シンセサイザーの特徴が生かされた曲といえる。

ボイジャーのゴールデンレコードに収録される予定であったが、EMIが許可を出さなかった[2]

2019年9月27日に『アビイ・ロード』発売50周年を記念したミュージック・ビデオが公開された。映像は、曲名の示すとおりにアビー・ロード・スタジオの第2スタジオを朝日が照らすところからスタートし、アップル・コアが所有していたアーカイブ映像やポールによって提供された写真(元妻のリンダ・マッカートニーが撮影)などが使用されている。音源は、同日に発売された『アビイ・ロード (50周年記念エディション)』に収録の2019年最新ステレオ・ミックスが使用された[3]

レコーディング[編集]

「ヒア・カムズ・ザ・サン」のレコーディングは、1969年7月7日に開始された。この曲のレコーディングにおいて、ジョン・レノンは自動車事故で負傷していたため欠席しており[4][5]ジョージ・ハリスンアコースティック・ギターとガイド・ボーカル)、ポール・マッカートニーベース)、リンゴ・スタードラムス)の編成でリズム・トラックが13テイク録音された[6]。この日のセッションの終盤で、ジョージはアコースティック・ギターのパートの再録音に1時間を要した。

7月8日にジョージのリード・ボーカルと、ジョージとポールのバッキング・ボーカルが録音された[7]。この時点でトラック数がいっぱいになったため、リダクションが行なわれた。

7月16日ハーモニウムハンドクラップ[8]8月6日11日レスリースピーカーを通したエレクトリック・ギター8月15日オーケストラ[注釈 1][7]8月19日モーグ・シンセサイザーがオーバー・ダビングされて完成となった[9][10]

なお、本作の最終ミックスにおいて使用されなかったギターソロが後に発見されている[11][12]

リリース[編集]

「ヒア・カムズ・ザ・サン」は、1969年9月26日にリリースされた11作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『アビイ・ロード』のB面1曲目に収録された。アルバムからシングル・カットされた「サムシング」と共に、ジョージがレノン=マッカートニーと肩を並べる作曲家とさせた作品となっている[13][14][15]。10年後の1979年に発売されたジョージのソロ・アルバム『慈愛の輝き』には、本作の続編である「ヒア・カムズ・ザ・ムーン」が収録されている。

1970年に日本・ポルトガルアンゴラでシングル「オー!ダーリン」のB面曲としてシングル・カットされた[16]

イギリスではシングル・カットされたことはないが、2007年全英シングルチャートのルールが改訂され、ダウンロード販売された楽曲もチャート・インするようになった。2010年にiTunes Storeにおいてビートルズの全楽曲がダウンロードできるようになり、本作を含めたビートルズの数曲がチャートインを果たした。アメリカでも2017年9月9日付のBillboard Hot Rock Songにて最高14位を獲得した[17]

2006年シルク・ドゥ・ソレイユの公演のサウンドトラック盤として制作された『ラヴ』には、「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」のタブラ、「オー!ダーリン」のコーラス、「アイ・ウォント・ユー」のベース、終盤に「ジ・インナー・ライト」がコラージュされた音源が、「ヒア・カムズ・ザ・サン/ジ・インナー・ライトHere Cemes The Sun/The Inner Light (Transition))」というタイトルで収録されている。

2019年に発売された『アビイ・ロード (50周年記念エディション)』の「2CD」及び「スーパー・デラックス・エディション」のDISC2には、本作の第9テイクが収録された[18]

演奏[編集]

クレジットはイアン・マクドナルドによるもの[4]

ビートルズ

その他

主なカバー・バージョン[編集]

その他[編集]

  • 日本の幼児番組『ひらけ!ポンキッキ』(フジテレビ系)のBGMに、この曲の旋律が一部用いられていた。
  • エマーソン・フィッティパルディを称える歌として、セルフ・カヴァー(替歌)を披露していた。
  • 2001年12月に行われた『Act Against Aids2001 桑田佳祐・クワガタムシVSカブトムシ』では、開催直前にジョージ・ハリスンが亡くなったため、桑田が「天国のジョージに黙祷。」と言った後にこの曲をワンフレーズ流して黙祷を捧げた。
  • 年越しフェスティバル『COUNTDOWN JAPAN』のエンディングでは、初日の出にかけて毎年流されている。
  • ペーテルブレイナーがこの曲をバロック風に編曲している。
  • 1980年代~90年代にかけて、テレビ宮崎(UMK)の番宣番組『UMKハイライト』のオープニングで、この曲の一部が用いられていた。
  • おかずのクッキングのエンディングで暫く使われてた時期があった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Harrison, George (2002) [1980]. I, Me, Mine. San Francisco, CA: Chronicle Books. p. 144. ISBN 978-0-8118-5900-4. 
  2. ^ Klosterman, Chuck (2016-05-23). “Which Rock Star Will Historians of the Future Remember?”. The New York Times Magazine. https://www.nytimes.com/2016/05/29/magazine/which-rock-star-will-historians-of-the-future-remember.html 2018年10月14日閲覧。. 
  3. ^ “ビートルズ、『アビイ・ロード』の50周年を祝して“Here Comes The Sun”の新たなビデオが公開”. NME Japan (ニュー・ミュージカル・エクスプレス). (2019年9月27日). https://nme-jp.com/news/79238/ 2019年9月29日閲覧。 
  4. ^ a b MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 356. ISBN 1-84413-828-3. 
  5. ^ Miles, Barry (2001). The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years. London: Omnibus Press. p. 347. ISBN 0-7119-8308-9. 
  6. ^ Lewisohn, Mark (2005) [1988]. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970. London: Bounty Books. p. 178. ISBN 978-0-7537-2545-0. 
  7. ^ a b Everett, Walter (1999). The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. p. 258. ISBN 0-19-512941-5. 
  8. ^ Lewisohn, Mark (2005) [1988]. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970. London: Bounty Books. p. 180. ISBN 978-0-7537-2545-0. 
  9. ^ Lewisohn, Mark (2005) [1988]. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970. London: Bounty Books. p. 190. ISBN 978-0-7537-2545-0. 
  10. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970. New York, NY: Three Rivers Press. p. 317. ISBN 978-0-307-45239-9. 
  11. ^ The Beatles 'Here Comes The Sun': Lost Solo Discovered”. andpop.com (2012年). 2012年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月1日閲覧。
  12. ^ Michaels, Sean (2012年3月28日). “New George Harrison guitar solo uncovered”. The Guardian. オリジナルの2014年2月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140223005157/http://www.theguardian.com/music/2012/mar/28/new-george-harrison-guitar-solo 2019年10月1日閲覧。 
  13. ^ Hertsgaard, Mark (1996). A Day in the Life: The Music and Artistry of the Beatles. London: Pan Books. p. 297,300. ISBN 0-330-33891-9. 
  14. ^ Woffinden, Bob (1981). The Beatles Apart. London: Proteus. p. 26. ISBN 0-906071-89-5. 
  15. ^ Miles, Barry (2001). The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years. London: Omnibus Press. p. 355-56. ISBN 0-7119-8308-9. 
  16. ^ Womack, Kenneth (2014). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. p. 385, 690. ISBN 978-0-3133-9171-2. 
  17. ^ The Beatles Chart History”. Billboard. 2018年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月1日閲覧。
  18. ^ “ザ・ビートルズ、『アビイ・ロード』50周年記念エディション登場”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2019年8月9日). https://www.barks.jp/news/?id=1000170470 2019年10月2日閲覧。 
  19. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970. New York, NY: Three Rivers Press. p. 317. ISBN 978-0-307-45239-9. 
  20. ^ 40 Years Ago: George Harrison Tries to Collect from Lorne Michaels on 'SNL'

外部リンク[編集]