ディア・プルーデンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディア・プルーデンス
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年8月28日 - 8月30日
ジャンル ロック [1]
時間 3分56秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
その他収録アルバム

ラヴ

ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト

ディア・プルーデンス」 (Dear Prudence) は、1968年に発表されたビートルズイギリス盤公式オリジナル・アルバムザ・ビートルズ』(通称、『ホワイト・アルバム』)の収録曲である。

解説[編集]

レノン=マッカートニーの作品。実質的にはジョン・レノン作とされる。『ザ・ビートルズ』の収録曲の多くは、ビートルズが導師マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの講義を受けるためにインド北部のリシケーシュに滞在していた1968年2月からの数ヶ月間に書かれたものであり、本作はその代表的なものである。プルーデンスとはビートルズとともにインドに滞在していたイギリス女優ミア・ファローの妹のプルーデンス・ファロー英語版であり、部屋に篭りっきりで出てこない彼女に「出てきて遊ぼう」と呼びかける内容となっている[2]

A photograph of meditation chambers, which are small domes built of small stones, with plants growing out of the cracks and surrounded by thick jungle.
プルーデンス・ファローが篭ったインドリシケーシュに残るマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの瞑想室(位置

ジュリア」などに通じる、ギターの3フィンガー・ピッキングが印象的だが、これはインド滞在中にドノヴァンに教えてもらったテクニックである。ドノヴァンはポールやジョージにもこのテクニックを伝授したが、習得したのはジョンだけだったという。この曲ではエレクトリックギターであるエピフォン・カジノのリア・ピックアップのみを用いて演奏されている。

リンゴ・スターが『ザ・ビートルズ』のレコーディング途中に一時脱退したため、ドラムスを演奏しているのはポール・マッカートニーである。なお本作は前曲「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」とクロス・フェード編集されているため、前曲との切れ目はない[3]

ビートルズの楽曲のコラージュアルバム『ラヴ』には「カム・トゥゲザー」とコラージュされている。

1987年にレノンによる手書きの歌詞がオークションにて19,500ドルで売られた[4]

演奏[編集]

クレジットはイアン・マクドナルドによるもの。

カバー・バージョン[編集]

  • ケニー・ランキン - 1969年のアルバム『Family』に収録[6]
  • ザ・ファイヴ・ステアステップス - 1970年のシングル「ウー・チャイルド」のカップリング曲としてリリースされた。当初は「ディア・プルーデンス」がA面であった。ビルボード誌最高位66位を記録している。
  • レズリー・ウェスト - 1975年のアルバム『The Leslie West Band』に収録。
  • スージー・アンド・ザ・バンシーズ - 1983年のシングル。全英シングルチャート最高位第3位を記録している。

脚注[編集]

  1. ^ All 213 Beatles Songs, Ranked from Worst to Best”. Vulture (2017年6月7日). 2017年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月30日閲覧。
  2. ^ Sheff, David (2000) [1981]. All We Are Saying: The Last Major Interview with John Lennon and Yoko Ono. New York, NY: St. Martin's Press. ISBN 0-312-25464-4. https://books.google.com/books?id=HL7X-YyrINUC&dq. 
  3. ^ Doyle, Jack (2009年7月27日). “Dear Prudence, 1967-1968”. PopHistoryDig.com. 2018年9月30日閲覧。
  4. ^ Rimer, Sara (1987年6月28日). “The Beatles and Youth at Auction”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1987/06/28/nyregion/the-beatles-and-youth-at-auction.html 2009年11月10日閲覧。 
  5. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970. New York, NY: Three Rivers Press. ISBN 978-0-307-45239-9. 
  6. ^ Kenny Rankin - Family (Vinyl, LP, Album) at Discogs